井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

今の共産党にとって吉良はスター議員だから

 猪瀬都知事辞任とまでなった「選挙資金の不正」は、昔から政治の問題として騒がれてきたが、しかし、そもそもこれは「選挙資金は不正」の間違いだろう。資金がないと議員や首長になれず、ほとんどの「有権者」にとって参政権は一票だけ。これが民主主義だと思わされているわけだ。
 ところで、その政治資金の不正疑惑をもたれたのは『週刊新潮』に書かれたことがきっかけということだから、政府は「みんなの党」を潰しにかかったということではないか。そういう情報提供を、また同誌にしたのだろう。

 この『週刊新潮』 は、遠くから望遠で撮影して拡大したらしいことが映像から判る写真を掲載し、また同じ筋から提供されたのではないかと言われている。それは吉良よし子参議院議員が男性とチュッという場面だった。共産党のスキャンダルを狙ったと思われるが、独身なのであまり響かないだろう。
 前に、民主党前幹事長の細野豪志議員が路上チューを撮影されて打撃だったが、それは彼が既婚者で、子供を抱いた写真を宣伝に使うことで良き家庭人というアピールをしていたからだ。そのうえ相手が相手で、よりによって山本モナだった。

 これで思い出したが、石原慎太郎もと都知事は、自民党の国会議員だった当時、テレビで、当時旧社会党の委員長だった土井たか子議員と一緒に出た後、土井さんと話してどうだったかと久米宏アナウンサーに訊ねられたら「接吻したかった」と答えていた。こういうことは所属政党とかイデオロギーと関係ないということか。
 だから、独身女性の議員でも、ファンがショックを受ければ、少しは影響があるかもしれないとの意図だったかもしれない。今の共産党にとって、吉良はスター議員だから。選挙の前宣伝のポスターにも駄洒落で星☆☆を付けていて、共産党にしては珍しく遊び心があると感心したものだった。





人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-03-28 08:00 x
吉良よし子、大したことありませんね。ようやく日共が時代劇を史実とステマしまくった電波ゆんゆん武道家の南郷継正(鹿児島に近い都城出身の東国原とは生活圏が違いますが、その師匠的存在ですな)のレベルにようやく達したかという段階、あいつらが当たり前のこと=三一新書から処女作が出た1970年代前期に共闘してれば、今頃は与党第一党になれてたでしょうに。所詮は田布施部落民と東北健児のプロ奴隷育成同盟の操り人形でしょ、日共なんて、テレビヲタクやアキバ系連中に対する政策で、角栄や小澤よりはよりマシな時代があったというだけで。
Commented by 白田川 一 at 2014-03-28 09:39 x
>次郎くん様

  今の時代の若年層と言うのはテレビ離れがひどいので、ネットオタクやゲームオタクが大半となっているのでは?ただ、ネットオタクほど、案外、日共のネット戦略に乗せられて票をやるようになるのではないかと…。ヤフー知恵袋では、日共の工作員と思わしき人物が跋扈(ばっこ)してますから…。
Commented by ruhiginoue at 2014-03-28 12:02
 それでも、ようやくここまで回復したということかな。
Commented by 次郎くん at 2014-03-29 12:28 x
>白田川殿、仰る通りですな、ただ安倍総理こそが日本に於ける「世界共産党日本支部」の本当の党首であることをお忘れになってはいけません。その動かぬ証拠と致しましては、安倍総理はある有名人に対して絶対服従を究極の歓びとしてるからです。そのお方とは独立インドの初代総理であったネルー総理であり、彼の実像は日英関係についてはどちらでもない中道派でしたが、親スターリン(親トロツキーでもあります、部下の面倒見は良かったですから)親フルシチョフ親ブレジネフでソ連からの援助を受けての高度経済成長政策を展開したために、一族全員が悲劇の英雄扱いに、この地球上ではされています。「大森勝久評論集」ばかりでなくて、放送大学の劣化コピー丸写しでしかないウィキペディアですら珍しく参考になりました。
Commented by 白田川 一 at 2014-03-30 07:30 x
  それほど色々と精通しているのであれば、御自身でブログでも立ち上げたらいかがでしょうか?ネット上で「反左翼ブログ」はほとんど無いに等しいようなものですし・・・。

  学歴偏重だったり御上意識を流行らせたりしたのも、左翼連中のようなものでしょうし、「百悪あって一善なし」というよりないですね。
Commented by 次郎くん at 2014-03-31 19:01 x
>白田川殿、そうするべきだとは思ってますが、2018年以降になるでしょう。なぜ遅れるのかと申しますと、最初は2chなる「右の左翼のための巨大掲示板」hを克服する目的で立ち上げた種々のブログが、白田川殿もご存じの通り、悉く討死してるからです。運営資金と保管資金の問題で、左翼に転落=この場合はプロ家畜投稿枠とロボット人間投稿枠とに乗っ取られることになりました。特に「るいネット」と「阿修羅掲示板」が顕著です。

本能と直感を磨く方法は、この次郎は苦手分野であり、若いころ図書館通いして告発本を読書して比較検討して格付けする方法のみ得意ですから、左翼の罠にかかってしまう危険性を常に孕んでいます。それで現在まで体力勝負の面も考慮して延期延期の連続がここ10年来の愚かしい選択になってます、反省です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-03-27 20:42 | 政治 | Comments(6)