コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

冤罪がなくならないのは司法制度が悪いだけでなく人権擁護運動が間違っているから

 袴田事件で大きな進展があったが、どうして未だにこのような事件が解決しないで、さらに事件が起きるのかも考えなければならない。
 よく言われるのは司法制度の問題だ。これについては、すでに色々な方面から指摘がされているから、それらと重複しないよう別の視点から、かつてここでも、いくつかの問題を話してきた。例えば「袴田事件とヒラメ判事と法学部」【参照】など。

 この一方で、カウンターとなる人権擁護運動がまるでなってないから、権力犯罪はやりたい放題できるという実態についても、色々と述べてきた。例えば極左の過激派だった老人たちが、運動していると言いながら実は運動の妨害をしているということについて、「赤軍派の元活動家が作った人権擁護団体『国賠ネットワーク』内の異常すぎる感覚」【参照】など。

 このほかに、とても醜く悲しい現実がある。
 山田風太朗の小説に、理不尽な裁判で刑務所に入れられた男が、出所後に、自分と同じ破目に遭う人たちを見て喜ぶようになってしまい、悲惨な体験をしたために人間性が荒廃してしまったのだ、という話があった。
 これは実際に、そんな人たちが人権擁護運動の中には大勢いる。これでは、まともに運動などできないどころか、逆になってしまう。先に挙げた老人についても、批判したことに対して、極左の体質というだけでなく、そうした人間性の崩壊があるのではないかという指摘を受けたことがある。

 また、冤罪の被害者だけでなく、重度の身体障害者が他人の不幸を嘲笑しに来る。例えば、今でも思い出すとその醜い態度には嫌悪感だけれど、そんなことをするしかない気の毒さも感じた男がいた。生まれつきの脳の障害で全身の動きから言語まで不自由で、懸命に身体を動かして、また、懸命に言葉を話し、付け回したり、搾り出すようにして侮辱の言葉を発したり、そうしながら、権力犯罪の被害のため人生が狂ってしまった者に向けて、顔の表情を歪めながら嫌らしく笑って見せていた。
 この男は、例の南極に持って行く人形などを身障者割引で買っていたりするという話を、なにかのはずみで口を滑らしたことがあるけれど、それはしょうがない。しかし、囚われの身になり婚約者と別れ、自由の身になった時にはもう歳をとっていた、という人をあざ笑う自慰をしていたから、同情できなくなった。そんなことのために、人権擁護運動の集会に来るべきではない。

 しかし、本当に問題なのは、そうしたふざけた連中にとって居た堪れなくなる雰囲気に、どの運動もなっていないことだ。そして、市民の中に真に対抗する勢力が強く大きな潮流として存在しないので、権力は安心して腐敗し、人権侵害のやりたい放題が続くのである。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-03-28 23:22 x
>主宰者様、それは少しだけ違うでしょう。「最悪」の状況について考慮しませんと。冤罪が起こる理由は、冤罪事件で「偽装死刑執行」された被害者も含めて、敗戦後の日本に対してGHQが民主化で与えてくれた「権力犯罪者どもの個人責任を問う様々な法律」を執行させない=無効化させる目的で、ぐるみで元特高警察の連中が復活させた究極の悪の組織の構成員に関係者全員が独占何とか劇場支配されていると考えなくてはなりません。

兎も角、増尾由太郎著「誰も書かなかったケンカのしかた」と「知的闘争術入門」を熟読して実践に移さないと、中身は生活保守な典型的関西人インテリ゙ヤクザよりも格下の行動しかできなくなるのが現状です。
Commented by ruhiginoue at 2014-03-28 23:30
 それは前提としてありますね。
Commented by 白田川 一 at 2014-03-29 09:13 x
  冤罪の事例の多発と警察・検察の悪辣化は、どちらも犯罪被害者の所為と言うべきなのでは?日本は何かと犯罪被害者を甘やかし、被疑者に対して棄民扱いにする異常さがあったりしますよね。単に国に対して賠償させるだけでなく、冤罪を誘発した過失のある犯罪被害者に対して刑事責任を問う制度を整備しないと、いつまでたっても冤罪の事例をゼロにすることなど出来やしないのでは?
  痴漢・盗撮の冤罪が多発しているのも、日本女子の甘ったれの所為であり(甘やかしているのも創価公明と矯風会の所為)、消費税の増税負担分も女子に背負わせないと溜飲が下がりそうもない。


  ところで、犯罪被害者を甘やかしたり被疑者に対して白眼視むけたりするのは、右寄りに多いのでしょうか、左寄りなのでしょうか?
Commented by 次郎くん at 2014-03-29 12:11 x
>白田川殿、ご指摘の連中は左寄りと決めつけて構わないでしょう。それが正解の理由と致しましては、この連中の精神構造が、命令を下すエリート秘密警察官どもに絶対服従状態を精神の安定と感じるロボット人間(機械的人間)もしくはプロ家畜だからであります。

では右寄りとは何かと申しますと、野獣的人間とか動物的人間になるワケですが、この連中は自己防衛本能は壊れていません。ゆえに本能の壊れた存在であるプロ鬼畜ことドキュン(DQN)どもも左寄りということになり、プロ家畜とドキュンの間の争いは左寄りの連中の内ゲバということになります。
by ruhiginoue | 2014-03-28 22:52 | 司法 | Comments(4)