井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

野口英世の貧困な発想

 昨日に続いて野口英世の話である。
 野口英世は努力しても駄目だった人として記憶されるべきなのに、勉学で努力することにより家庭の貧困を克服した人と美化されてきた。
 昔は、ノーベル医学賞の候補になったとかで名をあげたことが重要だったのだろう。かつてノーベル賞は新人を励ますために授与されたが、後から研究の誤りがわかることがよくあったので、賞の権威を守るために評価の定まった老境の人にばかりとなったそうだ。

 そんなことを言っていたら平和賞なんて間違いばかりで、最たるのは安倍総理の親戚である佐藤栄作総理だが、これは選考委員たちが後から「騙された」と言っていた。そしてゴルバチョフ大統領は、受賞した後に欧米に良い顔していると国内から批判されていて、ロシアからの留学生や移民たちが怒って批判しているのを、大学やカナダで聴いた人も少なくない。それで今ではプーチン大統領があの通りの強硬さである。また、オバマ大統領なんて受賞後に巡航ミサイルを撃ちまくって見事に期待を裏切った。

 なにより野口英世は、今のなんとか細胞のなんとか女史の自己流どころか、光学顕微鏡を覗き見えもしないウイルスを寝るのも惜しんで探し続け、発見したと喜んで発表し、後輩から「ただの雑菌でしょう」と正しい指摘をされて怒っていた。
 これについて、当時は電子顕微鏡が無かったからしょうがないと擁護する人もいるが、ウイルスは電子顕微鏡で見えるようになる前に、菌を通さないフィルターで濾過したのに植物の病気が伝染すると実験で解り、だからラテン語で毒のウイルスに濾過性と付けて「濾過性ウイルス」と名付けられ、これが省略されて呼ばれているわけだ。
 こういう発想ができなかった野口英世は、小学校しか出ていなかったから方法論を知らなかったこともあるだろうが、しかしアルキメデスが「ユーレカ!」(わかった)と叫んで風呂から飛び出したとか、ニュートンがリンゴが落ちるのを見てひらめいたとか、湯川秀樹が「寝床で思いついた」と言っていたように、やはり努力より才能ではなかったかと思わせる事実がいっぱいである。

 しかし、スポーツでも「よくあんな小さい球をあんな細い棒に当てられますね」と言われて「そりゃ、こっちはそれが商売ですから」と言う長嶋茂雄ではなく「一生懸命練習するから」と答える王貞治の、畳がすり切れるほど室内で素振りをしたという話が、子供向けの本には野口英世とともに掲載されていたものだ。
 そうやって子供を洗脳しようとしても、現実には、本当に大変な努力をしたけど駄目だったという人は多く、そういう人たちは口を揃えて「成功する人はみな天才だった。そうでない人がいくら努力しても無駄」と断言する。
 だから、努力とは才能がある人が妬まれないようにするための方便だと、昔から言われている通りではないだろうか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-04-19 11:32 x
主宰者様、そういう視点で考えると、維新の元勲たちが被差別部落出身者だとか、周防田布施部落の住人どもが明治天皇とその取り巻きになったという説とか、昭和天皇も婿養子だったという説も、日本政府が国民の同情を買って手下にするためのネトデマという見方も成り立ちますね。

たとえ「被差別部落の生まれ」でも、あの人々は、あの時代の状況では、高学歴進歩派左翼の最前衛だったことも間違いないですから、普通の一般人とは大差があります。教育熱心な両親のもとで誕生していますから、両親の知能指数が上位20%の中に入ります。白痴とかドキュンの両親であればああいう最前衛インテリ左翼は誕生しないですよ。まさに高等教育は赤化の温床ですね。

Commented by ruhiginoue at 2014-04-20 00:05
 その点で橋下は変です。もうひとり話題の清原もそうだと言われてますが、その姓にそう言う人がよくいます。
 
Commented by 次郎くん at 2014-04-20 00:24 x
主宰者様、「日本の陰謀」とか「阿修羅+ポスト米英時代」とかを持ち出して申し訳ないのですが、橋下や清原といった連中はエリート秘密警察官どもが、偽朝鮮人と偽部落民になりすましているのではないでしょうか。「日本の陰謀」に影響を与えた歴史研究家たちはどっか抜けてる人々ですし、「ポスト米英時代」に至っては焼豚でフーリガンで贔屓の引き倒しが目に余るので、所詮は電化製品にたとえると、第一号機にみられる欠陥と改良点だらけの多面性しか見えません。

時に橋下徹の場合は、古代アフリカエジプト文明代とか古代フェノキア海上同盟とかから形式的には続いている、万世一系詐欺の婿養子天国のお家の維持のために選ばれた可能性が高いのでは。(講談社刊・立花隆氏の情報ウォッチングは参考になりました)日本国民ほど遺跡破壊、それも世界の中の日本として国際交流としての証拠価値が高い遺跡とか伝統を破壊して無頓着な民族に家畜化されてしまってるの民族国家も珍しいのではないでしょうか。
Commented by 次郎くん at 2014-04-20 10:42 x
>主催者様・皆様・白田川殿
この次郎めのパソコンも、ピッグブラターとやらにカルーク乗っ取りをされております。軽度でも油断は禁物です。投稿する前に見直しをしてはおります。キーボードの正確な場所の、すぐ隣の箇所を間違って押したというパターンでの誤字投稿です。同音異義語になる場合も多いです。第三書館刊ジョンミネリー著「ザ・殺人術」によれば、「初歩の段階での迫害は対象者の誤差の範囲内を装えば、ほとんどバレない」とありました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-04-18 23:57 | 学術 | Comments(4)