井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

軍隊も学校も過去を美化して懐かしむ人たちばかり

 「体罰」で高校生が自殺した事件があった。これは実際には体罰ではなかった。何も非の無い生徒が執拗に殴打さてれていたからだ。部活の顧問が恐怖支配するためにキャプテンの生徒を見せしめにして痛めつけていたのだった。

 この事件について、先日、犯人の部活顧問と同世代の男が、悲劇だと言いながら、かつて自分が野球部員だったとき、顧問から理不尽に殴られた話や、同じ部にはヘルメットで頭を殴られ、頭部を守るべき物によって逆に脳に重症を負わされ、一生障害が残る人までいたという話をしていた。

 ところが、その話をしているさい、怒りが込み上がってくるような様子ではなく、やけに懐かしそうで、楽しい思い出を語るという調子でさえあった。ちょうど、戦争と軍隊の体験を語る老人のようだった。
 いちおうは、とんでもないこととして話してはいるのだが、問題意識にまでは達していないということだ。過去のことであり、今後のことは自分とは関係ないというわけだ。こういう人は、前に他でも見聞きしていたから、少なくないはずだ。

 これだから、軍隊でも学校でも、悲劇が発生しつづけるのだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 白田川 一 at 2014-04-18 06:40 x
  美化をすると言うならば、それだったら左翼並びにフェミの方がより一層性質(たち)が悪い。やつらは何かと他の真似をしてでも卑怯な勝ち方を好むものであり、薩長や軍部の真似をすることで自己正当化を図ったりする。おまけに、米国のフェミニストによる助力で増長するところは、売国的でもある。
Commented by 次郎くん at 2014-04-18 15:34 x
>白田川殿、脳筋オヤジどもの後継者が、左翼と悪質フェミですから、個人責任を取らせるための法律の運用方法は大半が同じなのです。後継者どもが前任者どもとはとっても仲良しで、下半身接待交流をしているとしか結論づけれない事例も聞き及んでいます。米国のチャールトンヘストンとかカークダグラスのような連中の支援ばかりでなくて、ロシアのネオKGBや中凶・北朝鮮・韓国・日英友好協会からも支援を受けていることをも堂々と開き直って公言する連中でもあります。

ただこいつらには「ブラフマンに意識を同一化せよ」との発想法はみじんも出てこないですから、平安なる精神状態とは真逆の存在ゆえに「ザマーマロ」と痛感して行動しております。所詮奴らの幸せは豚犬レベルですから、人間じゃありませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-04-15 21:17 | 社会 | Comments(2)