コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

プーチン大統領の軍服姿

 ウクライナ情勢での強硬姿勢により、ロシアのプーチン大統領の支持率が上昇したそうだ。
 もちろんウクライナ当地には、欧米メディアの受け売りをさせられてばかりいる日本の報道とは異なる事情があるだろうが、そもそもロシアでは、ゴルバチョフ大統領・エリツィン大統領の時代に、政治改革はけっこうだが欧米に妥協しすぎではないかという不満が鬱積していて、それでプーチン大統領が強く出ていることで受けている。
 プーチン大統領はKGB(国家保安委員会、現FSB)に勤務していたと知られていて、よくKGBはアメリカのCIAやFBIのライバルとみなされ諜報機関とか秘密警察と言われてきたが、実際は軍の組織であり、だからプーチン大統領は柔道が黒帯とかジェット戦闘機の操縦ができるなどを誇示することで強い指導者をアピールしてきたし、過去の写真のなかには軍服姿のものも公開されている。

 古いハリウッド映画で『テレフォン』という作品があり、ソ連で反乱が起きてアメリカに密入国した者が破壊活動をすることで両国の外交をぶち壊そうとしたため、KGBの将校がアメリカに派遣されて退治するという話だが、ここで主人公に扮するチャールズ・ブロンソンが、密命を受ける場面で軍服姿だったから、正確な描写をしていたというわけだ。

 またロシアの活劇映画『大統領のカウントダウン』では、テロリスト相手に大立ち回りする元諜報部員の活躍がジェームズ・ボンドというよりランボーに近かった。テログループがサーカスのテントを占拠して大勢の観客を人質にした中に離婚した元妻と娘がいて、最愛の一人娘を助けるため引退していた主人公も闘うことにするというのだから、アメリカ映画の『コマンドー』でアーノルド・シュワルツェネガーが扮する元隊長と同じような設定であった。

 ただ、強い指導者はけっこうだが、だから元軍人が良いわけではなく、『エアフォースワン』というくだらない映画でハリソン・フォードふんする元軍人の大統領は空々しかったし、オバマ大統領の支持率低下は、もともとは平和志向でイラク戦争にも周囲に流されず批判した姿勢が評価され、またノーベル平和賞も受けたのだが、大統領になってから次第に流されてばかりいるようになってしまいガッカリされているのだ。

 また、情けないのが安倍総理で、強いのではなく強がっているからみっともない。プーチン大統領は実際に操縦して見せているのに対し、安部総理は操縦席に座ってポーズだけ。そんな写真なら航空ショーでガキのころに撮ったのがあるから、自分でも持っている。持っている人は大勢いるだろう。
 そして今にも下しそうな腹を薬で抑えながら強がってみせる安倍総理は、カツカレーだの天麩羅だのと消化がよさそうではないものを食って話題になっているが、アジア諸国が相手だと強がるけれど、アメリカから反発されると弱腰になるネトウヨ同然の態度だから、このほうがよほど問題だし、恥ずかしい。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by at 2014-03-11 21:33 x
 こんばんは。プーチンはいやな奴だと思いますが、外交も内政もなかなかうまく立ち回っていると思います。アレは事前にG2なる打ち合わせをしていて出来レースだったそうですが、シリアの件もオバマを立てつつ都合の良い方に持って行きました。今回の件もクリミアを確保し、一応橋頭堡にもなったので現段階では我慢できるところでしょう。中国と同じ戦勝国同士と誼を通じたり、インドとも兵器輸出などを通じてよろしくやっているようですし、安倍にも粉をかけてソチに来させたり、”オレを罵倒したらお前は本当に独りぼっちになっちゃうよ?”と今回の件で安倍をモニョモニョさせ、石破に至っては擁護させておりました。
Commented by at 2014-03-11 21:34 x
 去年、安倍が靖国に行く前、とある新聞記者の方が”安倍一派は、「アメリカ何ぼのもんじゃい!」”と言っていると仰っていました。
 前回は小ブッシュに呼び付けられて慰安婦問題についてかなり明確な謝罪をさせられました(ブッシュに謝ってもしょうがないわけですが)。最後の所信表明でも米等へのインド洋での無料給油が潰されたことをくだくだ残念がっていました。
Commented by at 2014-03-11 21:34 x
 しかし、今回は毎日吸っているラドンの放射能が効いているのか、アメリカに対しても結構強気みたいですよ。メディアを抑えて支持率が高く、野党が30人くらいしかいなくて、財界が応援していて官僚が(嫌悪しているものの)こいつならなんでもやれると喜んでいるのですから、”最高責任者”と舞い上がるのも自然です。”ゆっきー”とは大違いですね。安倍一派は、アメリカに対しても”先生の言うことを聞かない生徒”ぐらいの態度を示せるでしょう。オバマらも「14才のガキが生意気言うんじゃない、馬鹿野郎!」とぶん殴ってやりたいでしょうが、生の先生と同じで後のことを考えると、そうもいかないというところなんでしょう。極右排外主義、サ条約否定の歴史修正主義、タカ派国家主義が上から下まで力を得ていると見ては、”何ぼのもんじゃい!”相手に、ビシッとやって日本の反米意識が目覚めるたら嫌だなということなのでしょう。でも、オバマはよほどドローンを使いたいのでは。ま、太平洋の真ん中で、(ステルス攻撃を受けて)政府専用機が蒸発しても驚きませんが。
 
Commented by ruhiginoue at 2014-03-12 23:22
 そういえば、インドが出資してロシアはT50戦闘機を作ってますね。
 安倍一派も、あまり調子に乗ると「シリアナ」のラストシーンのようになるかもしれません。
by ruhiginoue | 2014-03-10 19:56 | 国際 | Comments(4)