井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

 都知事選挙では、どの候補者を支持するかとは別に現実を見て物事を言わなければならない。

 ここでもっとも馬鹿げているのが、一部の人たちが騒いでいる、脱原発で候補を一本化しろという主張だ。

 しかし、元自民党の舛添元厚労相と細川元総理とで保守系の票が割れたら勝ち目ありと宇都宮陣営はみているし、また政策のすり合わせもせずに野合したところで支持は得られないとも言っている。いっぽう、共産党と社民党に支持された宇都宮元日弁連会長と提携したら保守票が減るという判断を細川陣営はした。
 こうした明確な理由があって、両者とも共闘しないと決定して明言した。だから、脱原発の票が割れるというのは一部の事でしかないうえ、都政イコール原発でもない。地方自治なのだから、他にも色々な住民のための政策が問われている。
 
 つまり、一本化信者たちの主張は、現実を無視した荒唐無稽なものである。

 もちろん、一部で脱原発の票が割れもするが、その最大の原因は、山本太郎議員が俳優としての所属事務所を辞めるさい言ったように、原発批判は大企業の圧力で仕事を干されるからだ。それで、脱原発でも元総理の応援なら大丈夫、ついでに共産党と社民党を批判すればもっと安心、ということで細川になびいた「リベラル」な人たちがいて、こうも簡単に分裂したのだ。

 これだから、細川元総理に共産党も協力しろ、などと到底ありえないことを言う人たちがいるのだ。こういう人たちの多くは、ありえないことくらいとっくにわかっていて、ただ非難しようとして言っているだけだ。そんな人たちのことだから、細川が落選したら共産党のせいで票が割れたと言って非難するし、もし協力していたら共産党が足を引っ張ったと非難するだろう。どっちにしても非難するつもりなのが見え見えだ。これを共産党だって見抜いていて、大人の対応として無視しているのだろう。

 このおかげで、日和見的な処世術を駆使し声明の発表だけで権力と対峙しないブルジョワリベラル文化人たちの実態がまた暴露されたから痛快でもあるのだが、意外なこともあった。
 こうした文化人の最たる存在とされてたのが大江健三郎であり、これについては、音楽家の高橋悠治、新聞記者の本多勝一、TVディレクター岡庭昇らが、前から辛らつに批判していた。
 こんな大江健三郎を、なんと、都知事選最左派で中核派の鈴木たつお候補が、尊敬する人に挙げているから吃驚である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by りょうた at 2014-02-04 18:00 x
ツイッターだけを見ても、細川・小泉を支持するリベラルが結構多くて本当にびっくりします。
舛添をどうしても落としたいからと言って細川・小泉支持というのは本末転倒にも程があると思います。
そもそも当選したとして、本当に細川が脱原発をするとは到底思えないし、結局自民を支持して終わりなんだろうというのが目に見えてます。
Commented by ruhiginoue at 2014-02-04 23:32
 今日は雪で外出の用事を先おくりしたので、この問題について続けてブログに書きました。
Commented by keitan020211 at 2014-02-05 13:26
<りょうたさんへのコメントに対して>

>細川・小泉を支持するリベラルが結構多くて本当にびっくりします。
 所謂『抵抗勢力』であることをやめてその左翼的思想を捨てるのであれば良いことなのでは?
 常識のある人ならば舛添氏を支持しようとは思わない筈です。
 『原発ゼロ』とは言っても根絶は不可能です。それでも『ゼロ』と言わなければ何も始まらない。
 「現実的に脱原発」と言って今から考えることすらも始める人がいますか? 舛添氏も何も考えてはいないし他人事なのでそう言っているだけです。

 また、一度自民を出た人に再び自民に戻った人は殆どいません。稀な例は河野洋平氏などですが、石原慎太郎氏も戻らないし、細川氏も自民に戻るのはあり得ないでしょう。小泉総理は猶も自民党員なので別ですが。
Commented by とり at 2014-02-05 16:41 x
Twitter上で「細川都知事・宇都宮副知事だ」ってのがぽつぽつ出回ってますけど、細川氏当選を前提に考えれば、私は政策面から言って“細川都知事・舛添副知事”のほうが可能性が高いと思うのです。
細川氏の脱原発以外の政策は宇都宮氏より舛添氏に近いですし支援者は反共ですから。
あれだけ共産党をdisってる人達が、共産党推しの人物を副知事に据えることを容認するのでしょうか?
Commented by ruhiginoue at 2014-02-08 19:11
 いくらなんでも舛添なんて人を推すなんて、自民党は一度は復活したがいずれまた駄目になると読んだ小泉元総理が、息子のために新党を作ろうとしているのではないか、という推測をしている人もいましたが、それが当たっているかどうかはともかく、自民が衰退しているということはありえますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-02-04 13:28 | 政治 | Comments(5)