コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

名探偵ポワロとフランダースの犬

 youtubeでヨーロッパのテレビを見たら、NATO軍とフランスのサルコジ大統領を批判するジャーナリストのミッシェル・コロン氏に、同席していたネオコンが「フランス人なのになぜ批判するのか」と非難していたから、人権宣言の国でも自国を批判する権利を否定する奴が居ると解かった。日本だけじゃないと安心したくはないが。
 ただ、コロン氏はベルギー人だ。彼は流暢なフランス語を話していたのでフランス人と間違えられたようで、だから自分はベルギー人だと訂正した。

 これで思い出したのが名探偵ポワロだ。ことあるごとに「私はベルギー人だ」というポワロと同様に、英国の女性小説家がベルギーを知らずに想像で書いたものとして「フランダースの犬」があり、ベルギーの人はまず知らない。しかし日本ではアニメ化で有名になり観光客が当地を訪れて地元の人に、あの涙のラストシーンの教会はどこかと訊ねるので、地元の人たちは驚くそうだ。
 そこでベルギーでは、上野の西郷さんみたいな銅像を建て「ネロとパトラッシュ」と日本語の表示をして、日本人観光客が来て「フランダースの犬」と言ったら教えるように申し合わせたそうで、そして日本人観光客たちは銅像の前で記念写真撮って満足して帰るそうだ。

 そして日本のアニメも影響してか、ハリウッドでも映画化されたが、こちらはバージョンが二つあり、原作のとおり涙のラストシーンと、ハリウッド式ハッピーエンドらしい。見たけれど、アロアのお母さんは、かつての「チャーリーズエンジェル」のシェリル・ラッドだった。こうして知名度があがり「フランダースの犬」がフランス語訳されて、読んだベルギー人はだいたい怒るらしい。ベルギー人は、孤児を死に追いやるほど薄情ではない、と。そして、これは英国人の感覚だろうという。「そりゃ英国では、『オリバーツイスト』なんていう小説が書かれているのだから」と。

 そういえば、英国の名監督ケン・ローチの映画でも、英国は子供とくに貧しい家庭の子供に冷たい社会であると描かれている。彼は自らを左翼と定義している。そして自分の映画が日本で賞を受けたさい、賞の背後にフジサンケイグループが関わっていると知って、賞金を日本の労働組合に寄付したという、たいした人である。
 
 ところで 「フランダースの犬」の日本のアニメは、子供向けに脚色したので、わけわからない部分が多い。実は、原作だとネロは十五歳でアロアは十三歳。それをアニメは十歳と八歳にしている。だから、二人一所に風車小屋の中にいるのを、コゼツの旦那が娘を心配して怒る意味が、アニメだと意味不明になっている。

 また、カナダ人に聞いたが、カナダでも、日本人観光客が、観光名所でもなんでもないところへ「赤毛のアン」の舞台というだけでやって来るので、呆気にとられるそうだ。決定的な影響は、高畑勲監督によってアニメ化したからだ。「世界名作劇場」は偉大な影響力がある。
 この高畑勲監督は、「アルプスの少女ハイジ」の当時、日本が高度成長期だったので、アンチテーゼとして高原での牧歌的生活を描いたと言っている。ここで作画を担当した宮崎駿とは東映動画の労働運動で意気投合したし、脚本の佐々木守は「ウルトラ」が有名だが大島渚の下にいて左翼を自認していた。つまり左翼が近代化論者とは限らない。

 しかし共産党の志位委員長は、好きな映画は何かとの問いに「スタートレック」と答えていた。アメリカニズムっぽいところは気に入らないが、と言い添え、邦画では「男はつらいよ」が好きとも言っていたが、「スタートレック」こそまさに生産力史観で、エンタープライズには建造費が無いというセリフもある。新シリーズで監督もつとめた副長役のジョナサン・フレイクスは、「スタートレック」の舞台の未来について「人類の理想の世界」「さほど資本主義的でない世界」と言っていた。そして、共産党の機関誌「赤旗」のインタビューで映画の話に答えたさい「ブッシュ大統領は辞めさせるべきだ」と明言していたのが印象的だった。

 自国の大統領を批判する権利は、なくてはならない。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by そらこ at 2013-10-04 00:04 x
今日松本清張の原作ドラマ「顔」という作品を観た後にブログ主さんの文書を読んだりしていて過去の思い出を振り返りました(´Д` )
家族会議のこと(志位さんの発言が父の発言と告示していたので)だったり、
水商売で稼がざるを得なかった過去だったり。
未だに父に自身の責任を押し付けようとしそうな葛藤だったり_| ̄|○
情けな(;^_^A
酔っ払いの戯言です^ ^

ある程度の権利は個人に与えられなければならないと考えます^ ^

懐かしアニメのこと思い出せていやされました^ ^

ありがとうございますm(__)m
Commented by ruhiginoue at 2013-10-04 18:07
 「スタートレック5」の劇中で、総ての苦悩から開放される方法が説かれるけど、それは幻想とか洗脳であって、そもそも人生とは苦悩を背負いながら進んで行くのがむしろ普通だと指摘される場面があります。
 それを時々、思い出しすことにしています。
 そして、このテーマ曲で気合を入れてます。http://www.youtube.com/watch?v=tI5s4PpmN5U&feature=share&list=PL598119E253AD65B3
Commented by ケーキイーター at 2013-10-05 22:03 x
『ベスト・キッド・2』(古い方)はかなり日本に関して不勉強。リメイク版は実際の中国の観客にはどう見えたのだろう。
Commented by ruhiginoue at 2013-10-06 12:21
 沖縄に来るけれど、あれはハワイでロケしたので風景が変でしたね。敵役が「チョーゼン戸口」って、そんな名前はあるのだろうかと思いました。
by ruhiginoue | 2013-10-03 17:35 | 映画 | Comments(4)