井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

共産党の「アメリカの言いなり もうやめよう」で思う

 住宅地の側の道を歩いていたら、政党のポスターが貼ってあるのが目に付いた。その一つに共産党のものがあって、こう書いてあった。

 「アメリカの言いなり もうやめよう」

 もっともだし、右翼とか左翼とかの人たちも同感だろう。自民党などにいる一部の媚びて利益にしている人と、権勢とか強者に擦り寄る性質の人たちを除けば。

 ただ、これを実行するにはプーチン大統領のようにしなければ無理ではないか。共産党はクリミア情勢でロシアを批判しているが、あれくらいのことをしなければ、アメリカの言いなりになるしかないのではないか。

 これが一昔前の冷戦時代だったら、アメリカからの従属を脱しようとすれば、田中角栄総理のように中国との関係を深めて、これが原因でアメリカにより失脚させられたというわけだし、いっぼう共産党はアメリカを批判すればソ連の手先だと誹謗され、自民党とマスメディアと統一教会などの右翼カルトから総攻撃されて、警察が選挙運動の妨害をしたうえ、それを民主主義と自由を守るためだと正当化されたものだった。

 だから、その昔の記憶があるので、共産党はロシアを批判していて、時代遅れの印象を与えている。そして、口で言ったりポスターに書いたりするのは簡単だが、実現する具体的な策が無いという批判に曝される。

 これは自民党も同じで、例によって石破茂氏が、自衛隊を外国に派遣するのと同じだと牽強付会してロシアを擁護するような発言をし、これを共産党に批判されたが、石破氏の意図は集団的自衛権の口実にするためロシアがウクライナ情勢でしていることを引き合いに出しただけで、集団的自衛権はアメリカの要請なのだから、結局はアメリカに従属ということであり、滑稽でしかない。
 また、国連でアメリカが同調させた国々とともに非難決議をしようとしたが、ロシアは拒否権を行使して潰してしまった。これが日本には出来ない。そういうことまで石破氏は考えないで口から出任せの発言をしている。

 また、イラク攻撃をやめるよう「私ならブッシュ大統領を説得できる」と大見得をきった小沢一郎氏は、その前に、病院に乱入したイラク兵による乳児大量虐殺を目撃したクウエート人少女の涙の証言という捏造ヤラセに基づいて、実質はアメリカである多国籍軍とイラクが戦争をしたさい、その戦費の130億ドルをアメリカに要求されたうえ、金額に驚いたら脅迫までされ、すると自民党の幹事長だった小沢氏の決断により言いなりに金を出した。これでよくも「大統領を説得できる」と抜かせたものだが、自民党から喧嘩して出たら途端に自分がやってきたことを批判し、原発に反対するなどし始めたのだから、そういう人なのだろう。

 この件で小沢氏を批判していた石原慎太郎氏だって、『NOと言える日本』という本を書いて(口述筆記らしい)反米ナショナリズムを煽りながら、いざとなったらNOとは言わず、イラク戦争を積極支持していた。

 つまり、アメリカに従属するなと言うけど、日本の政治家たちは言うだけで実行する気はなく、それはまともにやっては不可能であるからで、だから本当にアメリカの言いなりにならないようにするためにはプーチン大統領のやっているようにするしかないということの、これは証明ではないだろうか。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-04-15 18:12 x
いえいえ、「日本共産党」はもっと「アメリカ盲従分子」になってこれを徹底させるべきです。ラルフネーダー師とかの向こうの民間人の民主化グループとの交流があまりにもなさすぎる、ガキナショナリズムで浮動票を得るしか能のない政党です。「日本共産党」と比較すると、代替医療の運営財政に優しい政策をとる、共和党茶会派や二代目ブッシュ政権や自民党橋本龍太郎派のほうが縦割り社会が弱いのでよりマシです。

また「日本共産党」「社民党(社会党時代から」の態度も異常です。上層部が発音はイギリス式の英語が第一外国語で望ましいとの答えに現場は盲従しているので、上意下達の縦割り社会です。

これに対してブッシュ大統領の一族は人相風体は向うに帰化できた日系人エリートと似通っており(昔のアメリカのマスコミの宣伝像に近いです)一族の第一公用語もスペイン語で、不規則な個所を直した完全に規則性言語なスペイン語です。二代目ブッシュ政権から大統領府のHPに完璧規則性スペイン語が第二公用語として併記されることとなりました。エスペラントに一番近い他の言語は完璧な規則性スペイン語なので、「マスコミに載らない海外記事」を、この次郎はかなり信用をおいておません。
Commented by 白田川 一 at 2014-04-15 20:09 x
  「米国の言いなりになるのは、やめよう」と言っておきながら、あろうことか志位氏はオバマ氏あてに賞賛の親書を送信したことには激しく失望した。あれは広島・長崎に対する【裏切り行為】であり、結局は【リップパフォーマンス】でしかないようなものかと勘繰りたくもなる。これでは創価公明と全く変わらないし、存在意義も認められたものでは無い。戦時中の時に完全に息絶えてしまった方がよかったぐらいとも思えるものがある。
Commented by ruhiginoue at 2014-04-15 21:30
 スポーツのガイジン助っ人の選手と監督みたいに、より進んだ国から顧問を招くことを、政党や労組もやったほうがいいとは前から思っていました。

 オバマ大統領は期待が受賞理由のノーベル平和賞を見事に裏切りましたが、その前にも「アメリカは反民主勢力や共産主義と闘い勝った実績がある」と演説していたのだから、その点でも日本共産党の対応は間違ってました。
Commented by 次郎くん at 2014-04-17 00:58 x
>主宰者様 突っ込みかましてよかですか!
バラクフセインオバマ大統領の演説はボケてますね。1950年代から1960年代にかけてのアメリカ政府の転向工作としての名文句に「マルクスやレーニンの理想とした未来像を一番実現したのはアメリカである、だから味方になりなさい」を受け入れて転向どころか解散までした党派もありました。その詳細一覧は久慈力(くじつとむ)氏が詳しいです。でも1978年製のまとめだから本人が忘れていたりして。「自称人権活動家」の千代丸健二氏のように1970年代後半は当時の全国精神病者グループの皆様から現人神あつかいで尊敬されていた存在が、最晩年には老化と劣化しまくって「リッパなケイサツヲタク」に成り下がった例もありますから。
Commented by ruhiginoue at 2014-04-17 22:13
 千代丸健二氏は、ある刑事事件で裁判所に傍聴に来ていたのを見ましたが、そのあと他の傍聴者や被告の弁護士の前でわけがわからないことを延々と話してました。
Commented by ケーキイーター at 2014-04-27 00:47 x
「アメリカのいいなりはもうやめよう。」ということで、安倍さんはオバマさんと一緒に、いなり寿司を食べる。ということは無いだろうなあ。
 ちょっと眠いので、このコメント。
Commented by ruhiginoue at 2014-04-27 21:08
 そんなことがあったらキツネに化かされた感じでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-04-14 22:20 | 政治 | Comments(7)