井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

マイナンバーと個人情報

 マイナンバー制度について、莫大な費用を計上して見合う効果があるかという疑問と、本格的な管理社会の到来が不安がられている。
 この費用対策として、希望者は好きな番号を買うことが出来るようにしたらどうか。例えば、自分の番号をTHX1138にしたい人には売る。他に希望者がいたら競売にするというように。そんなもの買う者がいるか疑問だが、意外といるかもしれない。
 ところで個人情報とかプライバシーの問題で、選挙が近づくといつも気になることがある。何年か前に年金未納問題が騒がれたさい、その直後の選挙で、長期の未納が発覚したことが打撃となり落選した立候補者がいたのだが、それ自体は自業自得としても、どこから未納が判ったのかと問題になった。役所の誰かがリークしたのではないかと。
 その後、選挙のたびに探り合いが行われていると囁かれ、立候補者の年金未納など大きなことは出てこなかったが、支持者へのくだらない嫌がらせは色々とあって、例えば、あそこのうちには障害児がいるなどとネットに匿名で書かれた人がいたり、それは嫌な感じのものだった。
 そんな中で、自分も嫌がらせをされたことがあるので、調べたことがある。明らかに口から出任せの嘘を匿名掲示板に書かれたのだが、調べたけれどネタが無かったので作り話をしたのかもしれないと考え、役所に行って自分の情報へのアクセス記録を開示請求した。役所は、誰がどんな権限で情報に触れたのか記録しておくものだ。
 この結果、役所から情報を得ようとした外部の人はいたけど、年度末に税金について役所から正規に依託された人だけであったことが判った。
 こうやって調査すればかなり判るし、調査していることで敵意を持つ者が警戒する。だから不可解なことがあったら、放置せず調べて見ることだ。調べるだけでも意義があり、何も出て来なかったとしても無駄ではない。
 あとは、個人情報とは無関係な中傷が問題だ。これについてはインターネットへの送信元から行為者が判る。ただし調べると手間と費用がかかる。ただ、政治的な事情から肩代わりしてくれた者がいたので省けた。
 やってくれたのは反共の人たちだった。このブロクでも述べたが、前に、共産党が縁故政治をしたことを堕落だと批判したら嫌がらせがあった。なので、もしかすると共産党によるものではないかと疑い、共産党を攻撃するネタに出来るのではないかと期待したというわけだ。金と権力を持つ人たちが勝手に肩代わりしてくれたので、有益で確実な情報を居ながらにして提供してもらえた。
 もちろん、その方面の人たちに利用されるのも協力するのも嫌だから、その後の対処はなかなか結論が出せないでいた。そして、犯人たちが判明したけれど、共産党と関係があるのは一人だけで、しかも関係が浅かったから、あまり多くの政治利用できるほどではなかった。
 もちろん違法行為であるし、個人で刑事と民事の事件にはできる。名誉毀損は親告罪なので、被害者の訴えが必要だ。そこへ便乗できる期待はされている。便乗はやめて欲しい。その観点から、政治とは無関係な悪ふざけ連中も一緒にして、選挙が無いときに訴えたいと考えている。
  
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-05-28 21:17 | 社会 | Comments(0)