コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

花田紀凱に売り出してもらっていた鎌田慧

 「社会派ルポライター」鎌田慧の仕事仲間が、都知事選での鎌田の対応を擁護し、今まで社会派の仕事をしてきた人だから、と言っているけど、まったく違う。社会派のふりをして社会派ではなかったから、肝心なところでは権力に歯向かわなかったり体制に媚びたりしていたから、彼は有名になれた。そうしないと有名にはなれない。
 実際に、鎌田慧だの佐高信だの澤地久枝だのという「進歩的」「リベラル」な有名人たちより、よほど社会派の仕事をしている人たちは大勢いる。そのような、ほんとうに社会派の仕事をしている人たちほど、大手メディアから敬遠されている。頑張っても「ワーキングプア」で副業をしている人まで。これが現実である。

 具体的には、例えばこういうことだ。鎌田慧の作品に『弘前大学教授夫人殺人事件』がある。これは冤罪事件を扱いながら司法への批判が乏しい本であった。それを、渦中の人となった被疑者の人間を描いたということにした内容である。こうしておけば、社会派の体裁をとりながら権力には睨まれない。
 そして鎌田は、おかげさまで世に出せたと編集者に感謝の気持ちを文庫版のあとがきで述べているが、その編集者とはかつて「ミスター文春」と呼ばれた名物編集長で、現在月刊『WiLL』の花田紀凱(はなだかずよし)である。この人は、東電から広告をもらい原発事故の被害者を侮辱するような誌面を作っていることで知られているが、そういう編集者によって有名にしてもらい、それを平然と書いたというわけだ。
 また花田も、文春の中では比較的良識派と言われていた時期があり、それはこのような仕事をしたおかげであった。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by L at 2014-02-24 21:23 x
 こんばんは。
 例えば、奨学金のリンク先の三宅勝久さんは優れたジャーナリストですが、火中の栗は拾う、逆鱗は触る、虎の尾は踏む方なので、なかなかメジャーな活躍が出来ないようです。武富士を書いてSLAP裁判で苦闘する羽目になったり、自衛隊の陰惨極まりない実態や後ろ暗いことを暴いてきました。田母神をアパ論文の前から批判した人です。また、杉並で、オンブズマン的な活動をし、裁判まで起こしています(幸い勝訴した)。何度か、集会でお話を伺ったことがあります。
Commented by at 2014-02-24 21:24 x
 また、安田浩一さんも本は出ていますが、もっと評価され活躍していい方だと思います。佐野真一などのデータマンをなさることもあるようですが、ちょっと悔しい。何度か、集会でお話を伺ったことがあります。そうしたら、顔を覚えてくれて、目があったら”こんにちは!”と声を掛けて下さいました。一ツ橋でレイシズムの国際シンポがあり、彼もパネラーでした。いつも、”週刊宝石というちょっとエッチな雑誌で、皆さんが眉を顰めるような記事を書いていたしがないライターです”と自己紹介なさっていますが、堂々たるパネルでした。また、ハイソな仏現代社会学の教授とも古い付き合いだそうで、謙遜しすぎだよ!!と思いました。
 斉藤貴男さんも、書ける媒体が非常に少なくなったといっていました。
 彼らのような、”本物”がマトモに評価されないのは酷いです。
Commented by ruhiginoue at 2014-02-25 22:43
 真っ当な人は苦労しますね。
 安田浩一さんは、前に書きましたが、インタビュー起こしをさせていただいたさい、とても理路整然と話されるので感心しました。面白い話ばかりで、雑誌の掲載で選択に迷ったほどでした。
Commented by 次郎くん at 2014-02-27 22:32 x
主宰者様も皆様も「まっとうな人々」にもこういう視点論点はないし、そもそもの下記の「自己啓発」の教育を受けた経験がないから発想法もない残念ぶりですねぇ(高笑)

「神なる存在こそが、最悪の精神異常者である」とか「神こそが最低の毒親」であるとか「神ほど機能不全家庭のエコヒイキしまくりのバカ親の親玉」であるとの発想は。近代合理主義以前の社会ではこういう発想は当たり前だったですが。

参考になる資料として「阿修羅+宇宙一いい加減な博士」で検索と読書をなさって下さい。オレが全国精神病者グループの一部だけどトップクラスの皆様からオバカ呼ばわり幼稚な存在呼ばわりされた理由が理解できます。あの人たち凄かったです。

「お前未だに、ラーマクリシュナ関係の聖典とか、シャンカラチャーリャー関係の聖典読んでるのかい?ええ加減創価学会工作員の仕掛けた幼稚園児向けの囲い込みから抜け出る努力をしろよ。」でいじられまくりですよ。
Commented by 次郎くん at 2014-02-27 22:49 x
オレが現世で「リア充爆発しろ!!」と嫉妬に狂ったのは「阿修羅+宇宙一いい加減な博士」なる、本職は関東軍関係の軍医特務将校外科医で、悪の限りを尽くした上に、世間では正義の味方装いと同情買いの名人かつ、悟りを開いた存在だけです。

全国精神病者グループの一部のトップクラスの皆様は、某北近畿地方にある表看板外科医でオモテの建前は「日本トランスパーソナル精神医学会」に提供する人体実験のカルテの材料として提供する代わりにただ同然で日本で受けられる最高の治療を受けてまして「聖なる狂気」の発動に成功してました。

オレの近所には他にも何と、1968年当時またはそれ以前からその町一帯で関東軍特殊部隊つながりで「阿修羅+宇宙一いい加減な博士」の精神医学の治療を受けた患者たちが多いですよ。後で気が付く何とやらの幼稚さがオレにはありますけれど、当時のオレに不愉快な思いばかりさせやがったあいつらの言動からは何一つ「楽しい思い出」はないですが、世間の大半が」正常者で正義の味方と認知されている洗脳の名人どもが、その状況に満足しないで、地上における最高の精神の境地を目指した努力の形跡は認めないワケにはいかないのですよ。



Commented by 次郎くん at 2014-02-27 22:59 x
「阿修羅+宇宙一いい加減」の言動を一切信じてなんかいませんよ。ただ、オレの読書歴と体験から、これほど、B層とか低知能の連中に、精神世界の探索の努力に関して、やる気を起こさせることに成功した存在は、やまだかつて知らないということだけですね。

この点だけは、全国「精神病者」グループのトップクラスの「病識のある病者」の皆様方とも、オレをいたぶった某町内ぐるみの連中とも見解が一致致しましたですよ。

だから、悩めるエリート階級所属部下の相談に乗って上げて感謝される功績を積み重ねてきた存在でもある、池田大作先生・石原慎太郎元都知事・森喜朗元総理・安倍晋三現総理、に対しては一切羨望などないですね。だって正義の味方を装うのが「阿修羅+宇宙一いい加減な博士」なる関東軍特務将校の系列につながる存在と比較すると「善事は門を出でず」ですもん。
Commented by 次郎くん at 2014-02-27 23:12 x
全国「精神病者」グループの一部の皆様型の「聖なる狂気」の発動も凄いですよ。「宇宙からのメッセージ」の受信などと公言してますが、その中身は未だ活字化されていないサンスクリット文字記述でのチベット仏教の新らしい聖典に相当するのですよね。ダライラマ法王とは全く無関係のシューハのが多数派ですね。

でもこの人々も伝説の時代に1960年代から「阿修羅+宇宙一いい加減な博士」の存在を知ってはいたのですが(阪神タイガーズまたはサンテレビつながりか?)ただ知ってるだけで本腰を入れて、自殺した親友の供養も兼ねて実践し始めたのが1985年春からですね。

兎も角、スウェーデンボルグやヘレンケラーを、精神世界の最高権威というなのら、アンタ馬鹿よねオバカさんよね、最低の合格ラインでしかない存在であrことを理解しなさい、と何度もいじくられましたよ。
Commented by 次郎くん at 2014-03-11 19:31 x
全く、全国「精神病者」グループのトップクラスの連中は意地が悪いですね。2010年代に突入してからは、同じ体験をビスマルク風に普遍化できる存在である医療従事者の資格も持っていた「阿修羅+気まぐれな風」で投稿してる人物の住所と実名を教えてくれなくなりました。20世紀末にはこっちから安易に尋ねたら詳細を教えてくれる状態の時に詳しく聴くべきでした。ただ実体験は無料公開されてますから参考にするのは自由だ、で現時点では終了です。まあ現在アメリカで流行してる「新無神論」の連中が天下を盗って全ての聖典が焼かれて寺院もなくなったって構いませんよ。全国「精神病者」グループのトップの皆様の自信は科学的根拠のある自信ですから。

たった数十人のつねに意識をブラフマンと神(無振動状態)に同一化できる清い存在がいる限り宗教は不滅ですから。⇔それだけを宗教というんです。そうでない行為や物は全て政治の産物です。それと「科学」の歴史自体が「科学という名前」を装った学閥ヤクザの歴史であることは少し賢い人間なら理解して当然のことです。
by ruhiginoue | 2014-02-22 21:37 | 社会 | Comments(8)