コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

進歩的文化人のリトマス試験紙となった細川・小泉ニワカ脱原発漫才

 もしも、こんなことを言った人がいたら、どうだろうか。
 「極左は悪い。その最たる団体の中核派は絶対に許せない。だから中核派で主流になれなかったから離脱して中核派を最も厳しく批判している革マル派を支持する」
 絶対に、バカだと思われるだろう。しかし、同様なのが、小沢とか細川を支持してるい人たちだ。
 もちろん、中核派とか革マル派を知らないから意味がわからない人もいるはずで、同様に、自民党で何があったかという経緯を知らない、あるいは知っていても認識していないという人たちもいるだろう。
 しかし、自民党を批判して改革を訴えるポーズをとりながら、実質は自民党の別働隊のダミーでしかないという指摘があって、その通りだったという現実の証明が、最新版の「みんなの党」から過去に遡れば何度もあった、なのに、まだ騙そうとする図々しい人たちと、騙されている愚かな人たちがいるのだから、惨憺たるものだ。

 都知事選挙の細川・小泉連合に対する態度は、原発反対に限らない「左」的な言辞を並べてきた連中についてのリトマス試験紙だ。もともと、「進歩的文化人」という連中が偽者ばかりであることについては、多くの指摘があったが、今回は「まさかあの人まで」と驚かされる人たちが何人もいる異例の事態だ。それを見せ付けられるきっかけを作ってくれたのだから、細川・小泉の元総理の漫才には、皮肉ではなく感謝しなければならない。
 けっきょく、有名でマスコミに売れっ子だから成金という「進歩的文化人」にとっては、カッコイイ理念としての脱原発には関心があっても、生活不安を抱える多くの都民のための政策には無関心なのだろう。だから脱原発をにわかに唱えただけで他は賛否以前に政策が無く、アンケートで他の候補者とちがい無回答ばかりの細川だけど、平気で支持しているのだろう。

 ただし、すでにこういう指摘をしていた人がいる。
 
 「文化人か、フン。マスコミに蛭のように吸い付き、体制の中で首を鎖につながれ、空虚な自尊心と低劣なナルシズムに人生を浪費する。それが文化人って奴さ。俺がもっとも軽蔑する人種だね」
 これは手塚治虫の漫画『人間昆虫記』の中のセリフである。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-01-28 19:11 x
手塚治虫も、「教育」のための漫画しか描けない存在であったが故に、学閥893の一見正しく思えるウソの側を盲信して、本当に正しいことを証明した後輩の史料をドブに捨てたり、PTAのオバハン連中や当時の腐女子には勝つ気なかったので評価が低いです。もちろんサイテー男はあの白土三平ですが。この人、フツーの日本人男性と、西村真悟代議士のような存在とを同列に扱う過剰すぎる自主規制でしか歴史を描けない存在でした。日本人を去勢する役割は皆おんなじではないでしょうか。洗脳する読者層が違うだけで。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-01-26 21:50 | 政治 | Comments(1)