コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

電車内の公害、『文春』『新潮』ら週刊誌の吊広告は公共の場に不相応

 このような週刊誌の吊広告があるため、電車に乗るのが嫌になるという人は多い。

f0133526_21332051.gif


 戦争を挑発したり、差別意識を垂れ流したり、権力に媚びて弱いもの虐めしたり、悪ふざけもいいところで、これでは下品な粘着サイトと変わらない。

 また、右左関係なく特定の何かを狙い撃ちして民衆におもねるか、子どもも女性も乗ることを考慮せず卑猥な記事の見出しを書き連ねてあるだけ。
 まるで汚物のような週刊誌の見出しを毎日のように見せられてはたまらないし、子供と電車に乗る度に、子供に見せたくない日本の姿だと思う。それが、下品極まりない中吊り広告だ。

 そう言っている人たちの率直な意見は、実に正常な感覚によるものだろう。

 特に、「新潮」と「文春」をみていると、この国の中枢いる者たちが、どこを貶めたいかわかる。なぜ貶めたいかを考えるのが毎週の習慣となっている、という人もいる。
 そうした週刊誌の下品な物言い。そんなものが、公共空間で幅をきかす社会というわけだ。その見出しは派手で、記事を読むと中身が乏しい。そうやって売ろうとしてもいるのだろうが、電車吊広告は費用が高額であるのに、発行部数からすると見合わない雑誌まで吊広告をだしている。つまり見出し自体が政治的意図を持った宣伝となっていて、雑誌を売る広告ではなく政治的な宣伝であり、その費用は読者が購入するさいに支払う代金とは別のところから出ているのだろう。これは昔から言われてきたことだ。実際に、そうした雑誌には大企業の広告や政府広報がいつも大量に割り込んでいる。

 この最たる存在である週刊新潮の元編集者である亀井淳(故人)氏が、内部告発本『週刊新潮の内幕』を著していたが、この発行元は創価学会系の第三文明だった。それも、公明党が自民党と組んでからすっかり変節した。

 こうしてみると、前に、通勤のさい戦争反対のゼッケンつけて電車に乗り続けた人が、公共の場に相応しくないという非難をうけたことがあるけれど、それを言うなら、電車内の雑誌の吊広告のほうがよほど問題であろう。誰でもできるゼッケンとは違い、吊広告は資力のある一部の者と勢力しか出来ないのだから。
 なので、放送法のように社内吊広告も、政治的平等についての規則を作るべきだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 日田こまち at 2014-01-06 23:21 x
「現代」「ポスト」から風俗をなくし、「女性が読める週刊誌」にすればいいのに。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-07 12:19
 「現代」「ポスト」も昔から権力媚び売り弱いものいじめ路線なので、記事も女性に対して侮辱的な場合が多くて駄目ですね。
Commented by ケーキイーター at 2014-01-07 18:52 x
「日本では何故大人が堂々とマンガを読んでいるのか」が何となく解るような気がする。「一般のこういう週刊誌を読むよりは、こちらの方がいい」って結論なのだろう。私もそんな内の一人かも。
Commented by ケーキイーター at 2014-01-07 19:00 x
去年ハマったのが『猫ピッチャー』。「ミー君かわいい~」なだけじゃないと思う。
Commented by 次郎くん at 2014-01-07 22:30 x
発狂してる時の日田こまちさんは相手にしないほうが良いですよ、皆様。してることは「肉屋を信奉する豚」なのに本人はおおまじめに「世界共産主義革命運動の前衛」と思い込んでいて、ワタシ、何十回とあの人には泣かされています。傍目で傍観者としての立場を貫ける人にとっては、島田洋七の漫才を見聞きするよりも何百倍も面白いでしょうけれど・・・・。何せただで披露してくれますから。

そんなときの日田こまちさんにこそ「パンとサーカス」を与えて、「●●先生」と呼ばれて感謝されまくてる凄い存在がこの世にはいるのですから、グルジェフの言葉ではないけれど「人間って面白い」です。

Commented by 次郎くん at 2014-01-07 22:46 x
文春とかブッシュ前大統領に関していえば、医学技術や科学技術を悪用する連中ですから、日田こまちさん・町山智浩さん・松嶋奈菜子さん、と比較すると「まだマシ」な存在なんですよ。
「未公開映画を観る」でもドジやらかしたんですけど、他人様が努力して発明発見した汗の結晶を無効化して恥じない連中ですから、悪用すらできない無能者ですよ、ホント。

マクロビオティック・ホメオパシー・千島学説・ラマーズ法などは、効能と限界の判別ができないカルトな狂信者が多いですよ。全く空想的平和主義者は困り者ですが、空想的軍国主義者にならないだけマシとして「人間いい加減史観」の視点から「他人様を善導すること」は諦めたほうが良い場合が多いですね。古今東西の聖者や覚者ですら、気を熟すまで待ってるんですからましてや、心理学の素人であるワレワレがね・・・。
Commented by nakatsu at 2014-01-08 08:34 x
電車内の広告と言えば、(吊りではありませんけど)去年の与沢翼のJRジャックが酷かったです。“秒速で○億円稼ぐ”だの本で…。しかもいかにも暑苦しそうな著者のご尊影付で。
広告費が3800万円だったそうですけど、JRも少しは広告主選べよと思いました。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-08 22:43
 漫画は、まだ面白いかどうかの尺度が生きているので、まともなのかも。
 窓シール広告は、だいたいが、金儲けとか健康とか何らかの啓発本のものだけど、それで売れるにしても、コストパフォーマンスが悪すぎですね。
 本を売りたいのではなく、本も団体などの広告かもしれませんが。
Commented by 次郎くん at 2014-01-10 02:45 x
1980年代当時は電車内のガセナタ悪質広告が楽しみでした、。不謹慎な理由ですが知人にはトラック運転手の仕事をしてるヒト多くて(日田こまちさんの先輩筋にあたる人々ですね)当時はアナログアマチュア向け警察無線を傍受して垂れ流すガセネタが仕事の合間の楽しみにしていた人々だったのですが、
ワタクシは家庭環境の悪さと身体障害から、彼ら彼女らの「仲間に入りたいならどうぞ」という慈悲の言葉と行動に応えられない悔しさも手伝い、ガセネタ会話について行く目的を明確にした上で電車の宙吊り広告を見ておりました。
Commented by とおりゆく小市民 at 2014-01-11 16:53 x
  女子向けの週刊誌もガセネタまがいの扇動的で無責任な記事が多く、読者の知的レベルが低下しかねない有害雑誌でしかないが、日田氏とオーナー氏はそれを知らないのか?それに、「女性セブン」や「女性自身」といったものは暇人でしかない専業主婦が好んで読む雑誌だったりする。あと、アエラは女尊男卑の色彩が強い左翼雑誌でもある。
Commented by 白田川 一 at 2014-01-11 17:12 x
  遅まきながら、新年の挨拶を申し上げます。
あまり真面目過ぎるコメントばかりでガチガチになるのもアレですから、ここでちょいと面白い無駄知識を…。
阪急電鉄の創始者と言えば小林一三ですが、彼が中吊広告の発案者と言われております。掲載に際してこのようなガイドラインがあったりします。

◎扇動的な報道を含んだ雑誌の広告
◎政治的・思想的・宗教的プロパガンダをにおわせる広告
◎景品表示法に抵触する広告
◎性差別を誘発してしまいかねない内容の広告
◎その他、満年齢18歳未満にそぐわない内容の広告(例・パチンコ関連)


  このようなガイドラインを制定している大手民鉄は阪急だけであり、草創期以来このスタンスをかたくなに守り続けています。これでも、私は鉄道に関しては色々と知識を有していますので…。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-11 22:54
 では、文春とか新潮の広告はどうなっているのでしょうか。
 
Commented by ケーキイーター at 2014-01-12 19:43 x
昔、週刊プレイボーイを立ち読みしたことがあった。どうしても読みたい記事があったの。政治家さん達の暴言集だった。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-12 22:01
 「失言からみた政治家の品格」という本を持ってます。政治家の問題発言集です。他にもいくつか同種の本があるようです。「戦後政治家妄言集」とか。
Commented by 白田川 一 at 2014-01-13 07:27 x
  書き忘れましたが、先に挙げた五項目ですがこれらは「掲載するにふさわしくない広告」であり、一つでも当てはまりうるものがあれば【アウト】となります。阪急は結構厳しいんですよ。まあ、文春や新潮は勿論でしょうけど、週刊ポストなどのほかのゴシップ雑誌もアウトでしょうねぇ。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-13 22:28
 それなら結構なことです。今度、阪急の広報に問い合わせてみます。
Commented by 通行人 at 2015-07-30 23:41 x
教養資料にどうぞ。
http://www.hankyu-ad.jp/trad/regulations/
Commented by ruhiginoue at 2015-07-31 04:30
資料ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-01-04 21:35 | 社会 | Comments(18)