コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

小沢一郎シンパの共産党中傷は無知に基づくもの

 前に、小沢一郎に騙されてはいけないという趣旨で書いたが、これにもうひとつ指摘を加える。
 小沢一郎が「国策捜査」に陥れられたという問題で、そのさい共産党が小沢を批判してばかりで擁護しないと言って攻撃する人たちがいる。ほとんどは小沢シンパの人たちだ。
 しかし小沢一郎という政治家は、政権与党である自民党の中枢にいて、その悪政に反対するものを攻撃することで「豪腕」を発揮してきたが、それは与党内の政敵に対してだけではなく、在野の存在である市民やマスコミに対する「アカ攻撃」など卑劣な弾圧もしていた。
 ところが、政権与党内での勢力争いに敗れて野に下ったら、今まで自分がしてきたことを他人事として批判し始めたので、その図々しさに呆れられたうえ、「国策捜査」の標的にもなった。
 そんな小沢一郎を、野党が擁護するなんてバカげている。共産党の態度は当然だ。共産党と立場が異なっても、自民党に反対の立場が昔から一貫していた人なら、同様だろう。
 しかし、小沢シンパは時勢に乗るだけの人が多い。だから今たまたま小沢が取っている態度を信奉し、小沢を擁護しないのは悪だと決め付ける。そして共産党に対しては、検察の味方をしたのだから共産党が弾圧されても擁護されないでいいのかと言い出す。
 そう言うからには、そうした小沢シンパたちは、今後共産党が弾圧を受けたら、どんなに共産党に反感を持っていても擁護しなければならないが、多分しないだろう。その場限りのご都合主義で言っているのだから。今後、そういうことがある可能性が高いので、そのさい共産攻撃していた小沢シンパたちが、ちゃんと共産擁護するか、しっかり監視しよう。
 それに、共産党が検察の味方をした事実は存在しない。ありえないからだ。そもそも野党が検察の味方をすることは不可能だ。そんなことをする余地は、今の日本の法制度に無い。
 あくまで共産党は、野党として自民党政治の構造を問題にしていた一貫として、小沢の政治資金について批判したのであって、それにちょうどよく検察が動き出したことを、好都合だから利用したにすぎない。
 つまり、共産党は小沢一郎の政治手法を、政治的社会的な倫理や道徳の観点から批判しており、裁判とは無関係である。批判された件が合法か違法かという問題は、司法の場だけで判断されるべきことで、その司法が公正であるかどうかの問題はあるが、政治倫理などとは次元の異なる問題である。
 このような区別をできない人たちが、その場限りのご都合主義で小沢を擁護し共産を中傷している。つまり、小沢シンパたちは、小沢政治の経緯を知らないうえ、日本の法制度も知らない、二重の無知なのである。こんな連中にしか支持されていないのだから、破綻をきたして当然だ。小沢一郎はそれなりにがんばってはきたのだから、支持者に恵まれなかったという点で気の毒である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2013-08-09 12:32 x
へえーッ、主宰者さんは絶滅危惧種の
共産党のすることは全て正しいの宗教信者だったんだ。
あのね、小沢支持者はね、小沢さんがイロイロ間違いを
犯す存在だけれども、楽しいから支持するという
「人間いい加減史観」でググれば出てくる人間存在で
政治的には、非自民非共産で戦略投票としてそうしてるの。

日本共産党に関しては、あの党の幹部連中が
時々つまらないミスを犯すくせにすっかり忘れて
「俺たちだけが絶対的真理だ」と自己洗脳できた身内でしか
通用しない屁理屈に辟易してて、懲らしめと再建を希望して
「古い自民党の一派またはいまはなき都市型政党民社党の
代用として」小沢派に投票することもあるの。
共産党はいい加減な存在であり、行動を共にすることは
小沢さんと違ってつまらないから、小沢さんより以下の存在なの。
現在の共産党の構造がネトウヨと同じことに辟易してる連中なの。

共産党が過去の凡ミスを反省して過ちを認めて
再建して欲しいためにできた「キンピー」なるサイトを
主宰者さんもご存知でしょ。小沢さんを銀河英雄伝説の
ローエングラム帝だと思い込んで信奉する信者なんて
日本人にはいないの。主宰者さんの脳内以外にはね。

Commented by ruhiginoue at 2013-08-09 13:05
 文句を言うにしても、読んでからにしてね。趣旨でぶつかるところがぜんぜん無いよ。

 「キンピー」では、時々、このブログから引用がされてます。共産党に手厳しいことを書いているから、と。
 そして、2ちゃんねる共産党版などにいる狂信的な共産党員から非難されました。この人は共産党に対して物申すと「学会だーっ学会だーっ」と一方的に叫ぶので「ガッカイダーくん」と呼ばれ、からかわれていました。
 ところが小沢一郎を批判したら共産党無謬論者と決め付けられるのだから、小沢シンパにも共産党のガッカイダー君と同じタイプの人がいるということでしょう。
Commented by 白田川 一 at 2013-08-10 16:07 x
  小沢一郎氏というのも官界嫌いの人間なので、官尊民卑思想を抱く日共や左翼連中とは「水と油」の如き関係でしかないのでは?どうも、日共と言うと、民間企業に冷たいくせして霞ヶ関官界に対しては甘々・・・というイメージが・・・。
Commented by ruhiginoue at 2013-08-10 18:03
 小沢一郎とか日本共産党そのものは、あまり関係がないのです。どうしてもさういうことに目が向きやすいけど。
 小沢当は考えてないはずの共産党非難を、なぜか小沢シンパの人たちがしていて、しかも、そのシンパの人たちは、どっちかというと小沢より共産に近い主義の人たちで、その発想の滑稽さを問題にしているのです。
Commented by 次郎くん at 2013-08-10 19:03 x
ruhiginoue様

誤解なきように申し上げておきますが、
自民党時代の小沢さんについては「小沢チャウシェスク」と
呼んでました。当時は投票の対象外でした。

竹下大先生から「一番弟子」のお墨付きを貰えなかったので
自民党を飛び出したワケですが、新進党や民主党は
自民党より右寄り(親米派)だけど、
絶対与党は絶対腐敗するとの戦略投票から、
「中道で独自外交のデキる自民党」を落とす目的で
小選挙区と地方の首長選のみ入れました。
ここらへんの発想は、「自虐死相」のオルタナティブ掲示板や
にじ魂に近いです。もちろん比例区や地方議員選挙は
共産党または専門家がいる弱小専門店政党です。

ただ、野党が検察の味方をすることはありえないは大間違い
ですよ。共産党も革新自由連合も、集団ストーカーの被害者に
対して「一般人に権力がそういうことはありえない」と
思い込んで多くの相談者が精神病院送りになった
血と涙の歴史を主宰者様はご存知ないようです。
三一新書「権力と戦うための法律知識」40~42Pを
お読みになられて想像力を働かせてみてはいかがでしょうか。
Commented by ruhiginoue at 2013-08-10 19:50
「小沢チャウシェスク」佐高信が書いてましたね。
三一新書のそれらは読んでます。私は三一から本を出したこともあります。それで、赤旗の記者から「あそこは新左翼系」と嫌がられました。
でも、何かおっしゃりたいのか、サッパリわかりません。
文と文とにつながりの無い文書だから意味不明です。
Commented by Neutralizer at 2013-08-10 21:42 x
次郎くんとやら
 お宅は共産党がそんなに嫌いなのですか?
 それはそれで個人の自由ですがお宅の言っている事はなんかアレルギー反応みたいですな。それでは明治から戦前にかけての権力者達と同じですよ。
 お宅は我が国の共産党を中国や旧ソ連の共産党と一体化して考えてませんか?私とて共産党の全てを知っているわけではありませんがお宅がそこまで言えるというのならその『全て』または『実態』というものをよ~くご存知なのでしょうな?
 
Commented by 次郎くん at 2013-08-11 10:51 x
Neutralizerさん

「日本共産党」が、進路はユーロコミュニズムを日本にあった中身で
実現しようとしてる「愛国者の党」であることくらいは知ってます。

ただアソコのセコイ態度に我慢がならないのです。場合によったら
アメリカの連続一時間社会派テレビドラマよりも人権意識が
劣るんですから「唯一の革新政党」の看板に偽りあり、です。
宮本さんや不破さん志位さんは地方の県会議員の器です。

児童虐待の問題・悪徳精神病院の問題・指紋押捺制度などで
「DR刑事クインシー」「署長マクミラン」「女弁護士ロージーオニール」と
いった作品熱心に見てた少年時代です、
場合によったら日本のマスコミに付和雷同する情けなさですから
1980年代のアメリカ軍が児童虐待防止キャンペーンを出来るのに
出来ない日本共産党にはあきれました。
もちろん当時からアメリカさんが立ち回りが上手いことも気付いてました。

他にも日本共産党が、悪党にすらなれないダメ政党であることは
本では、どんな本を読んで理解したかは字数制限ゆえ
後日まわしになります。
理解できない個人名詞は検索してみて下さい。
Commented by 次郎くん at 2013-08-11 21:06 x
「日本」共産党が、セコイ集団だなぁと結論した読書歴です。

戸籍問題 佐藤文明「フォービギナーズ戸籍」「戸籍がつくる差別」
冤罪事件対策 増尾由太郎著 三一新書刊
「誰も書かなかったケンカのしかた」「知的闘争術入門」
護身術について 南郷継正の三一新書の空手ものと
堀部正史 の出版社は違った、骨法(こっぽう)もの
悪徳精神病院対策と児童虐待問題
モートンシャッツマン「魂の殺害者」岸田秀訳
アリスミラー「魂の殺人」新曜社刊
豊後各駅停車さんに知り合う前に、「全国精神病者
グループごかい」の定期ニュースのファンでした。
マスコミ問題 ロビンギル著「反日本人論」「こらッ!む」
教育問題 杉本良夫「日本人を辞める方法」
 「進化しない日本人へ」
磯村懋著「奇跡の対話教育」特に最後が良いです。
東岡剛(ひがしおかつよし)=久慈力(くじつとむ)
「アメリカ神話の解体」 これは著者の意図とは逆で
アメリカさんが女尊男卑の社会でないことを証明して下さった
おかげで却って親米派になった皮肉な結果となりました。

電波とマスコミの
Commented by ruhiginoue at 2013-08-11 21:22
 いくら共産党に文句を言っても、小沢一郎の支持者たちが共産党に対してつけているケチに何の根拠もないことには変わりません。
Commented by 白田川 一 at 2013-08-12 18:35 x
 ブログオーナー氏に質問。
色々と悪く言われたりする(日本の)共産党ですが、ヤフー知恵袋にて「第二次大戦終戦から間もない時期において、共産党は朝鮮総連の前身にあたる組織を煽って動かし、下請けと言う形で破壊活動をさせていた」という旨の記述がありますが、これは真実なのでしょうか?
Commented by ruhiginoue at 2013-08-12 21:54
 それは違います。 
 そのあたりの事情は、「日朝冷戦構造の誕生」平凡社刊・朴正鎮著・定価8400円に、詳しく書いてあります。広辞苑くらいの大きさと厚さで、小さい文字でびっしりと詳しく資料とともに記述しています。買ってから読み終えるまで何日もかかりました。
by ruhiginoue | 2013-08-07 09:24 | 政治 | Comments(12)