井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

サキ報道官はC J クレッグのような人か

 「米美人高官が橋下氏を厳しく批判」と、サキ報道官について報じられてる。彼女はマーチン シーンが大統領のドラマに出て来る報道官C J クレッグのような人らしい。
 ケリー国務長官の側近らしいが、国の中枢にいる洗練されたスタッフらしく、ドラマに描かれているように、発言の内容と言葉遣いは慎重になっていることがわかる。そのうえで、厳しい橋下批判をした。
 橋下発言の、在日米軍に風俗業の活用を求めたことに絡み、米国防総省が「バカげている」と反応していたが、さらに、米政府当局者が公式の場で正面から批判する異例の事態となった。
 ここでサキ報道官は、16日の記者会見で、「非常識で不快だ」と非難し、これに橋下氏は翌朝のツイッターで「アメリカも日本相手には、中国と同様の態度振る舞いをする」と猛反発。
 しかし、サキ報道官は慰安婦について「性を目的に人身売買された女性たちの身に起きた出来事は嘆かわしく、重大な人権侵害であることは明白だ。犠牲者に心から同情する」と言っており、「人身売買」と指摘することで予防線をはっている。
 それは、従軍慰安婦について強制を否定しようとする人たちが、もしも「連行された」という表現を使用すれば、そこに食いついて来ることをわかっているからだろう。
 そして同報道官が強い表現で橋下氏を断罪した理由について、国務省当局者は「非常に不快な発言についてコメントを求められたからだ」「(橋下発言には、国務省の)建物の中にいるみんなが腹を立てている」と述べた。
 つまり、スタッフたちが周到な下調べと準備のうえで発言したことが、発せられた言葉の行間から伺えるのだ。だから、日本政府も危ないと警戒し、内閣の面々が次々と、橋下とは一緒にしないで欲しいという態度を表明したのだろう。
 やはり、それなりのところにいる人たちは、それなりに優秀ということだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-05-19 22:16 | Comments(0)