コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

宮崎アニメと喫煙の問題

 映画『風立ちぬ』は、堀辰雄の小説にオマージュを捧げた題名らしいが、宮崎駿監督の映画としては異例だ。
 これまでは『カリオストロの』、『風の谷の』、『天空の』、『となりの』、『魔女の』、『紅の』、『ものの』、『千と千尋の』、『ハウルの』、『崖の上の』、というように『~の』という題名ばかりだったが、今回は違う。
 この映画に喫煙の場面が多いという苦情が出ているが、映画では煙の臭いや吸殻の被害が無いので、映画の描写の意図が何かという以前に、あまり関心が持てない。それより、隣人の、マナーを守らない喫煙によって現実の被害を受けていて、そっちの方に怒るので忙しい。そのたびに、携帯電話などで証拠写真を撮っているのだが、すると、気配に気づいて逃げる。つまり、悪いとわかっていて、やっているのだ。
 こういう人が少なからずいることこそが、問題なのだ。
 ところで、宮崎作品と喫煙といえば、高校生の時、文化祭の役員をしていて、プログラムの表紙にイラストを入れようということになり、「アニ研」の人に頼んだら、文化祭に行こうとルパン三世を誘うクラリス姫を描いてくれた。 ところが、上手く描けているのに、教師から苦情が出た。ルパンが煙草をくわえているのが駄目だという。
 これがクラリスの方だったら問題だろう。映画を観た人なら憶えているだろうが、「ロリコン伯爵」というセリフがあるから、絶対に未成年だ。しかし、吸っているルパンの「おじさま」は絶対に成人だ。
 ただ、文化祭は不特定多数の人が出入りし、学校なのに喫煙する者がいては問題になる。大人なのに無神経な人および未成年の不良である。それで、どうしても神経質にならざるを得ない。
 結局、学校内全面禁煙の通達を来校者たちに徹底することで、イラストはそのままで通った。すでに大量に印刷してしまったという事情もある。
 というわけで、それ自体では目くじらたてることもないけど、背景に色々な事情があって、過敏になってしまうことも、現実である。難しいことだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2013-08-18 21:20 x
『風立ちぬ』にクレーム付けた連中は単なる「歴史の歪曲」をやっているだけ。この映画の本質には、まず気付かないだろう。
『カリオストロの城』の方は煙草が小道具として上手く使われている。脱帽。
Commented by 白田川 一 at 2013-08-19 14:48 x
  喫煙について変な難癖をつけたりする人間と言うのも、おおよそ矯風会の連中だったりするようなもの。「国家社会の総会屋」でしかない矯風会ごときに、社会正義の私物化を許してはならない。奴らは、節度を守っている心ある愛煙家の存在を無視して、不当に【禁煙の押し付け】をやっているようなものでしかない。
Commented by ケーキイーター at 2013-08-21 23:33 x
シベリアを食べてみたい…。
by ruhiginoue | 2013-08-18 17:39 | 映画 | Comments(3)