コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

困った人の恩着せ

 仕事の関係で、ある困った人の話題になった。
 その困った人は、仕事で縁のある人たちと共通の知人なのだが、この人は、人に取り入ったり恩着せたりして、横柄な口をきく。
 その手口がとても悪い。
 まず、自分の知り合いに、してもいない口利きを、してやったと嘘を言う。まさか嘘だとは知らずに、話がまとまったら、口利きのおかげだと思ってしまう。そこへ恩着せがましいことを言い、時には金銭を請求する。
 その具体例として、こんな話がある。先日、その問題の人から仕事の紹介をしてもらったと言う女性がいて、彼女はすっかりそうなのかと思っていたところ、その仕事の先の人と話していたら、紹介なんてされなく、彼女が自分で仕事を売り込んできたから、そこで交渉し、まとまったので、仕事の契約をしたのだ、と言われた。
 しかし、当人は、例の人に紹介されたから交渉がすんなりできた、と思っていたそうだ。
 この話について、その仕事の契約相手の会社の人が、「またか」と言った。「あいつは、紹介してもいないのに、話をつけておいてやったから、交渉すれば必ずまとまる、と嘘を言う。まとまったら、自分のおかげだと、さらに嘘を言う。しばらくすると、食い違いがあるので、みんな、変だと気づく」とのこと。
 では、どうして最初は騙されるのか。それは、最初は意識して嘘を言うのだけど、それが自己暗示のようになって自分の嘘を自分で信じるから、話している態度に、うそ臭さがない。それで、最初は騙されてしまう。しかし、深く考えない嘘だから、あとで食い違いから嘘がバレる。
 これに、多くの人が迷惑を受けている。どうしたらよいのか、決定的な解決方法が見つからず、その時々の対処をするしかない。いちいち、彼の言うことは嘘だと、証拠とともに、色々な人に説明しなければならないから、手間がかかるし、疲れる。
 そして、この困った男は、知っている人たちから、当然ながら、ことごとく嫌われている。しかし、フェイスブックの「友達」は多いのだ。
 
 
 人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2013-08-12 21:44 | 雑感 | Comments(0)