井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

もしも地下鉄サリン事件でオウムの弁護士が被害者に過去は水に流し前向きになれと言ったら

 あの地下鉄サリン事件の日がまた巡ってきたけれど、卒業式の日で、千代田線に乗っていたから、混乱に巻き込まれてしまった。駅の周りに白装束の防護服を着た人たちが並んでいたのを見て、まるで映画「カサンドラクロス』だと思ったものだ。
 あれから時間の経過とともに事件は風化しつつあるといわれるが、被害や恐怖を受けてしまった人たちは、それから時間は止まったままだという。これは、事件とか事故に遭ってしまった人たちには共通のことだ。

 これについては、自分の防衛医大の事件も同様だが、しかし、防衛医大の訴訟代理人をしていた元高裁判事で銀座ファースト法律事務所を経営する田中清弁護士は、過去ことは水に流して前向きになればいいと言い放った。裁判所に提出する文書にまで書いた。
 もしも、オウム真理教の訴訟代理人の弁護士が、地下鉄サリン事件など一連の被害者に向かって同じ意味のことを言ったらどうか。おそらく非難轟々だろう。しかし、田中清弁護士は権力の側についているので、そのような驕った言動が出来るのだ。

 現に、医療裁判は終わったが、その後、銀座ファースト法律事務所のほうが、依頼人からの業務への苦情をインターネットに匿名で書かれたことを、前に訴訟で対立した相手方が中傷誹謗で書いたということにしてしまい、それを事務所のホームページに記載し、そこに当方の実名が書かれていたから、名誉毀損でまた訴訟となったのだった。つまり原因を作ったのは田中清弁護士のほうである。
 しかもその投稿内容とは、事務所の内部についてまで書かれていて、事務所内に入ったことがある人でなければできないことだった。だから、実際に依頼人から不満や苦情があって、そのことを誤魔化そうとしてのことではないかと疑われた。

 そして、銀座ファースト法律事務所は、訴えられた後からホームページを書き換え、これに応じて東京地裁は、後から書き換えたけれど最初からそう書くつもりだったらしいから良いという判決。トンデモ判決だが、控訴審はさらにひどかった。
 なんと東京高裁では、裁判長が法廷で笑いながら、判決文を書く右陪席判事に「田中先生は元高裁判事で、退官後も政府の委員や国賠訴訟で国側代理人をしていることを配慮しなさい」と露骨な指示をし、傍聴席から怒りの野次が飛んだ。そして判決は、反論をしただけなので名誉毀損ではない、という判断遺脱であった。問題になっているのは反論の内容ではなく、行為者を別人とすりかえたことだったのに。
 このように、権力の側に立っているから、悪辣極まることをしても不正によってお咎めなしとなり、そこから驕った言動をするのだ。

 ただ、このような田中清弁護士の驕った態度によって、防衛医大の関係者も怒ってしまい、情報を提供してくれたり真実を率直に語ってくれたりで、おかげさまで当方の勝訴に貢献したのだから、田中清弁護士には感謝しないといけないのかもしれない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2014-03-21 23:56 x
 私は小学校の時の先生を未だに怨んでいるんだけどなあ。高校生の時に一人だけ「こういう人って、いわゆる先生なのかな」と思わされた先生がいたけど。
Commented by ruhiginoue at 2014-03-24 01:12
 マルコムXが言ってました。
 蛇に咬まれたことのある人が、蛇に注意しようと言ったのに対し、悪口を言われたと蛇が怒ったら、どうだろうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-03-20 23:40 | 司法 | Comments(2)