井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

脳血管障害と関係があるのかどうか

 知人の男性は、五十代の半ばの時、脳血管障害により大変だったと言っていた。
 それで気になるのは、病院に勤務している人からの指摘だ。これは、以前から言われてきたことであるし、その人も仕事で直接に大勢の患者や元患者たちと接して観察したから納得できると言うのだが、脳血管障害をやった人は、その後に妙なこだわりをもつようになり、変なことを信じ込んでしまい、そこから時には非常識な言動をするそうだ。
 そのことで、知人の男性は、病気をしてから十年ほど経過したさい、時々、突然、キレたともボケたとも区別がつかない表情と喋り方で、侮辱的な言葉を吐きかけるようになった。その前は、そんなことはなく温厚でひょうきんな人だった。それが急に「お前は駄目な人間だ」とか「それはまともに働いた経験がないからだ」と言い出し、もちろんそれは事実ではなく、むしろその人よりこっちは職業経験が豊富なのだが、そうした事実無根に加えて、「お前は働いたことが無いに決まっている。手術や入院ばかりしていたからだ」とコケにした。
 これは事実ではないことも問題ではあるが、むしろ事実だったほうが問題だろう。その原因が不幸に基づいていることをコケにしたわけだから。
 ただ、その人のその時の様子が異様で、直後に元に戻ったが、後にも時々、発作を起こしたように繰り返す。正常な様子だったら、こっちも怒ってその場で殴っていたはずだが、そうしたくなるような様子ではなかった。
 そして、その人は近所に住んでいる人と喧嘩をしたさい、暴力をふるい負傷させたとして逮捕されてしまい、彼の息子が尽力して解決したが、その対応に不満があるそうで、実は暴力的だったのは自分ではなく近所の人のほうだ、という真実を訴えたいのに無視されたから、なんとかならないかと言うのだが、なによりまず、他人が肉親の意思に背いて何事かをするわけにはいかないし、そもそも駄目な奴だと侮辱した者に相談するのが可笑しい。
 ところが、その可笑しさに当人が気づいていないので、また悪口という次第である。そして、脳の病気の影響なので説明とか説得は不可能だろうと、先の医療従事者から指摘されたのだ。
 そうかもしれないので、実に困ったことだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-01-14 22:32 | 雑感 | Comments(0)