コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自衛隊と国防軍の大違い

 自衛隊は英語表記するとSelf-Defence Force なので、対外的に既に国防軍と謳ってるのだから、実質は同じではないか。何の意味があるのかと疑問を持つ人がいる。
 これに対して、自衛隊から国防軍への変更は漢字文化圏には大きなインパクトを与えると、あの宮台氏が指摘していたそうだ。
 たしかに、意訳されて紹介される国々と、漢字そのままの中国・韓国・朝鮮とでは、受け止められ方が違うだろう。
 しかし、漢字でも意味が異なる。国防軍だとSelf=自が抜ける。
 自衛隊の前身である警察予備隊と保安隊は、米国が、在日米人を暴動から守るため作らせたものだった。そうではなく、これからは日本が「自らを衛る隊」に変わるのだ、という意味で、防衛隊と言えばいいのを、わざわざ自衛隊としたはずだった。
 それを否定しようという人たちは、抱き合わせで集団的自衛権と言っている。ということは、逆戻りしようとの意図があるとしか解釈できない。
 つまり「国防軍」は厳密には「米国防軍」の意味で、そうするつもりなのだろう。安倍一族は祖先から、そういうことをして地位を保って来た人たちだったのだから当然の発想で、近所の塀にまだ貼られたまま残っているポスターの「日本を取り戻す」は「日本を取り上げる」の誤植だったのだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 白田川 一 at 2013-02-03 07:30 x
 的を得た解説ですな。
それからすると、安倍一族というのも【国賊分子】と見なすより他はないでしょうな。
by ruhiginoue | 2013-01-14 10:48 | 政治 | Comments(1)