井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

ネルソン マンデラ 自民党政府の追悼に違和感のわけ

 ネルソン マンデラが亡くなった。日本でいう大往生だった。
 彼に追悼の言葉を述べた安倍総理が、そのさい彼の偉業を称えたそうで、これに違和感を覚えたという人がいる。亡くなった人を追悼するのは当然の礼儀だが、弾圧されながら差別と闘った人に、今まさに弾圧の法律を作ることを強行している権力者が、実感の伴わない美辞麗句を述べたのだから。
 そもそも日本は自民党政権下で、マンデラ氏が迫害されながら闘いつづけた南アフリカ共和国の人種差別政策を、支援してきた。日本は南アフリカにとって一番のお得意様で、貿易額が世界一だった。だから南アフリカ共和国では、日本人を「名誉白人」と規定していた。これは侮辱として怒るべきことのはずだが、喜んでいた恥ずべき日本人もいた。
 そして、その商売のおかげで南アフリカ共和国では、人種差別があろうと黒人たちは他のアフリカ諸国に比して生活水準が高くて恩恵を受けていると開き直ってきた。
 そのような、人種差別を擁護する発言をしてきた一人が、自民党の御用マスコミ人として活躍してきた「外交評論家」の加瀬英明だった。彼は安田財閥につながり、あの『イマジン』のジョン レノンで有名な小野洋子とは親戚となるそうだ。
 この加瀬英明は、その種の人たちの必修課題「朝日新聞が左よりだ」という内容の本まで出版していた暇人だが、その朝日新聞の記者だった本多勝一は80年代の後半に、人種差別政策「アパルトヘイト」が続いている南アフリカ共和国に取材を打診したところ、朝日新聞の常駐記者がすでにいるからと拒否されたという。そして常駐する記者ではない旨を説明したが、それでも駄目だったそうだ。
 そして後からわかったのだが、朝日新聞の本多記者は70年代にアメリカ南部を取材して『アメリカ合州国』という記事の連載(現在、朝日文庫)を書き、そこには人種差別の実態の告発もある、ということをわざわざ南アフリカ共和国の当局に告げ口のようにした日本人がいたそうだ。
 もともと、こんな調子だったのだから、今になって日本の政府それも自民党政権からマンデラ氏に追悼と賛辞の言葉を言われても、違和感を覚えて当然だ。 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 石畳 at 2013-12-08 13:49 x
安倍によるマンデラ氏へ「追悼」は、明治以来、「欧米に追いつき追い越せ」と欧米並みの「一等国」に「成り上がる」ことに血眼になりながらも、他方で「有色人種の代表者」を装い、「白人支配の打破」を叫んできたことの欺瞞があらわになっていると言えるだろう。

倭寇はわれわれ日本人も優に列強に伍するに足る能力のあることを示したものである。われわれは盗賊、殺戮、姦淫等においても、決して「黄金の島」をさがしに来たスペイン人、ポルトガル人、オランダ人、イギリス人等に劣らなかった。
(芥川龍之介『侏儒の言葉』)
Commented by 片腹痛い at 2013-12-08 20:39 x
弾圧だって笑
そりゃスパイは弾圧されますわ
Commented by ruhiginoue at 2013-12-08 22:44
 芥川龍之介の皮肉は痛烈ですね。鈴木邦男氏も、よく引用しています。

 ところで次に面白いコメントがありますね。
 スパイは取り締まるものだけど、弾圧とは何かと考えてみたらマンデラ氏はテロリストとして弾圧されていたので、それを当然だということなのでしようか。
 だとしたら、やはりデモはテロとまで言った人がいる自民党がマンデラ氏を追悼というのは変な感じです。
 どんな相手でも国の代表者だからいちおうは追悼するもので、金正日氏が死去してもそれはするものだけど、しかし偉業を称えては如何なものか。
 それと同じですね。日本はマンデラ氏とは対立関係だったのですから。
Commented by Neutralizer at 2013-12-09 09:25 x
 南アフリカでは日本人は『名誉白人』だと言われていたことは私も中学か高校の時に知りました。このような侮辱を言われても平気どころか媚を売っていた人がいるかと思うと情けなくなります。今の安倍はそれを政財界の中で『伝統的に』受けついだ人物の一人だといっても過言ではないでしょう。石畳氏のコメントが耳に痛く響きます。
Commented by ruhiginoue at 2013-12-09 13:22
 あと、名誉白人で喜んでいたのは石原慎太郎もかなりなものだったとか。
 彼は近隣のアジアを見下して、白人に媚びて、それでアメリカにノーと言えるのが偉いとか言うから滑稽です。
Commented by ruhiginoue at 2013-12-09 13:28
 おことわり 
 「日本は、アメリカと険悪になって戦争になった当時でも、アメリカの政治指導者の死去にさいして追悼の言葉を伝えたのだから、政治的対立をしていても亡くなった人に追悼するのは当然で、安倍総理は正しい」というコメントがあったけど、その趣旨をはっきり書いたうえで、しかし偉業を称えるというのは変だと続けて書いているのに、なんでこんなコメントがあるのかと考えたところ、読まないでコメントしているとしか考えられず、それはひどいので削除しました。
Commented by ケーキイーター at 2013-12-09 21:11 x
「名誉白人」と同じ頃にもう一つ、日本人はこういう呼ばれ方もされていたなあ。「エコノミック・アニマル」と。今になって納得。
Commented by ケーキイーター at 2013-12-14 15:51 x
今日は面白いことに気付かされた。私がネル爺(気安くそう呼んでいる。)の存在を知ったのはラジオの音楽番組でだった。日本ではそうなってしまうのかな。情けないなあ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-12-07 15:49 | 国際 | Comments(8)