井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

東京弁護士会が認めた事実

音楽家・作家 八木啓代さんが、東京弁護士会を追及したことについて、ブログにまとめているのが話題である。4回の公開質問状を受けて、会長、副会長だけで勝手に審査補助員を決めたことを認めた。

詳細

 以下、引用 詳しくはこちらを。http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-692.html#cm


 「東京弁護士会が認めちゃいました」
 
 「さて、東京弁護士会と何度かのやり取りの末、とうとう、東京弁護士会から、最終回答といえるものを頂きました。その前の回答が、「以前の回答からご賢察ください」という人を馬鹿にしたものでしたので、かなり具体的に「賢察」した確認状をお送りしたところ、やっと、具体的なことを認めた回答書が来たものです。」
 
 「要するに、東京弁護士会が、田代政弘元検事、佐久間達哉元特捜部長、木村匡良元主任検事への虚偽有印公文書作成及び行使、田代政弘元検事の偽証についての検察審査会申立についての補助弁護人を推薦するにあたって、澤新弁護士を、常議員会や推薦委員会にかけることも招集することもなく、会長と副会長だけで、決定したことを明らかにした。」

 「どういう意図かわかりませんが、これだけ世間を騒がしていた、前代未聞の検察の不祥事に対する検察審査会という重要な場で、こういった選択をあえてなさった東京弁護士会は、公正さも矜恃も社会正義もへったくれもないということで、まさに、開いた口がふさがらないとはこのことです。名簿外から選んだということはさすがにないようでしたが、ただし、澤弁護士が「いつ名簿に加わったのか」ということについての回答は頂けなかったことは、付け加えておきます。」


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented at 2013-07-14 13:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-07-11 06:51 | 司法 | Comments(1)