コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ある冤罪事件その後

 ある冤罪事件の続きである。
 この事件の元被告は、陥れた女性の他に、事件がらみで怒りを向けている者がもう一人いる。それは検察側の証人となった老人である。
 この老人は、自分が裁判で不当判決を受たとし、それから毎日のように裁判所前で「裁判官は賄賂次第で判決を変える」などとハンドスピーカーで怒鳴り続けて、ちょっとした有名人になった男性である。しかし、その話をよく聞くと、ただ自分が敗訴したというだけの不満である。
 この老人と話した人が言っていた。その人も体験から裁判の不公正さを知り、これをきっかけにして老人と話したが、ただの下町の爺さんだったとあきれていた。住んでいる所も年齢も実際に下町の爺さんだが、不平を言うだけで中身の伴ってなさが、まさに古い下町根性だと言う。
 この下町の爺さんは、裁判所前でいつものように不満と怒りの声をあげているとき、例の冤罪事件の被告だった人が、自分の無実と公正な裁判を訴えに来たら、それを妨害したのだ。よく、裁判所前では、裁判の当時者が情宣活動をする。それを保釈中の被告が一生懸命になってやっていると、これを見た老人は、ハンドスピーカーで「あきらめろ」とか「バカ」などと罵声を浴びせた。そのとき老人はニタニタとした嘲笑の表情であった。
 この場面にたまたま出くわしたので、どうしてそんなひどいことをするのかととがめたら、老人は大笑いしたのだ。その後、この老人は、その男性の裁判で検察側証人となり、被害者から詳しい話を聞いたと証言した。この証言は、ただでさえ又聞きの内容だから信用性は乏しいが、そのうえ客観的事実を淡々と話すのではなく、なんとしてでも有罪にしようと腐心して装飾したような話だった。これでは客観性が皆無であり、裁判官も到底信用できないと判断した。
 こんなことをされたら、被告だった人は怒って当然だ。検察側の足を引っ張ってくれたという意味では、皮肉な感謝をするべきなのかもしれないが。
 そんなことがあったので、後に下町の爺さんが裁判所の警備員ともめるなど騒動を繰り返し起こしたあげく逮捕されると、その裁判に、元刑事被告人の男性は面白がって見物という感じで傍聴に来た。これに気づいた被告席の老人は、面白くないので傍聴席に向かって「あいつは暴行魔だ」と怒鳴った。 
 言われた方も怒り「その疑いをかけられたが、そんなことはなかったとして私は無罪となって判決確定した。なのに、人が大勢いるところで暴行魔と言うなんて名誉毀損だ」と言い返した。
 すると老人は「お前は逮捕されて起訴されたんだ」
 自分が今まさに身を置いている場が何か、まったく理解していない。居合わせた人たちはみんな呆れていた。このとき傍聴した人たちも、笑い話として語っている。
 現在、この老人は有罪判決を受けて刑務所に入っている。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by Neutralizer at 2013-04-19 11:27 x
 その老人も貴方が以前取り上げた『土日Pの波平』という哀れな愚か者と同じですね。『自分』が全てという思考の考えの持ち主なのでしょう。だから自分がどういう状況であろうが笑いものにされようが彼にとっては回りが全て愚者としてしか見ていないわけです。
 最近のネトウヨという連中と同じですよ。
Commented by ruhiginoue at 2013-04-20 21:48
 山田風太郎の小説で、犯罪に巻き込まれて裁判で理不尽な目に遭った男が、加害者をそそのかして他にも被害者が出るのを見物して悦に入っている話がありました。
 そうすることでしか気持ちが落ち着かないほど人格が崩壊してしまった人は、現実によくみかけます。
 
by ruhiginoue | 2013-04-16 22:20 | 司法 | Comments(2)