井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

考えることが駄目な人

 前に霞ヶ関の裁判所前で、通りかかった年配の制服警察官が、訴訟の当事者となった人たちが情宣活動をしているのを横目で睨みながら同僚に「演説したり紙を配ったりしてやがって生意気なんだよ。言われたことにだけ従っていればいいんだ。裁判ってものはなあ、取り締まりのためにするものだ。会社や国を訴えたりするんじゃねえよ」と同僚に説いているのを聞いた。
 これはファシストの意見かと思い勝ちだが、そうとは限らない。まったく同様の人が、中学の担任の教師にいた。やはり、「言われたことにだけ従っていればいい」と執拗で、そのため一般的な問題児とか不良ではない生徒ばかり殴っていた。
 例えば、クラスでもっとも成績優秀な男子が、その成績優秀のため担任教師から気に入られていたのだが、彼は進路指導のとき、適性検査をやらされることに反発し、「こんな知能検査みたいなパズルでは何もわからない。こんなものをやらされて、将来の夢や希望に口出しされてはたまらない」と言った(確かにその通りだろう)ところ、それに激怒した教師は、その生徒を執拗に殴打し、殴られた顔中が真赤に晴れ上がった。
 また、自分はその彼ほど優秀ではなかったが、新聞に投書して全国紙に何度か掲載さりたりしていたところ、それが気に入らないと、その教師は居残りをさせたうえ執拗に殴った。「意見なんて言うもんじゃない。持つのも駄目だ。お前は新聞の政治経済の欄まで読むんだろう。いいか、俺は新聞はスポーツ欄しか読まないんだ。みんなそうでないといけないんだ」と言った。そして通知表の通信欄に堂々と、そのことを罵る記述をしたので、さすがに親も驚いた。
 あのセンセイは変な人だと評判だったが、東京理科大夜間部卒の数学担当で、この数学についても、証明問題などで独自の考えをすることについて許さない人だった。それではもはや数学ではないのだが。
 そして、卒業して数年経ってから、その教師が退職したことを人づてに聞いた。あの性格から最悪ともいえる生活指導の担当になったら、そこで暴虐の限りをつくし、ついに被害者の一部である生徒数人が、その教師の自宅を見張ったうえ、出てきた小さい息子のあとをつけて、人目がとぎれた場所で殴った。その息子は泣きながら帰宅し、息子の腫れ上がった顔を見て驚く母親に「『親の因果が子に報い』って何」と訊いたそうだ。
 これにその教師は衝撃を受けて、ノイローゼとなって不登校となり、そのまま退職して、まったく別の仕事に転職し、会社勤めとなった。情けない結末だが、その教師としては、熱心ではあったが、その内容について考えることができなかったのだろう。なんせ考えることは罪だと信じていたのだから。
 この教師と同じ頭の程度の政治家がいるから、テロが起きるのだ。そしてバカ教師よりもっと問題なことに、ノイローゼになったりはせず、言論や報道を規制しようとし、テロと闘うと言い出すので、さらに悲惨なことになる。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by Neutralizer at 2013-09-26 00:29 x
完全なるモラハラですね、その警官にしても教師にしても。というよりはその二人は若い頃にただ従順であることを家族や周囲から教えられてこうした考えを持ったのでしょう。
 ところでそのモラハラ教師の子供が被害者達に襲撃された件については『そうなって当然だな』と思いました。確か作者名と出版社名を忘れましたが『トラウマ返し』という本があります。まだ私も読んでいませんがその教師の子供はまさに被害者達の『トラウマ返し』の標的にされたのです。『因果応報』とも言えますね、尤も一番可哀想なのは被害を受けたその子供なのですけれど。
Commented by ケーキイーター at 2013-09-26 13:49 x
暴力教師を学校から駆除する方法。「体罰した教師の名前を公表する」「校長の名前を公表する」「両方を公表する」どれが一番効果あるかな。ケースバイケースかな。
「駆除する」だって。凄まじい言い回し。
Commented by ケーキイーター at 2013-09-26 14:09 x
も一つ。転職した暴力教師さんは新しい職場に適応できたのだろうか。で、彼の子供さんがやっぱり可哀想。
Commented by ケーキイーター at 2013-09-26 16:12 x
ひょっとして、そのクソ教師の再就職先って、電力会社かな。
Commented by ruhiginoue at 2013-09-26 18:23
 親の恨みを受けたことも不幸だけど、その親から教育や躾で影響を受けることのほうが不幸です。
 
 駆除より駆逐が適切かもしれないけど、他の職場で働いてから教師になればいいのです。接客や営業をして、我を抑えたり頭を下げたりすることも必要だという体験を数年してから教員になればいいのです。他の公務員とくに司法関係も同様です。
 ところが教員の研修は日の丸君が代に直立不動となることをやらされてます。そして体罰は明確に法で禁止されていても信念でやっていると言えば許されることがあり、君が代で口が動いてなければ、信念より法律、法律より上の憲法は無視、処罰されるという構造です。
 これは政治的に右か左かではなく、単にSMっぽい感覚を好む人がいるというだけでしょう。
Commented by masagata2004 at 2013-09-26 23:29
子供の親が有力者だと態度が違いますけどね。
Commented by ruhiginoue at 2013-09-27 19:38
 親が毅然としているかどうかが重要で、有力者だとその傾向が強いということでしょうね。地位からの自信と、それ以前に、地位のある人はもともと教養などを備えているので。
Commented by ケーキイーター at 2013-10-04 17:01 x
いわゆる「頭がいい」でも、「記憶力」と「考える」は違うよね。
Commented by ruhiginoue at 2013-10-04 17:52
 内容を咀嚼せず鵜呑みにできる才能がある人は、受験とその延長では成功するけど、かなり不味いことになりますね。
Commented by ケーキイーター at 2013-10-05 20:07 x
「学校の世界史」って世間一般に誤解されていますね。「丸暗記だけの学問」じゃないのに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-09-25 18:55 | 雑感 | Comments(10)