井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

自衛隊監視訴訟について傀儡政府の責任

 仙台高裁(佐藤陽一裁判長)で、自衛隊による市民監視の差し止めを求める訴訟が起こされている。
 陸上自衛隊の情報保全隊が、自衛隊イラク派遣反対の市民集会などを監視したのは憲法違反であるから、住民が国に監視差し止めなどを求めた。
 13日に、控訴審の口頭弁論があり、保全隊の元隊長が初めて証人として出廷し、同隊が一般市民も監視対象にしていたことを明らかにした。
 それによると、監視対象について「自衛隊の任務遂行に支障が出る可能性があるもの」と元隊長は答え、イラクの実情を伝える写真展や労働組合の街宣なども「なり得る」と説明した。
 監視する対象の決め方については「守秘義務」を理由にいったんは証言を拒否したが、裁判長から証言するよう促され、「私も含め部隊内で検討した」などと回答したそうだ。
 
 市民の活動は自由であるべきだし、世論によって政府が方針を転換したうえでのことなら、自衛隊のイラク派遣が取りやめになったとしても、自衛隊の任務遂行に支障を来したことにはならない。
 なのに、それを支障というのは、自衛隊が日本国民も日本政府も無視して勝手にイラクに行こうとしていたら邪魔された、という意味になってしまう。
 どうして、そんな発想になってしまうのか。それは、自衛隊がイラクに行くのは日本の国民も政府も関係なく、あくまでアメリカの要請だということであり、それを自衛隊も認識しているということだ。
 だから、自分も防衛医大訴訟のさい自衛隊に監視された体験があるけれど、それとは違い、イラクがらみでは自衛隊を責める気にはなれないのだ。せめて属国とか傀儡というべき実態の政府が泥をかぶり、どうしても監視するなら(もちろん、やるべきではないが)内閣調査室にでも任せて、自衛隊の情報隊と警察の公安にはやらせないようにして、自衛隊と警察が市民と敵対しないようにして欲しいものだ。
 こう言うのは皮肉ではなく、責任の所在を明らかにするべきだと思うからだ。原因は傀儡となっている政府にあり、政府は汚れ役を他の部署に押し付けるべきではない。そして堂々と訴訟の場で、日本政府はアメリカ様に逆らえないと告白するべきだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-05-16 21:38 | 司法 | Comments(0)