井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

筑紫哲也の「温泉街」発言は週刊朝日の捏造に基づき非難された

 また311がやって来るが、その前の震災と言えば阪神淡路で、そのさい色々なデマが飛び交い、その一つに、当時TBSの報道番組に出演していた筑紫哲也を中傷するものがある。今でもまだ言うものがいて、それはあくまでネットのことではあるが、基はマスメディアでの捏造であるから、糾しておかなければならないだろう。

 これは週刊朝日に掲載されたものだ。だから例の橋下さんにも意見を聞いてみたい。連載されていたナンシー関のコラムで、筑紫哲也はこのように書かれた。
 [阪神大震災のときのひと言だ。火災で焼け落ちた瓦礫からまだくすぶった煙が立ち上がっているようなところに立ち、いきなり「温泉場のようです」と言い放ったのは忘れられない]

 これだと、ナンシー関は放送を見て忘れられなくなったということになるが、明らかに嘘である。筑紫哲也はヘリコプターに乗り、煙だらけの光景を遠くから見たら空がぼやけていて温泉街のようだと言い、接近して俯瞰すると電車も自動車も通らず異様な感じだと述べ、さらに近寄って見たら炎もまだ完全に消えていない、などとレポートしている。
 その、放送された映像だと、実際に大分の温泉街のようであった。大分では高台から見下ろすと空がぼやけたような光景が見える。行ったことがある人ならわかるだろう。筑紫哲也は大分の出身である。

 もしも、ナンシー関が週刊朝日に書いたとおり、筑紫が災害の実態を間近に見て温泉のようだと言ったなら、それは奇妙な表現だし不謹慎かもしれないが、真相は、遠くから見たらぼやけて温泉街のような印象だが、近づいたらこの通りというレポートだった。
 だから、ナンシー関の書いたことには、まず場所が違うという物理的な間違いがあり、そのうえ「言い放つ」というような内容でもなかった。言い放つとは、相手を心ない言葉で突き飛ばすようにするという意味だから、ただ高みの見物して災害の実態に触れなかったなら該当もするけれど、そうではなく、街が悲惨な状態になっていることを続いて報告しているのだから、まったく違う。

 つまり、週刊朝日に掲載されたナンシー関のコラムは、二重に事実誤認しているのだ。 この大間違いから、番組を見もしないでデタラメを書いたことが明らかだ。
 もともとナンシー関は、芸能人や政治家を小馬鹿にしたコラムで受けをとっていた。その評価は人それぞれだろうが、嘘を書いて中傷することは許されない。
 そんなものを真に受けたうえ受け売り中傷する者は恥を知るべきだ。これは批判か擁護かとは別問題である。

 また、ナンシー関のように事実誤認しなければ筑紫哲也を批判することは不可能だろう。ただ冒頭の喩え方が悪いと言っている人も見受けられるが、なぜどう悪いのかという明確な批判で­はない。不謹慎な印象を持ったという人もいるが、主観的に印象を持つのは自由だけど批判する根拠にならない。批判したければ具体的に指摘するべ­きなのに、その喩え方がそれだけで悪いと理由も添えて述べた人は皆無だ。

 つまり筑紫哲也への批判は、言葉尻に捏造による脚色をしたもの、または主観的印象による根拠の無いものなのだ。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-03-05 16:07 | 社会 | Comments(0)