コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

差別されたら差別し返し、それも倍返しという困った人

 自分がされて嫌なことは他人にしてはならない、とはいうけれど、自分がされて嫌だったから、それを他人にそっくりしなければ気がすまない、という人は少なくない。
 よく「風邪は他人にうつすと治る」と思い込んでいる人がいて、それは、他人が感染したころに自分は治るからでもあるだろうが、風邪だけでなく「病気は他人にうつすと治る」と信じられていたことが古文書にも記されており、外部から受けた刺戟を排出するようにしたがる本能があるのかもしれない。
 しかし本能のままにしてはいけないのは、もちろんのことだ。それは先日、ネットで執拗に悪口を書かれて不愉快であるという話をしたが、これがまさにそうだった。この人の言いふらす悪口の中には、実に程度が低い便乗がある。このブログで、例の片山某の話を批判したら、それを捉えて、「自分が生活保護の不正受給をしているからだ」というのだ。そんなことを言ったら、彼女を批判した人はみんなそういうことになってしまう。
 しかも、この人の書いたものは一見した人たちが、みな呆れるものだった。「ぼくちんは障害者なんだじょーっ、働けないんだじょーっ、と嘘を言って生活保護を不正受給した」という調子だから、頭がおかしいと思われて当然だ。
 だいたい、役所だってバカじゃないから申請の内容がほんとうかどうか証明書の提出を求める。また、その人はあちこちで名誉毀損に暴力沙汰にと訴訟ばかり抱えている。これらの被害者の一人として自分も出廷したのだが、そのさい身元を証明するものを提示しろと廷吏に言われ健康保険証を見せていて、これを被告は知っている。生活保護を受けている人は健康保険に入れない。つまり、一般としても個別にもありえない話である。
 だから、事実ではないので問題だが、事実であっても貶める材料にしてはならないことだし、だいたい、不正があるというなら役所に告発するものだろう。
 そういうことを平気でしている人なのだが、それでいて、その前からこの人は、自分が同様のことを言われたと怒り、それをブログなどいろいろなところに書いている。
 それは、自分が仕事で咎められたさい、相手が差別的な言葉を使ったというものだった。言った人は外部から来た人であり、正社員ではなかったが、会社の仕事の中でのことなので、その会社でも、差別的な言葉遣いをしないようにと注意した。それを、その会社がやったことだと騒ぎ立てたのだから、不適切な言葉があったことは問題でも、非難の仕方が間違っている。
 そのうえ、その差別的な言葉とは同和に関係するものだったが、それについてその男は、自分は同和地区の出身者ではないから事実に反しているし、事実だとしても出身地で貶めることは許されないと言って非難していた。
 つまり、自分がされて怒ったことを、そっくりそのまま他人にしていて、まったく反省しておらず、しかも同時に、かつて自分が怒ったことについては、相変わらず非難し続けているから、とても滑稽だ。
 これは、外部から受けた刺戟を排泄しようとして、他人にそのまま同じことをし、そうすることで自分自身を貶めているのだろう。病気を他人にうつせば治ると信じていたり、自分がされて嫌なことを他人にしないと気がすまなくなっていたり、という心理によって。したがって、頭が悪いためというより、意思が弱すぎるという問題なのだろう。
 だから、今後の訴訟の中で、彼の非常識な言動と病気との関係を解き明かす必要があるかもしれない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by Neutralizer at 2013-12-23 09:31 x
 孔子の言葉に『己の欲せざるところ、人に施すことなかれ』というものがありますが、この言葉が感情の前では吹っ飛んでしまう時が自分でもよくあります。
 つくづく自分に厳しく生きるということが難しいと感じます。しかし、他人との関わり合いは『親しき仲にも礼儀あり』の言葉を頭の片隅にでも置いていかなければ我々人間は他の生物よりも劣ることになるでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2013-12-23 22:35
 人間は弱いところがあるので、ある程度までは仕方ないので許し許される関係を維持するしかないのですが、一線を越えてしまえば駄目です。
Commented by とおりゆく侍 at 2013-12-25 11:02 x
  日本の女子は、異性との対等的関係の一線を遺脱して「女であることに特権階級ぶって【悦】に入る【あばずれ悪女】」と化す輩が増殖してしまっている。この背景としては、薩長勢力の悪しき手法を真似ているところが大きく、外圧を悪用して国を乱して男性層を貶める…というやってはならない発想に走ったりする。つまり、日本の女子は【薩長かぶれ】の「成り上がり者」なのである。


  かなり腐敗してしまっているので、女子全員を徴兵対象とするより他はあるまい。
Commented by ruhiginoue at 2013-12-25 22:06
 そういう方は、ハインラインの「宇宙の戦士」を読むことをお奨めします。
Commented by Neutralizer at 2013-12-29 11:10 x
とおりゆく侍とやら
 お宅は我が国の女性を随分槍玉にあげているようだがそんな女性が出ている原因の一つが男の方にもあるということをお忘れではないのかね?
 そもそも歴史を紐解いてみれば分かる事だがその大半が男尊女卑の時代が多かったのだよ。何故か?理由は人類が誕生した頃からの役割分担だよ。お宅も知ってると思うが男が狩りで外で働き、女が子を育てるという役割が時代が進むに連れて『当たり前』の習慣になり、そこからの思い込みがこのような思想を生み出したのだよ。
 そんな歴史的背景を知らずして『日本の女子は【薩長かぶれ】の「成り上がり者」なのである。』と言うお宅は女性の立場を無視して自分の卑屈的立場を自慢しているに過ぎないな。お宅は明治時代の精神を復古させることがお望みかね?
Commented by ケーキイーター at 2013-12-29 19:55 x
確かに変なお侍だね。この人はお父さんのお腹から生まれてきたのかな。うひゃひゃひゃ。
Commented by ruhiginoue at 2013-12-29 22:25
 知らない人のために解説すると、「宇宙の戦士」(日本ではガンダムに影響をしたことで有名)は、軍国主義SFといわれるけど、女はもともとしっかりしているから良いけど男は軍隊で鍛えないと駄目という皮肉がこもっていて、マッチョ願望のようでいて女性崇拝があります。
 
 ビートたけしは「女は死ななきゃ治らない」という女性をこき下ろした本を書いたけど、それでいて女好きで結果例のフライデー事件を起こしたわけで、それをこき下ろした後藤民夫著「ビートたけしは死ななきゃ治らない」があります。
Commented by ケーキイーター at 2013-12-30 15:41 x
私も読んでみようかな。来年の抱負が一つできたぞ~。
Commented by とおりゆく小市民 at 2014-01-04 20:31 x
>ケーキイーター

毎回毎回、コメントの書き方に品性の無さが丸出しになってるわで、呆れるぜ。

>ruhiginoue

 おやおや、ここのブログの主はSFオタクかい?
架空の作品ばかり入り浸っているから、リアルの女子がいかにずるがしこく底意地悪いかを全く知らないと見える。女子に対し変な幻想を抱いてんじゃないのかや?

>Neutralizer

 少し長ったらしいハンドルネームであり、読みにくい。
人に対して呼び捨てするわ、上から目線的な発言をしたりと、何ともネチケットから遺脱したコメントであることか・・・(俺も人の事言えた義理ではないが)。アンタ、それほどに身分の高い人間かや?
「日本の歴史の大半が男尊女卑の時代だった」だと?はぁ?大法螺もいい加減にしろや!!江戸時代における大奥は別格の扱いであり、大奥の人間は幕臣より上の身分となっていたもんだぜ。戦国期では井伊直虎という人物が一族の宗主となっていたが、この人物、実はあの井伊直政の養母と来たもんだ。
勉強が足りないのは、アンタのほうだぜ。


  ここに来る連中と言うのは、とおりゆく侍さんや白田川さん以外、どいつもこいつも精神性が欠落した軟弱なるキモオタでしかねぇもんだぜ。プッ・・・。
Commented by 肝属 at 2014-01-04 20:45 x
どうみても白田川が一人で「とおりゆく」とか書いてるだけだろうが。
Commented by ケーキイーター at 2014-01-04 22:38 x
「有性生殖」って生物が進化していく過程でメリットが何かあって存在するんでしょうね。妊娠後期や授乳中の女性って、やはり食糧調達は困難で、それで男性の力を借りる必要があったんだと思っています。ヒトって進化の過程でどこか失敗しちゃったのかな。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-05 12:38
 諸説あるけど、それを問題にするとSFの形が適しているのでしょう。『スタートレック』でアンドロイドのデーター少佐が「レディース&ジェントルマン&両性体のみんなさん」と挨拶したり、『闇の左手』とか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-12-18 20:33 | 司法 | Comments(12)