コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

安倍総理だっていい人のはず

 先日、ブラック企業が儲かる事情の一つについて語ったが、それより大きな原因は、もちろん不景気だ。景気が良い時は、消費者の財布の口が緩むので、そこが狙われるものだ。そのさい悪いことをして儲けようとする者は、粗悪品を売るなど色々と騙しをする。それが不景気だと難しくなる。
 そこで労働者を食い物にする。不景気なら、商品がいちおうで、それにしては安い値段、というものに消費者は飛びつく。そんな商売をするには、法に触れることもお構い無しに従業員をこき使うことだが、不景気なら人を集められる。
 このような図式なのだから、「アベノミクス」で好景気になると大宣伝している一方で、ブラック企業の最たるものといわれる居酒屋の創業者が自民党から参議院議員選挙に立候補するというのは、大いなる矛盾だ。これから好景気にするとか言いながら、不景気につけ込む商売をしている人を担ぎ出すというのだから。

 ところが、安ければ良いというだけではなく、こき使われている従業員を虐める側になるのが嬉しいという人がいて、その感覚が、あくどい経営者やインチキ政治家にとって支柱の一つとなっている。それが先日の話だった。そういう人は、大忙しで働いている従業員に「早く持ってこい」と威張って命令するのがたまらないということだ。
 そういう人も含めて一緒に食事に行った時のことだ。少ない人数で多くの客に対応し、見るからに大変そうな従業員に対し横暴な態度をとるので、可哀想だからよせと言った。すると彼は「こっちは客なんだ」と怒気を含んだ声で言った。客であっても感じが悪いことはすべきじゃないと穏やかに言ったが、すると「店員なんだから我慢して言う通りにするもんだ。お前は喫茶店やファミレスでバイトしたことがあるから、わかるだろ」
 逆にこっちが店員に横柄な態度をとって注意されて、さのさい、お前だって店員として働いたことがあるから、その苦労がわかるだろう、と言われたならともかく、このひっくり返った発想と人を見下す言葉は何か。
 じっさいに自分は飲食店で働いたことがあり、忙しいだけではなく客のわがままに困らされたり不愉快だったことがある。それでも我慢して働いたのは、教科書などの教材や通学定期券を購入するためだった。だから、従業員は客の横暴にも我慢するものだと身を以てわかっていて、それゆえ同情したのだった。また、友達が醜いことをするのは見たくないので、やめて欲しかった。
 しかし、この人は十代のころから、親から学費を出してもらうのはもちろん、買い物も飲み代も親子カードで支払って、そのさいクレジットカードを見せびらかし、「これからは、こういうものを持たないと駄目なんだよ」と得意になって言い、まるで自分がゴールドカードの審査に通ったと錯覚しているかのようにしていた人だから、苦労している人を見下すのも、むしろ当然なのかもしれない。
 そんなところは困った人だけど、それ以外だと、彼はとても善良だ。何処かの国の総理大臣だって、直接会ったことはないが、きっと善良な人だと思う。ただ、善良に育った分、苦労を知らないから、意識しないで心ない言動をしているのだと思う。
 でも、あのとき居合わせた人からは、後でこう言われた。
 「俺は君の親とか先生ではないし、もともと人に説教する柄じゃない。ただ、あんなことがあっても君がまだ彼を友達だと思うなら、俺は君とは付合わない」
 こう言われたが、それとは関係なく、自分の努力や苦労を無意識に見下す人は友達ではないなと自分で判断したのだった。それと同じことで、安倍総理なんて絶対に支持しない。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2013-06-12 15:26 x
安倍さんの奥さん自身は「原発には反対だなあ」らしいですね。ファースト・レディーもつらいのよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-06-12 08:32 | 政治 | Comments(1)