コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

隣のガキがよく柿食えば鐘がなるか金にどうなるかはともかく

 近所の人が自宅の庭の木の柿をくれたので食べたら美味かった。遠くから燃料をかけて運んでくるものを買って食べるより、身近な木になっている果物を食べるほうが健全だろう。
 しかし、そんな人がいる一方で、たくさんなって余っているのに他には分けないで、売るわけでもなく、カラスの餌にしている人もいる。もちろん、そういうものがあれば、カラスのゴミ置き場荒らしが少しは減るのかもしれないが。
 ところで、他人の土地の木から果物を無断で取れば窃盗罪だが、自然に落ちたものを公道で拾っても、無断で持っていくと拾得物横領罪になることがあるそうだ。だからいちおう拾ったと言うべきで、それでたいていの人は、どうぞと言ってくれる。くれないケチは、そういう人なのだと今後から認識すればよい。
 また、隣の敷地の木から自宅の敷地に枝が伸びていても、勝手に実を取っては泥棒である。
 しかし、隣の竹から自宅の敷地に竹の子が生えたものは、勝手に取ってもよい。日本の法律では、土地の権利が地中には及ばないと規定されているからだ。
 それで、隣の木から枝が伸びて、こちらの敷地に侵入しても、日陰になるとか葉っぱが落ちるなど迷惑なので枝を切ってくれと要求することならできるが、他人の所有物なので自分の敷地内でも勝手に切っては器物損壊罪になってしまい、ただし木の根っこは地中にあるので権利が及ばないから、勝手に切っても良いのだ。
 というわけだから、迷惑なので木の枝を切ってくれと頼んでも無視されたら、なら木の根っこを切ってしまうという手がある。枝が張り出しているなら、その根もあるはずで、伸びた枝を切っても木はなんともないが、根を切ったら枯れることがある。
 これを言って切るように圧力をかけて、それでも無視されたら実効してしまうことができる。
 これは、弁護士ならだいたい知っているけど、公然とは言いにくいので、まず口をつぐむことが多い、法律の裏技である。
 それにしても、もらった柿は美味しかった。
  

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2013-11-15 19:25 x
柿ですか。いいなあ。
Commented by ruhiginoue at 2013-11-16 22:01
 梨はまだあるけど最後で、もう柿ですね。ビタミン摂取して風邪に備えないと。
 
Commented by 次郎くん at 2013-11-17 04:42 x
主宰者様、根っこの話で、正統派の悪人対策法の紹介を
ありがとうございます。昔の豊後各駅停車さんは
同様の発想法が出来て言えていたのに加齢による劣化で
言えなくなっているのが寂しいです。
Commented by ケーキイーター at 2013-11-17 07:08 x
柿の缶詰めってのは無いのね。干し柿やあんぽ柿等で賞味できるのは正月休み過ぎまでってのが、面白い。
Commented by ruhiginoue at 2013-11-18 23:48
 豊後各駅停車さんはどうしてるのでしょうね。

 柿のジュースもありませんね。不二家のネクターみたいなのがありそうだけど。
Commented by L at 2013-11-20 20:11 x
 こんばんは。検索すると、柿の缶詰はありますよ。ていうか(笑)、葬式の供物かなんかでもらって食べたことがあります。軟らかい柿の好きな私ですが、さすがに缶詰の柿は、程度が過ぎましたね。味も美味しくないです。季節外なら、干し柿か、冷凍をお勧めします。
Commented by ケーキイーター at 2013-11-20 22:18 x
うーむ。期間限定だからこそ、その食べ物のありがたみが解るのかもしれない。
Commented by ruhiginoue at 2013-11-21 22:34
 sanyoから出てますね。柿は固めが好みなので、缶詰はちょっと。
 どんな食べ物でも、季節のものだから良いということは、やはりありますね。
Commented by 日田こまち(改名・豊後各駅停車) at 2013-11-22 23:34 x
お久しぶりです。
別のサイトで 「荒らし」をしたことを反省し(投稿した時は「正気」だと思っていた)H.Nを変更しました。
こまち(美人)ですが男、日田ですが大分市出身の東京在住です。
書かれていたことは、佐賀潜「民法入門」(カッパブックス)で小学5年の時に知っていました。
本当は大学で法学部に行きたかったのですがね。
Commented by ruhiginoue at 2013-11-23 12:59
 カッパブックスは、かつてそういう生活の知恵としての法律本がありました。
 同様なのが三一新書で、こちらは似たような内容で、より反権力でした。「知的闘争術」とか。
Commented at 2014-01-02 01:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 次郎くん at 2014-01-02 01:54 x
主宰者様、皆様
「知的闘争術」は「肉屋を信奉する豚」の側面があって、全然知的ではないですよ。「児童虐待はこの世に存在しない」とか「ヤブ医者の特徴としてカルテをドイツ語で書く」とか少し考えたら噴飯モノの部分が多いですよ。

フランクフルト学派とかエーリヒフロム博士が、日本共産党や宮本派と仲良しだという理由だけで、追求してきた功績を無効化しまくった駄作の部分が多い内容でしたね。「典型的な関西人は絶対にインテリのドイツ人には敵わない」という確信だけは持てましたがね。もっとも日本を作ってきた人々が、非関西的関西人であることは認めなければいけませんが。
Commented by 次郎くん at 2014-01-02 02:03 x
主宰者様、皆様
誤解なきように申し添えておきますが、増尾由太郎さんとか、豊後各駅停車さん=日田こまちさんとかは「まだマシ」な方ですよ。
少なくとも彼らは「自称人権活動家」がしてる様な、金融詐欺には一切手を染めておりませんですから。

人権屋どもの(敢えて詳細な個人名は非公開コメントにしました)、日本共産党も、救援連絡センターもどちらも、「人権活動するする詐欺」はヒドイものですよ。これでは自民党のセコイ地方ボスと同じですよ。いや自民党なら同じ金額をワイロとして贈れば一応は動いてはくれますから、それで日本の「自称革新勢力」とやらが伸び悩んで衰退に到っている一因ではないでしょうか。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-02 21:17
 非公開で実名を挙げられている人たちには、会ったことがあり、確かに言動がいかがわしいと思いました。
 特に、二番目に名を挙げられている老人は、会合に腐りかかった果物を差し入れと称して配って恩を売るなど奇行がひどかったものです。
by ruhiginoue | 2013-11-14 22:36 | 司法 | Comments(14)