井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「反対ばかりの共産党」の本当の意味

 「みんなの党」の代表が、共産党が得票を伸ばしたことで、「反対ばかりの共産党」という悪口を言い出した。これは表現が手垢まみれで古くさい陳腐なものだが、事実にも反している。
 まず、共産党の議員たちがいる国会でも地方議会でも、全会一致で可決されることが大変多い。これだけでも「反対ばかりの共産党」が嘘である。また、地方自治体では共産党が与党になっている所がいくつかあり、そこでは、自民党と公明党が中心になって、保守系が共産党を非難するのとおなじ意味で反対ばかりしている。
 それに、「みんな」の代表が言う「共産党は対案を出さない」も、事実に反しているが、それどころか、対案を出すことが反対ばかりと言われる原因なのだ。
 つまり、他の政党は、意見が対立したばあい、議場では反対しても裏取引して反対を引っ込めてばかりで、そのさい買収もよく行われるから、それを時には最初から求め、ごね得狙いで意味もなく反対するけど、これに対して共産党は独自の主張と政策にこだわるから、対案を出して反対するわけで、だから与党としては、他の野党とちがって共産党は買収と懐柔に応じないから「反対ばかり」と文句を言うのだ。
 この買収と懐柔については、外部から告発と非難をされてきたが、自民党内からも、事実が存在することを伺わせる発言が飛び出したものだ。例えば、ハマコーこと浜田幸一議員が、国会で質問中の野党議員にむけて「社交麻雀してるくせに」と野次ったことは有名であるし、決定的だったのが、塩爺こと塩川正十郎もと官房長官が、テレビのインタビューで、野党対策に機密費を使ったと明言したことだ。
 これについて自民党は、いい物をやると呼べば、共産党だけは来なかったが、他の野党は喜んでもらいに来たと言って、開き直りともとれる態度だった。
 また、個人で問題にする国会議員もいた。例えば辻本清美議員は、国会質問で追及したが、与野党ともに後ろめたいのか黙殺し、質問に茶々を入れまでした。彼女は怒り、当時やっていた筑紫哲也氏のテレビに出演して「私は自分がもらえないから僻んでいるのではなく、不正だから駄目だと言っているんです」と訴えていた。
 つまり、話し合いや議論をして決めるのではなく、なんでもナアナアで決め、対立したら同調を求め、そのさい不正をし、それを拒んだら村八分、ということである。これは、どの政党や議員を支持するか、政治的に右か左か、などとというような水準の話ではなく、単に田舎政治が相変わらず、ということだ。
 だから「みんなの党」は「いなかの党」に名を変えたほうがいいだろう。
 
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 白田川 一 at 2013-07-11 20:41 x
  小沢チームは、自民がばらまく禁断のエサに食いついたりしないだろう。小沢一郎氏でも、日共みたいに我が道を行くところがあったりするし・・・。ただ、小沢氏のそういうところが災いして、要らぬ疑惑をかけられる運命となっているようなものでしょうが・・・。
Commented by masagata2004 at 2013-07-14 13:35
一緒に働いたことのあるアメリカ人が共産党が一番日本の政党で好きな政党だと言ったのを覚えています。
Commented by ruhiginoue at 2013-07-15 22:20
 スタートレックのライカー副長と映画版の監督をしているジョナサン フレイクスは、しんぶん赤旗のインタビューに登場して、ブッシュ大統領はやめさせるべきだと明言してました。
 デーブ スペクターのような工作員をアメリカ人だと思ってはいけません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-07-11 19:57 | 政治 | Comments(3)