コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

舛添は悪い人だけど支持されると片山が証明している

 都知事選挙で最有力といわれるのが舛添元厚労相だが、これに怒っているのが、彼の別れた妻だった片山さつき自民党国会議員だ。
 彼女によると、舛添という人は家庭内で最低最悪だったそうで、個人的に不愉快な思いをしたというだけでなく、その内容から知事なんてとんでもないということだ。
 他にも、舛添という人は厚労相になろうという手前、自ら親の介護をして福祉の大切さが判ったと言っていたけれど、実は作り話で、きょうだいに押し付けていたという証言が地元であるそうだ。
 そんな人でも最有力なのは、もちろん自民党と、公明党の支持母体である創価学会の、強大な集票力があるからで、これに対抗して、たかが脱原発で統一候補という程度では太刀打ちできるはずがない。
 また、舛添という人そのものの人気もある。あんな無見識で差別的な言動をしていて、しかも壮絶というくらい不細工な男であるが、エリートコースを順調に来た人であり、不細工だから努力してきた人だということで、その内容を吟味せず、好意をもっている人がいる。そういう人が女性にも多い。
 恥を忍んで自分のことを言うと、かつて付き合っていた女性も、舛添に好意的だった。彼女は、前に付き合っていた男と別れてから怨み続けていて、それは舛添が片山と離婚したのと同じ原因だったというのに。
 なぜかというと、自分は片山ではないからということ。他人事だから関係ないそうだ。そういうところが自分としては嫌で別れたのだけど、自分のことなら許せないけれど他人事なら構わないという人は多い。
 ほかでもない片山も、自分のことでは舛添にいつまでも怨み骨髄だが、他人に対しては周知のとおり弱い者いじめ。そのことをいわれると、東大を出て官僚になって議員なったと誇らしげに言う。
 こういうことなので、舛添という人の性格がどんなに悪くても、それで支持する人はそんなに減らないだろう。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by あい at 2014-01-28 02:51 x
まだ片山さつきが新人で、彼女がどんな人格なのか知らなかった頃は同情しましたが、今となっては何も思いませんね。
Commented by ruhiginoue at 2014-01-28 17:14
 別れても、もともと似たもの夫婦だったような気がします。
Commented by 次郎くん at 2014-01-28 18:51 x
舛添も片山さつきも、してる行為が鬼畜だからこそ、プロ家畜に調教された連中は親しを感じて支持します、が正しいのではないでしょうか。機能不全家庭機能不全社会に関する本が参考になるかどうか判らないのですが、ええ、翻訳者が実は幅広い教養がなくて翻訳ミスを指摘すると逆切れする人々ですので、新曜社刊アリスミラー著「魂の殺人」「禁じられた知」、草思社刊モートンシャッツマン著「魂の殺人者」 戦後の日本の空想的軍国主義に割いた部分がほとんどないので、そのまま当てはめることはよくないです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-01-27 22:56 | 政治 | Comments(3)