井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

チャイコフスキーの悲愴交響曲

 FM放送で、チャイコフスキーの悲愴交響曲を留守録で聴いた。良い演奏だった。
 この曲で思い出す同級生がいる。小学と中学で一緒だった。高校は別だが、話題になっていたので、その当時の様子を人づてに聞いた。
 彼は、いわゆるいじめられっこだった。神経質だから、からかうとすぐキレてしまい、その様子が可笑しいからと、挑発されてばかりいた。
 また、彼は学校の成績はあまり良くなかった。それで、地元の公立高校で、成績が平均よりやや下くらいの所に入ったが、驚かれもした。そこは入試が難しいわけではないが、ちゃんとした地元公立学校なので、彼よりもっと成績が良い人でも本番でしくじって落ちた人が少なくなかった。だから、よく彼が受かったものだと思われたのだ。
 ただ、彼は普段から成績がふるわないようでいて、ここぞというさいはちゃんとそれなりに点を取ることができた。そして、神経質だし虐めにも遭うが、休日にはサイクリングに出かけ二時間くらいかけて奥多摩まで行き、自然に触れてストレスからしばし解放されてから帰宅していた。
 そして高校では生徒会長を務めた。人望があったわけではなく、意地悪な同級生が困らせてやろうとして推したところ、選挙で当選した。投票した中には、どうせ務まらないだろうと面白半分だった人が少なくなかったようだが、しかし就任すると行事を仕切る等しっかりと任期を務め上げたので、全校生徒と教師たちから感心された。
 そんな彼の心の支えが実はチャイコフスキーの悲愴交響曲だった。悲愴な情感に涙し、躍動的な楽章で奮い立つということだった。自分は彼のうちに行ったことがいなけど、行ったことがある人によると、他にも「白鳥の湖」などがあったそうだ。
 ということで、何か好きなものを持つということは大事だということを、彼に教えられたという同級生は多かった。そこのことを、放送で思い出した。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2014-04-27 16:10 x
 「食べることが唯一の趣味」って人がいますよね。他にも「仕事が趣味」とか「勉強が趣味」とか。世の中広い。
Commented by ruhiginoue at 2014-04-27 21:06
 イランの映画「桜桃の味」では、人生に絶望して自殺しようとしたけど、たまたま食べた桜桃の味に感激して死ぬのをやめたという人の話がでてきます。
Commented by ケーキイーター at 2014-04-29 23:46 x
 私って「趣味」が多すぎるかな。鉄道ファンの出来損ないでもある。
Commented by ruhiginoue at 2014-04-30 22:50
 鉄道ファンといえば前原誠司がそうですね。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-04-23 22:24 | 音楽 | Comments(4)