コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

配偶者の指示で同級生と絶交した人の話

 卒業後にも付き合いがあった高校の同級生と、どうしても絶交しろと配偶者に言われ、そうしないと離婚だと言われたから従ったという人がいるので、その話を紹介する。

 結婚すれば、自分だけの身体ではないから大切にしないといけない、ということがよく言われるけれど、それと関係があった。その同級生は、付き合っていると命に関わる。それで、どうしても絶交しろということだった。
 こういうと、先ず思い浮かべるが、暴力団の関係とか、自動車の危険運転とかであるが、そうではない。食べ物のことだった。
 その同級生は、今も原発事故の汚染について無頓着らしいが、その前からそのような態度で、かつてBSEが問題になったとき、安全性の検査が終わっていない時期に、強引に焼肉屋に行くと言い出し、断っても無理強いしたそうだ。
 しかも、その時、一緒にサッカーJリーグの試合を見に行く途中だったのに、店の看板を見たら入ると言い出した。それも安かろう悪かろうで有名なチェーン店だった。
 サッカーのチケットを質にとって、どうしても付き合えと言う。命にかかわる病気の心配があるうえ、試合開始が近づいているし、腹が減っているなら早く食べられるものにすれば良いと言っても、「どうしても食べるんだあーっ。絶対に食べるんだーっ。食べると言ったら食べるんだああーっ」と目を吊り上げて語気を荒げたそうだ。
 そしてガラガラの店の中で、嫌な思いをしながら、肉以外のものを少しだけ口にしたが、その同級生は肉をガツガツと貪り食っていたそうだ。おかげで試合には遅刻してしまい、キックオフが見られなかった。
 これはどう考えても中毒だろう、と話を聞いて思った。その後、狂牛病には感染しなかったけれど、その同級生は栄養の偏りから肥満体になったうえ、そこから病気にもなり薬を飲んでいるそうだが、それでもまだ肉ばかり食べたがるのは相変わらずで、いつも奥さんに注意されているそうだ。
 この話を配偶者にしたら、絶交しろと言われたそうだ。同級生の奥さんは気の毒だが、自分で選んだ人なのでしょうがない。けれどこちらは他人で、巻き添えはごめんだ。それに、依存症にしても、また感染の率は低いとしても、程度の低い自分のわがままで他人を危険と不愉快な目に遭わせて平気でいることが問題だ。そんな人はもう友達ではないし、友達の家族まで巻き込むような人は、絶対に付き合っては駄目だということであった。
 そして、その同級生から電話がかかってくると、もう絶交すると配偶者が言うのも変なので、今いないと言って電話を切ってしまい、そのあと電話番号を変えて、必要な人にだけ番号を教えた、とのことだ。

 たしかに、サッカーの試合など一緒に観戦する人はいくらでもいるし、そんな異常な行動をして巻き込もうとまでする人は友達ではなく、趣味の仲間としても駄目だろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-02-27 17:16 x
>主宰者様の出された範例にならえば、躁病かつ多重人格を発症していて「お上意識」がぷんぷんで、日本を民主化しようと努力している人々に、警察ヲタクゆえの刹那的な快楽から食ってかかる状態に同一化してる時の、あの荒らしに成り下がった日田こまちさんと彼に群れる連中とは離れていろということですよね。

それにしても夫に正論を忠告できるマトモな妻がこの日本に存在することがオドロキですね。大抵の反原発活動家の女は、中露英朝韓盲従分子ゆえの「自称革命家」が多いのが困りものですが、そうでない女性もいるということでチョット良い話をありがとうございました。
Commented by ruhiginoue at 2014-02-27 22:18
 駄目な付き合いをやめることについて、自分で踏ん切りをつけることは困難だから、そういうときこそ配偶者の出番でしょうね。
Commented by 比呂氏 at 2014-02-28 19:22 x
焼肉屋の看板を見て急にモヨオシタにしても我慢できないわけありません。他に食べる機会はいくらでもありますから。
その同級生は食べることに不安だったから他人を巻きこもうとしたのです。家族にとがめられたら、誘われて付き合わされたという言い訳に利用するつもりだったのです。
そういう最低の人はどこにでもいます。
これに奥方は気づいたのでしょう。客観的だったから。それで絶交しなさいと言ったのです。
Commented by ruhiginoue at 2014-02-28 21:58
 なるほど。そうではないかと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-02-26 20:17 | 雑感 | Comments(4)