コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

秘密法は法律ではなく、法律を全否定する法律という矛盾した存在

 秘密法について、とんでもない法律だと反対している人たちがいるけれど、その一方で、これは法律ではないと指摘して反対している人たちもいる。それは、法律というものを法律によって全否定する法律であるという、矛盾した内容だからだ。
 公務員が秘密を漏らしてはいけないというだけなら変ではないが、この秘密法では、秘密を漏らすことは罪であるというだけでなく、秘密が漏れる結果につながるから知ろうとすることも罪であるとし、では、それに当たるのはどんなことなのかも秘密にしておき、そんなことを好き勝手にやるけれど、常識の範囲でやるに決まっているのだから心配してはいけなくて、これに反対するほうがおかしいというものだ。
 これでは法律ではないし、法律はいらない。これで社会の秩序が保てるなら、面倒な思いをして、いちいち、いろいろ、法律を作って運用することは、まったくない。
 つまり、法律そのものを全否定する法律だ。また、国と社会の秩序を守るためと称して、国と社会から秩序をなくしてしまうものだ。
 まるで、西部劇の悪徳保安官などが、法律を無視して「この街ではオレが法律だ」と言っているのと同じなのだが、これにあのランボーは反撃して、警察署長にサバイバルナイフを突きつけて「オレが法律だ」と言い返す。
 これと同様に、もしも、また何かのきっかけで政権交代したら、自民党、公明党、みんなの党が、弾圧される。別の党が政権に就いて、それが民主党でも共産党でも、反対していたけれど、自分が権力を維持したい側となったら、反対していた自民党の作った悪法だから廃止するべきだとは思っていても、自分にとって都合が良すぎる法律だから廃止できなくなる。
 これだから、法律とは為政者に好都合なものであってはならないのだ。というより、そもそも法律とは為政者が勝手なことをしないようにするためにあるのだ。
 これを、悪い官僚は解っていて無視していると思われるが、自民党・公明党・みんなの党は、解ってないのではないか。少なくとも安倍総理は理解できていないという態度だ。というか、安倍という人の頭は、何か理解できることが一つでもあるか既に疑問なので、そんな人が総理でいる今の日本は、ロシアの寓話の「イワンのバカ」と同じということだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by keitan020211 at 2013-11-30 13:02
>では、それに当たるのはどんなことなのかも秘密にしておき、そんなことを好き勝手にやるけれど、常識の範囲でやるに決まっているのだから心配してはいけなくて、これに反対するほうがおかしいというものだ。

 多分、自民党としては司法判断と謂うものを信用している積りなのでしょう。よって安倍総理もそうですが、その主導層は谷垣法務大臣を担いでいるのではないかと思われます。自民党の前総裁であり、官僚の出身です。
 官僚にも自らは官僚でありながらも自分(達)は三権の分立を尊重して国民の自由を実現するんだ!と「いや、そういうのを官僚支配と言うのでしょう」と思うような勘違いをしている向きがあり、官僚の出身の谷垣氏を通して安倍立法と安倍政策をかなりの範囲に渡り後押ししているのでしょう。
 詰まる処、それは大東亜戦争の頃の革新官僚のようなものです。自分達の設計により国民の自由を実現してやろうと言うものです。
 然しそこには司法業界の利権(と言うのかは知らないが)とか学生の囲い込みと教化とか様々な歪みが出て来るのです。
Commented by ruhiginoue at 2013-11-30 23:10
 谷垣法務大臣の本業は弁護士だったはずだけど、このところ弁護士から転身した政治家は、橋下徹とか稲田明美とか、ヘンテコリンな発想をする人ばかりです。
Commented by 次郎くん at 2013-12-01 12:49 x
主宰者様、こうなったら、江戸城(皇居ともいふ)を
無血再開城して国連事務総長に日本国大統領を
兼ねてもらう運動をするしかないと、過去に別の法案で
思ったことがありました。この考えは空想的平和主義=
お花畑の極みとも我ながら思うのですが。
Commented by Neutralizer at 2013-12-01 21:23 x
以前、私もアメブロで『そもそも法律とは為政者が勝手なことをしないようにするためにあるのだ。』というくだりを漢字の『法』の意味として紹介したことがあります。(無論、漢和辞典で調べて意味を載せました)
 今回の特定秘密保持法なる悪法が『法律を否定する法律』というのは当たっていると感じます。戦前の治安維持法もまさに『法律を否定する法律』だったわけですね。

 ところで昨日の『報道特集』で韓国でも『秘密保持法』案が提案されたものの賢明にも否決されたと報じてました。あの悪法が通った時点で我が国は韓国より精神面・政治面で劣ってしまったと証明したようなものですね。
Commented by ruhiginoue at 2013-12-01 23:33
 あの国連事務総長はバナナですね。黄色い皮を剥いたら白いという意味の。
 しかし韓国は人権侵害を国連に訴える制度を国内に作ったりと、日本より進歩しています。
 よその国の悪口を言うより、自分の国をよくする努力をすべきですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-11-30 12:19 | 政治 | Comments(5)