コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

猪瀬、知事やめるってよ

 今日は外を歩き回る用事を入れていたけれど、この天候では効率が良くないうえ風邪をひきそうなので、予定を変えた。そして調整のうえ手帳にも記入しておいた。

 さて、手帳と言えば前に手帳で話題の猪瀬直樹都知事が辞任することにしたそうだ。この記事
 「晩節を汚さないように」と前任者に言われたそうだが、そんなことよく他人に言えたものだと、図々しさに感心させられた。
 この猪瀬直樹という人が書き手として優秀だったのは、出世作『ミカドの肖像』のように、少しのネタで延々と書く水増し技術とか、田中康夫に批判されたら、その掲載が『朝日ジャーナル』だったので『週刊文春』に持ち込み「朝日対文春」の図式にすりかえて逃げる、という姑息な処世術だった。

 ロバートAハインラインのヒューゴ賞SF小説『月は無慈悲な夜の女王』では、月世界の革命で指導者をコンピューターの映像と音声で仕立てる。これなら暗殺も不祥事も心配なく、勝利のあとは「晩節を汚さないように」戦死したことにしてしまった。都知事もそうしたらどうか。
 だいたい、辞任で選挙ということになったら、さて、どの有名人を担ぎ出そうか、というのだから、これではもう知事なんていらない。給与がもったいないし、選挙の費用も無駄。不在のほうがマシだろう。『ファイナルファンタジー』のスタッフにでも頼んで知事を作ってもらったらどうか。

 そもそも、知事が辞任することになったのは金の問題だが、ほんとうに民主的な選挙というなら金が無いと当選どころか立候補もできないという今の制度が問題だ。まず高額な供託金を納めないといけず、もちろんこれは、当選する気がないのに何か別の宣伝とか売名に利用する人などがいるからだが、それなら、諸外国でやっているように、立候補するには賛同の署名を一定以上集めなければいけない、というようにするべきだろう。
 それなのに、金ばかりかかるようにしておいて、5000万円にしては簡素すぎる借用証というような話ばかり問題にしていても、根本的な解決にはならない。なので、金の不祥事で辞めた人の後釜も、また金の裏付けがある組織と団体に担がれた人が当選してしまうだろうから、選挙をやり直しても無駄である可能性が高い。

 それにしても今日は、気温の低下は大したことないけれど湿気た冷たさがある。こんな季候を苦手な猫たちが『夏への扉』 を探していることだろう。





人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2013-12-19 21:07 x
闇なお金でいっぱいのカバンを持った左手
Commented by ruhiginoue at 2013-12-20 18:24
 猪瀬という人は「闇な」だけでなく「厭味な」人です。
Commented by ケーキイーター at 2013-12-20 18:55 x
付け足していいかな。イノちゃん「カバンは両手で抱えていました」とか言い直すのかな。
カバン持っている途中で壊れなかったかな。カバン何㎏の重さかな。相変わらずおかしな想像にふけるケーキイーター。
Commented by masagata2004 at 2013-12-21 23:16
次は誰がなるといいでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2013-12-22 23:50
 今、名前が出ている人たち以外の人が良いと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2013-12-19 16:25 | Comments(5)