コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

麻生発言は、自分のことだからで済むのか

 麻生副総理が終末期医療について、「さっさと死ねるように」とか、医療費を国から出してもらうことは「寝覚めが悪い」などと発言し問題になると、それは自分についてだと言い、誤解されたからと撤回したそうだ。
 自分のことだと言えば済むのだろうか。
 例えば、かつてプーチン大統領は、地球温暖化の問題にさいして「地球の温度が少し上がってくれたほうがいい」と発言したため批判されたことがある。スペインなど南ヨーロッパでは、これまでに熱波で何千人も死者が出ているのに、暴言あるいは失言だ、ということだった。
 もちろん、プーチン大統領としては、あくまでロシアの話をしたのであって、寒すぎるから少し温度が上がって欲しいという意味だった。だが、そうは言っても配慮に欠けていることには変わりがない。
 それと同じことで、麻生氏個人の人生観を述べたのであっても、現実に終末期医療を受けている人たちに対して配慮がなさすぎるのではないか、というように報道されている。
 また、政策に関与する政府要人が、わざわざ発言したのであるから、自分個人のことに止まらないと受け取られても当然で、だから外国有力メディアの報道はストレートな表現で、こう報じている。
 「ロシアの声」は「麻生副首相、日本人は早死にせよと呼びかけ」。
 「AFP通信」は「麻生氏は政府に対し、終末期医療を受ける患者らへの支出を減らすよう提案」。
 なのに、麻生副総理は自分のことを言っただけで、それをマスコミが歪めて報じたと擁護する人たちがいる。とんでもない。麻生氏自身のことであるとしても、そうした医療を今まさに受けている人とその家族に対して配慮が無さすぎるのではないか、と報道されているのだから、むしろ歪めているのは麻生発言擁護をしている人たちのほうだろう。
 もちろん、もともとマスコミにも問題は大有りで、誤報も虚報もある。しかし、冤罪事件などの報道は典型的だが、権力を監査すべきマスメディアが逆に権力の広報に成り下がり弱い者虐めの人権侵害しているのを批判するのではなく、権力を持ち責任ある立場の者が批判されて当然のことをしたさい擁護し、そこからマスコミ批判している人たちがいて、それが今回の麻生発言についても相変わらずなのだ。
 なんと、醜いことか。
 
 
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by Neutralizer at 2013-01-28 22:38 x
 やっぱり、『阿呆』太郎ですねぇ。
 自分が『公僕』であることを完全に忘れてますね。いや、今の政治家の殆どがそうでしょうね。
 マスコミにしても利益だけに目がいって貴方が指摘したことしかやろうとしない体質になってしまってますね。
Commented by ケーキイーター at 2013-01-29 19:40 x
「愛想つかされただろう」というのは長たらしいかな。
Commented by ruhiginoue at 2013-01-29 21:57
 そんな麻生氏の擁護がまかり通っていることが、彼自体よりむしろ問題です。
 駄洒落は、昭和も遠くなりにけりで「あ、そう」では判らない人が増えています。
Commented by 飯塚市民 at 2013-01-30 02:44 x
福岡県飯塚市には麻生副総理の関係する「麻生病院」があります。
病院経営が心配なのかもしれません。
Commented by ruhiginoue at 2013-02-02 01:06
 しかし麻生太郎氏は、経営者として駄目すぎたから政治家に転身した人なので、経営のことは考えないほうがいいはずですね。
 それにしても、セメントから病院まで、多角的ですね。
Commented by 白田川 一 at 2013-02-03 14:09 x
  マスメディアと言うのも、元々が庶民の味方でもなんでもなく、権力と言うものに擦り寄るさもしい性分でしかないというよりほかはありませんな。1940年代の戦時中では軍部になびいて言論報国会の一翼を担うことで戦争肯定のプロパガンダをばら撒いて洗脳を図ったり、そのときの反省が無いまま扇動報道を垂れ流し、風評被害や冤罪事件をエスカレートさせている。そういう下劣な性格しかないのなら、マスメディアなどとっとと淘汰したほうが世のためである。
Commented by ケーキイーター at 2013-03-15 17:56 x
たろさみたいな人を本当に「他界しろの男」というのだろう。
『高い城の男』は今のところ疎遠。未読の本が貯まっているので。
by ruhiginoue | 2013-01-28 21:08 | 政治 | Comments(7)