コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

図書室の本

 漫画『はだしのゲン』が、原爆の惨禍にかかる描写が児童生徒に与える影響が大きいとして、学校や図書館での閲覧が制限されていると、問題になった。そうだとしても適切な措置ではないという意見があり、また、それは口実で、政治的な意図からの措置ではないか、という指摘もあった。
 この騒動のため、アマゾンではコミックの売り上げランキングで急上昇しベストテン入りしたという皮肉な影響もあった。
 小学生のとき、同じようなことがあった。
 『カムイ伝』の、磔や斬首などの処刑場面が、教室で話題になった。これに「残酷な場面があるから、子供が読んでは駄目」と言う教師がいた。これに同調する教師がいる中で、一人の教師が異を唱えた。そして、児童にこう言った。
 「江戸時代までは本当に行われていたんだよ。反省したから、今は法律で禁止なんだよ」
 あとは、何が言いたいか、解っていただけると思う。
 かつて、学校の図書館に置いていいのかと、思った本はある。高校の図書室で読んだ『太陽の季節』という小説だ。でも、今の感覚だと、たいしたことは無いのだろう。発表当時はセンセーショナルだったらしいが。
 ただ、読んだおかげで、納得したことがある。どうしてこの作者は「石原チン太郎」と言われるのか、が。
 この人は、男は歳をとっても生殖能力があるけれど女は役立たずだからババアは生きていても無駄、の発言で問題になったが、そういう自分は現役なのだろうか。注射器で精液を採取することはできるが、そういう意味なのか。そうではないなら、生きている以上、証明に障子紙破りの実演をしてみたら、と思う。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2013-08-22 10:29 x
「残酷なシーンが駄目」というのなら。着衣とは言え、TVドラマで白昼に堂々と強姦シーンをやっているというのは、どういうこっちゃ。夜間の推理物の再放送だったのかな。
Commented by ruhiginoue at 2013-08-22 17:58
 強姦なら、それをできる体力が男性には必要だと雑誌に書いた、三浦朱門というモノカキあがりの文化庁長官がいるくらいだから、悪いと思ってない人がそれなりにいるのでしょう。
Commented by ケーキイーター at 2013-08-23 01:24 x
三浦しをんさんとごっちゃにされたら、しをんさんがかわいそう。ジーク・しをん!
しをんさんの本は『神去なあなあ日常』しか読んだことないです。
Commented by 次郎くん at 2013-08-23 16:41 x
主宰者様、オレだったらこうしますね。

「カムイ伝」は当然撤去、代わりにもっと良い本として
カッパブックスの「残酷の日本史」と
岩波新書の「魔女狩り」の二冊を置くことにすると。
これぞ代案を出して実行できる与党精神って奴です。

だって白土三平の目的は見え透いた営利事業で
「江戸時代」の名を騙って、
日本の史実と違った西洋式ホモSM的な拷問シーン描いて
ホモと腐女子の読者たちを歓ばせることですもん。
Commented by ruhiginoue at 2013-08-23 16:55
 勉強のためなら、その本もいいかもしれない。
 ただ、娯楽として読んでいる漫画の中に問題があった場合、正しい対処とは、ということですので。
 
 白土作品について、それをいうなら、江戸時代に階級闘争のような発想は不可能だったのに、安保など大衆運動が盛り上がった時代背景に迎合して商売した、ということのほうでしょう。
Commented by ケーキイーター at 2013-08-28 17:54 x
国会で石原爺ちゃんに実際に「まだ現役なんですか?」ってモロに聞いちゃう議員さんは…い、いない方がいいね…。
Commented by ケーキイーター at 2013-09-06 17:01 x
石原爺ちゃんて自分で毛利元就を気取っていたりして。うーむ、やっぱりこういう恐ろしい妄想は辞めよう。
Commented by ruhiginoue at 2013-09-06 18:14
 毛利の三本の矢と違って石原の息子たちでは束ねてもあっさりポキッでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-08-22 09:42 | 社会 | Comments(8)