コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

竹田恒泰の著書が売れているとしたら、それは『ジャパン アズ ナンバーワン』と言ってもらえなくなったから

 羽仁五郎というタレント学者の先駈けがいた。彼の著書で最も有名なのは『都市の論理』だろう。これを古本屋で見つけて読んだ。背表紙は日焼けして色あせ、紙はヨレヨレでクタビレタという感じで安かったが、読めればいいと購入し、読み終わったら捨ててしまった。主に講演の収録だからだろうが、興味をそそる内容が平易な文体で書かれていて、読み返さなくても憶えている。売れたのも解かると思ったものだ。
 これには、いろいろ興味深い内容があったので、大学の政治学のレポートで触れたら、提出したのち返却されると、その部分で担当の教授に「あーはーはー、懐かしい名前だー」と書かれていたのを、今も忘れていない。
 この『都市の論理』の中に、羽仁五郎が世界各地の社会主義国の政権与党機関誌を購読しているという話があり、その内容に彼はマルキストなので原則として好意的なのだが、それでも北朝鮮の政権与党の機関誌だけは駄目だとしていた。なぜなら、北朝鮮の政権与党機関誌には自慢が多いからで、自慢する者の言うことは信用できないということだった。まあ、これは常識からも同感だろう。

 ところが、最近は日本も北朝鮮化しているのだろうか。本屋に積まれている本に、タレント学者・竹田恒泰の『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』というのがある。日本では、自信があるほど謙遜し、自画自賛は控える、というのが美徳とされてきた。そういう伝統を、この元皇族子孫という人は知らないらしい。
 かつては、70年代末に『ジャパン アズ ナンバーワン』という本が外国人によって書かれて話題となったのだが、今では他から言ってもらえなくなったので、恥ずかしげも無く自分で言うようになってしまった、ということなのだろう。日本も堕ちたものである。
 また、竹田恒泰の著書に『日本人はいつ日本が好きになったのか』という本もある。言わなくてもよいことを、言わないといけなくなってしまった、ということなのだろうが、そもそも、好きなのはけっこうだけど、相手によっては好かれて迷惑な場合もある。こんな程度の低い国民に愛国者を自称されたら国は迷惑なので、そういう人は、愛するのは勝手だけど黙っていて欲しいというものだ。その観点で、『竹田恒泰はいつ華原朋美を好きになったのか』という本を出したほうが面白そうだし、絶対に売れるはずだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by りょうた at 2014-01-06 09:40 x
そんな素晴らしいはずの日本で、なぜ毎年3万人も自殺者が出るのかこの竹田とかいう人に一度聞いてみたいですね。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-06 23:03
 なんと答えるのでじようね。
Commented by 次郎くん at 2014-01-07 22:19 x
「日本の陰謀」なるサイトの受け売りではないですが、竹田さんの駄作は国家権力が税金投入して売れ行きを大きく水増ししてるとしかいえない状況ですね。

ホントは主宰者様が指摘されたデタラメ裁判官のところで書き込みしたら良かったのですが、裁判官を装った秘密警察の悪徳幹部だからこそああいうことができるのすが、秘密警察組織という世界しか知らない連中ですから、誤用組合の労組ボスと同じで、油断しまくっている様子でして、国際機関に提出する証拠は以外に簡単に収集できるものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-01-05 19:01 | 雑感 | Comments(3)