コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

小沢一郎に騙される人たち、小沢一郎で騙す人たち

 たとえば、ナチスを離党し批判した人が迫害されたとする。それは考えが変わり党の方針に反対したのではなく、党内の主導権争いに敗れただけだった。なのに、自分がナチにいた頃やってきた事を批判したら、どうだろうか。何をいまさら言い出すのかと笑われるだろうし、前から命がけでナチに反対してきた人にとっては「ふざけるな」だ。
 すると、そいつの支持者たちが、前から命がけでナチに反対してきた人たちに向かって「おまえたちはナチに味方している」と非難して、「あいつらは駄目だ。我々を支持しろ」と言ったらどうか。そして、それに釣られる人がいたら、とても危険だ。

 これとまったく同じなのが、自民党を辞めた小沢一郎についてのことだ。このことは、小沢一郎が自民を離党して新党を作り、政治改革をすると宣言したとき、指摘されたものだ。この件で朝日新聞が立花隆にコメントを求めると、立花は、その中枢に居た小沢が、単に勢力争いに敗れたから抜け出しだけだけなのに、自分が自民党で中心になってやってきたことを批判してみせるなんて「ちゃんちゃらおかしい」と言った。この辛らつな言葉は、当時かなり話題になったものだ。
  ところが、小沢一郎それに鈴木宗男もだが、自分が自民党内で失敗して野に下るしかなくなり、それで都合が悪くなったら途端に、今まで自分が権力の側からしてきたことを批判している。
 小沢一郎は自民党の幹事長だった当時、ちょっとでも自分が気に入らないと「アカ」と罵倒してきたのだから、後に彼が陥れられたのは単にファシスト同士の対立で劣勢になっただけだ。それを、一般市民が権力に迫害されているのと同一視しては危険である。
 鈴木宗男は自民党の議員だった当時、国会で、共産党の議員が法案に冤罪の危惧ありと追及しているとき、ニタニタしながら大声で野次って妨害していた。ところが、自分が「国策捜査」の憂き目に遭ったら、冤罪をなくせと選挙広報で謳っている。いわゆるルサンチマンに過ぎない。
 この、見え透いたご都合主義に、前から反対しつづけてきた人たちが不快感を示したら、それに対し「権力の弾圧に手を貸した」と非難するのが小沢や鈴木の支持者だ。まったく本末転倒だが、確信犯なのかもしれない。
 
 また、小沢は自民とも民主とも喧嘩になり推進してきたはずの日米強調と原発を批判してるが、自民党が小沢新党ともいうべき新進党に対抗して作った自社さきがけ連立政権が発足したさい、国会質問で、自民党と社会党の政策は違うが、どうするのかと問われた社会党員の村山総理が「自民党に合わせて自衛隊も日米安保も原発も、これまでどおり合憲、維持、推進」などと答弁したら、敵側のはずの小沢一郎は「よし、よし」と大きくうなづいていた。これはテレビで見た人が多い。
 この小沢一郎に久米宏が聞いたところによると、小沢が通った高校は進歩的な校風で当時は安保反対で盛り上がり、父親が自民党議員で安保推進を担当してたから肩身が狭く、そのトラウマにより反米的な人に反感を抱き続けているとのこと。そんな昔からの心情が今さら変わるはずがなく、米批判は本心か疑問だ。

 つまり、小沢一郎と自民党の対立は、闘争ではなく痴話喧嘩だ。霞ヶ関の右翼官僚がゴーストライターだった「日本改造計画」という著書が小沢にあり、外国に出て戦争をするのが「普通の国」と言い、改憲を主張し、原発を推進し、アメリカの言いなり政策を推進し、反対する者は「アカ」と罵り時代錯誤な敵視と弾圧をしてきた。それが小沢一郎である。
 そして、政治改革の美名のもと、政権交代と調子のいいことを言い、そのためには二大政党、死票が多くてもいいから小選挙区制、と欺いて、自民または自民亜流の政権の二者択一に狭め、他は排除して異論は封殺してしまった。これが今の右傾化の原因である。
 これを批判して、作家の志茂田影樹は「二大政党制は、体制側にとって保険だ。ひも付き政権党が駄目になったときに備えておくものだ」と指摘し、普段あまり政治の話を積極的にしない人なのに、共産党の機関誌「赤旗」に出てまで発言していた。

 なのに、反戦だの反米だの反原発だので小沢一郎なんかを持ち上げる人たちは、きっと経緯を知らない平成生まれかと思ったら、けっこう歳とった人までいる。反自民の分断を意図する確信犯もいるだろうが、ほんとうに無知とかお人よしもいるので、呆れさせられる。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by Neutralizer at 2013-07-20 14:00 x
 以前、小沢の事をイソップ寓話における蝙蝠であると私自身のブログで指摘したことがありましたが思ったとおりでした。
 こういう政治屋がいるから国会のことがまるきり分からなくなり、政治に対する諦め感情が国民に蔓延するのですね。(それ以前の問題でしょうけど・・・)
Commented by 石畳 at 2013-07-21 01:05 x
「悪党も良く見えるものだ、それ以上の奴が出てくると。最悪でないことが、せめてもの取り得だ」
(シェークスピア『リア王』第二幕第四場)

小沢とその「信者」たちに、これほどぴったり当てはまる言葉もあるまい。
Commented by 白田川 一 at 2013-07-21 13:35 x
  単に、小沢氏は左翼が大嫌いなだけなのでは?
あと、霞ヶ関官界と言うと左翼染みている感がするけど、例外的に右翼分子が紛れ込んでいる場合もあるようで・・・。


  左翼はノリを重視していることもあってか、お調子者が多く精神性も誠意も無い。
Commented by とり at 2013-07-21 22:37 x
実際、過去2回の自民党下野に於いて小沢氏はその原動力でした。
今回のエントリーが、反自民党勢力がついぞ自前でそのような力量を持つ人物を育てられなかったことから目を逸らす材料にならないことを望みます。
Commented by ruhiginoue at 2013-07-23 09:48
 自民党の政治以外は非現実的で無責任と、根回しされたマスメディアから洗脳に近い宣伝が昔からくりかえされ、中には露骨に「だから政権交代はありえないし、あってはならない」(80年代の文芸春秋)と刷り込みがされたうえで、しかし自民の亜流なら政権交代してもよい、さらに、自民でも躊躇った危険な策動を「政治改革」と欺いて実現に導く、これが二度の政権交代でした。
 ただし原発事故があり、民主党政権が脱原発と言い出したのは計算外だったはずです。
 これまでの小沢一郎の執念は相当のものだったけど、彼は単に自民の中でも右だったため、体制から見逃されてきたのであって、他の野党より力量で優れていたから政権交代を実現できたというのは買いかぶりだと思います。
Commented by 次郎くん at 2013-07-24 19:52 x
有権者の8割は「個性がなくて楽しくない」から
共産党がどんなに正しいことを語っても投票しないです。
小澤チチロー先生に入れるのは「外見がアブナイ人に見える
から、海千山千の官僚相手に何かやってくれるだろう」
ムネオちゃんについては「歌が上手いオモロイおっちゃんだから
連帯すると楽しいんだよ」な安易な気持ちで投票してるのでは
ないですか。

それと管理人様、資料提供者の「豊後各駅停車」さんによりますと
「吉良よし子の街頭演説を聴きにいった、みなさん共産党の
素晴らしさが理解できないのですか」という内容の
上から目線の演説になってしまったので
戦略投票として、東京選挙区が山本太郎・比例は社民の鴨と
個人名を書いたそうです。
Commented by ruhiginoue at 2013-07-25 11:00
 なんとなくの印象の人はそうだけと、小沢と鈴木の両人と面識がありよく知る人に聞くと、小沢は細かい配慮ができるのが長所で、鈴木は男っぽく堂々としているのが長所だと言います。
 共産党の若い人に上から目線の人はまずいません。あれは、若くて政治に関心がある人がだいたい生意気だからで、それが共産党の場合は党員たちで群れていることと結びついているからです。
 そのうえ風貌やキャラに愛嬌があって異性の眼を惹くから、ますます生意気といわれるのです。小泉新次郎と同じです。
 それでも選挙で勝つのは重要です。
 支持してなくても勝てそうな者に入れる「戦略投票」で、社民党に入れるというのは、理解できません。
Commented by 白田川 一 at 2013-07-28 10:15 x
  オーナー氏は「共産の若年党員に『上から目線な人間』は居ない」と言うが、『上から目線』な党員が居るとなれば精々団塊左翼な輩ぐらいと言える。団塊世代の人間ほど胡坐をかく奴は居るものであり、そのようにした過失は戦前世代にあり、共々に万死に値する。団塊左翼は、自分らで群れてノリで盛り上がって調子こいだりするものであり、【薩長かぶれ】で胸糞悪いだけ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-07-19 17:01 | 政治 | Comments(8)