コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ようするに銀座ファースト法律事務所の田中清弁護士の不正を隠蔽するために不正の上塗り

 東京弁護士会と日本弁護士連合会の不正は、その誤りを東京高裁が何度も認定しているにもかかわらず、それを東京地方裁判所の一部の裁判官が歪曲して隠蔽する。そうなるのは、ようするに銀座ファースト法律事務所の田中清弁護士の不正を隠蔽するため不正の上塗りをしているからである。
 この田中清弁護士は、これまで、捏造証拠や法律の曲解などの不正を追及されると、自分は元高裁判事であり退官後も政府の御用達として国賠訴訟で国側代理人をしているなどと「政治的配慮」を求めてきた。それに応える弁護士会と一部裁判官がいるのだ。
 さらに、銀座ファースト法律事務所の訴訟依頼人だったと称する人が、その苦情を匿名で掲示板「2ちゃんねる」に書いたところ、 これを当方が書いたいう嘘を、事務所のホームページに記述することで、業務上の不祥事をごまかした。この依頼人という人は、同事務所に行ったことがあり、そこで田中弁護士の配偶者が働いており、実質仕切っているとか、その奥さんの趣味は声楽であるなどと、具体的かつ詳細に述べていた。これは当方の知らないことで、事務所には行ったこともない。
 だから、田中清弁護士は、事務所に来たこともない者が、そんなことを書けるわけがないことをわかっているはずだ。それについて銀座ファースト法律事務所に詰問したが、ひたすらダンマリを決め込んだ。違うなら、妻は事務所で働いていないとか、声楽が趣味ではないとか、言うはずだ。
 だから、銀座ファースト法律事務所のホームページは嘘ばかり書いてあると問題にしたところ、後から書き変えるなどの醜態をさらしたのだ。そういう事実があったのだから、後になってから、当方が田中清弁護士を中傷したと嘘をつく東弁と、追認した日弁連、および高裁判決を歪曲してまで東弁と日弁連の言うとおりだという東京地裁の一部判事は、当の田中清弁護士の言ったことと矛盾していて、実に滑稽である。
 このように、ごまかそうとして不正の上塗りをするものだから、さらなる醜態をさらすことになる。銀座ファースト法律事務所は、依頼人から苦情があると嘘と濡れ衣の中傷によって誤魔化し、それを元高裁判事とか政府御用達ということによって、隠蔽してもらえるのである。
 また、田中清弁護士は、この件について、事実でないなら、当方を訴えるべきではないかと問われたことがあり、しかし、取り合うほどの価値がないので訴えないと答えたらしい。当人がそう言っていた。それなら、どうしてホームページに嘘を書いてごまかそうとしたのか。問題になったら慌てて書き換えたのか。変ではないか。奥さんのことも、ちゃんと説明するべきではないか。
 そんな弁護士に依頼してしまったら、誰だって危ないと考えるだろう。いくら不正をしても庇ってもらえるのだから、不正のやりたい放題である。もちろん、それでも依頼したい人は「自己責任」だからご自由に、ということだ。
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-06-28 20:20 | 司法 | Comments(0)