井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

どうして雑誌までヘイトスピーチをするのか 安田浩一氏の話

 『月刊『紙の爆弾』2014年3月号』(2014年02月07日発売)に、例の「在特会」こと「在日特権を許さない市民の会」を徹底取材した『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(日本ジャーナリスト会議賞および第34回講談社ノンフィクション賞受賞)などでしられるジャーナリスト安田浩一氏による記事【「ネット右翼」にとどまらない 大衆メディアにまで拡大する新たな「嫌韓中」の潮流】が掲載されている。

 いわゆるヘイトスピーチは、一部の人たちが騒いでいるだけでなく、週刊誌なども同様の煽り記事を掲載するようになっている、という問題について語っている。
 どうして出版物までこうなるのかというと、ソコソコ売れるうえ、取材の手間や経費がかからないため、コストパフォーマンスが良いから、ほんとうは品が悪くてやりたくないのだけど仕方なくやっている、と週刊誌の記者らが言う。
 しかし、このような商売をしていると、雑誌の取材力が低下し、どんどん質が悪化してしまう。

 こうした問題について、安田氏が雑誌むけに詳しく語ったのが先月末の締め切り直前であり、この録音をもとに「起こし」をして、喋り言葉を読む文章にするというなんとも手間のかかる作業を大忙しでしなければならないので、その急な話に大丈夫かという安田氏だったが、そこで編集長から電話があり、同席した自分が録音に基づき突貫作業を行ったという次第。
 こういうことは得意なほうなので、時々やっている。
 それはともかく、安田氏の話はとても興味深いので、ぜひ読んでいただきたい。先日ここでも、攻撃的で品の悪い煽りの見出しばかり躍る週刊誌について述べたが、どうしてそういう記事ができるのかという構造を、安田氏の話は暴いている。

 詳しくはこちらの雑誌サイトを参照してください


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-02-06 23:32 x
兎も角、ドイツや欧州先進国にならって、差別迫害するのを是とする政治勢力は民主主義の破壊者として法律で禁止すべきです!!これとセットで、帝政復古派・ローマ法皇親政派(日本では天皇親政派に相当)・悪平等主義者(共産党という屋号が当てはまるか否かは各国の自主性にまかせる、日本で言えば越後屋を名乗っていいか否かの感覚)も禁止の対象にしてるんですから中道公平なので賛成致します。
Commented by ruhiginoue at 2014-02-07 20:04
 雑誌記事に一つ誤変換があったので調べたら自分のやったことではなく編集作業中のものだったので安堵。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-02-06 15:40 | 社会 | Comments(2)