コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

弁護士会の不正の追及は国賠訴訟より困難

 もちろん、最初からわかっていることではある。
 弁護士会と日弁連の不正がいくら明らかになっても、それを今のように腐敗しきった法曹界では、弁護士自治を悪用して自浄しようとせず身内の不祥事や不正を隠蔽する。これは医師会よりはるかに悪辣である。
 これを司法に訴えても、裁判官は退官すればほとんどが弁護士になって弁護士会に入会するから、弁護士会は裁判官にとって最大の天下り先であり、もっと醜い対応をする。
 だから、弁護士会の不正を司法の場で追及することは、国家賠償請求訴訟や行政訴訟より困難である。
 
 東京弁護士会の不正について追及してきたことは、すでに報告した。東弁が当ブログを中傷した件について、東弁の非難は根拠が伴っていないと、東京高裁が判決で明確に示したが、同時に、東弁の間違いについては日弁連に訴える制度となっていると指摘した。
 ところが、それについて、日弁連は、何も根拠を挙げることなく、東弁が正しいとした。これを訴訟にしたところ、東京地裁は、東京高裁判決は根拠にならないと判決した。なぜか。まず東弁は、当ブログが法曹批判をする中で、違法な内容を記述したと、具体的な指摘も根拠もなく文書にした。それを原因にして訴訟としたところ、東弁は、当ブログのどんな内容が違法なのかと問われて、時期は提示したが、その証拠はなく、どのような内容であるのか具体的に指摘することもなかった。
 だから、東京高裁は、証拠が伴っていないと判示したのだった。これを無視したとして日弁連を相手取って訴訟としたところ、なんと東京地裁判決は、東京高裁が証拠が無いと判示したのは、東弁が提示した時期についてのみだから、他には有るかもしれず、無いという証拠が無い、だから東弁は正しく、追認した日弁連も正しい、という屁理屈にも満たない異常なものだった。
 どこにも存在しないのに、それでもあるというなら、時期と内容と証拠を述べよと追及された東弁が、時期を言っただけで内容も証拠も出てこなかったのであり、このことはすでに裁判の中で指摘されているのだが、それを無視したうえ、滑稽なほどの出鱈目を東京地裁は書いたのだった。
 この恥知らずな判決のさい、村上正敏裁判長は、こちらに一度も視線を合わせず、主文を告げると逃げるように退廷して行った。
 しかし、これはまた東弁と日弁連を追及する材料にもなる。日弁連は同じ内容の不正を他にもしているのだから。 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 白田川 一 at 2013-07-12 11:07 x
  裁判所の腐敗は、検察組織の所為でもある。
裁判官でも、【検察官上がり】の分子が居たりするものであり、そういう人間が教条主義を振りかざしたりして不当判決を仕出かしたりする。奴らの法の論理はプロテスタントから来ているようなものであり、そこから厳罰論も出てきている。
Commented by 匿名 at 2016-04-13 17:43 x
弁護士は虚偽事由で提訴する!
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
人権擁護や正義などは眼中に無いようです。
Commented by ruhiginoue at 2016-04-14 17:37
全国の弁護士会および日弁連が同じです。それで霞が関の裁判所と弁護士会の前では連日抗議行動がされてます。
by ruhiginoue | 2013-06-27 20:16 | 司法 | Comments(3)