井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

朝日新聞にNHK受信料を払ってない人はかなりいる

 十代のころ筑紫哲也さんに会う機会があった。それは前にこのブログでも証拠とともに紹介したが、そのさい、NHK受信料について質問した。当時同僚の本多勝一さんが『NHK受信料拒否の論理』という本を書いているが、朝日新聞の社内ではどうなのだろうか、と。
 そうしたら、朝日新聞社の中で、NHK受信料を払っていない人は、かなりいるという答えだった。
 この『NHK受信料拒否の論理』は、最初に未来社からハードカバーで発行されたが、後に朝日文庫になった。同著者の他の本が次々と文庫化しているなかで、遅れてのことだ。朝日文庫に限らず他の出版社でも、NHKの影響力と圧力を恐れて文庫化がなかなか出来ないと、著者自身が書いていた。
 また、他にもNHK批判はあるが、それを雑誌に掲載したり本として発行したりすると、NHKがその出版社の本をドラマの原作にしないなどの報復に出るので、大手出版社も恐れているということが既に言われてきた。例外は、元NHKアナウンサーの内部告発『NHKはもういらない』が、そうした圧力など気にしない三一新書から出ていたくらいだ。
 しかし、NHKに対する批判が高まったり不祥事が起きたりしたため、そうした情勢が文庫化を促進したのだろう。
 そこでNHKは焦って、受信料の不払いに対して訴訟を起こしている。これはただのケチにばかり狙いをつけている。批判的な立場から拒否している人は、面倒なことになるからだろう。うちでも、NHK受信料を取りにくると上記の本二冊を出して見せて追い返していたが、すると親だけがいそうな時間帯にまた来る。なぜなら、うちの親は必ず払うからだ。父はたいへんな小心者だし、母は報道番組を見ても内容が理解できず「筑紫哲也さんって素敵ね」と言うだけの人。
 上記は情けない話だが、それはともかく、NHKは効果を考えて朝日新聞社にいる不払いの人たちを訴えたらどうかとも思うが、それでは大騒ぎになってNHKは大変困るに違いない。
 それだけNHKに自信がないということで、だから権力にすがって強制徴収などと言い出した。それでは受信料制度をとる意味がない。今でも公共放送としての意義が全然ないのだから、国営化して名前も変えて日本国策放送でNKHとするべきだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ダブスタ左翼w at 2014-01-04 21:48 x
おお、あんたいいこと言うね。NHK批判では気が合いそうだな。
確かに国営化か民営化かはっきりすべきだと思う。
受信料制などと言う中途半端なことしてるから、それをめぐって
各地でトラブルが起き、徴収の余分なコストもかかりさらなる
視聴者負担の原因にもなるんだ。
特に前者の場合、チャンネルは地上波・衛星・ラジオ各一チャンネルずつで十分だな。番組もドラマやエンタメ系はカットして
報道と教養に特化すべきだろう。そうすれば設備も人員も制作費も大幅削減でき、国民負担の軽減に繋がる。もっともこれは受信料体制の現在でもすべきと思うが。
Commented by とおりゆく小市民 at 2014-02-04 09:35 x
  それほどの大口を叩くなら、親と決別して別居し、ネットとラジオだけで生活すりゃいいだろが!!
民放テレビの方がよっぽど悪辣だし(経済界と結託するし)、芸能人に対しての名誉棄損だったり風評被害の元凶となるような扇動報道をを垂れ流したりと、始末の悪さだったらNHKの倍以上だ。民放に対する締め付けをしない総務省も断罪されるべきだ!!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-12-11 22:38 | 社会 | Comments(2)