コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「美味しんぼ」の鼻血と放射線とダイオキシン

 人気漫画『美味しんぼ』で、福島を取材したら身体がだるくなったり鼻血が出たりしたという体験談が描かれたことに「風評被害」になると非難が起きている。
 これについては、確かにそういう事実があるとの証言とともに、ただちに放射線の影響とは言えないというセリフも劇中にあり、専門家の指摘では、直接の影響ではないはずだが、そのような環境に身を置くと心身ともにストレスとなって色々と身体の具合が悪くなると考えられるそうだ。

 だから、こうだと断定はすべきでないのだが、なのに何でも「風評被害」を叫ぶことで否定してしまってはいけないだろう。また、逆に報道から漫画にまで文句を言う福島の農民が悪いと批判する人もいるけど、これは当地に限らない。

 例えば、埼玉県所沢市のダイオキシン問題の時だ。
 産業廃棄物処理場が周辺の農地を汚染していることが問題だったのだが、所沢野菜ボイコットに発展してしまい、これは報道した側も意図しない結果で申し訳ないと言い、裁判に訴えられた判決では報道に違法性はないとされたが、迷惑をかけたと見舞金を払って農家と和解した。
 ただ、もともと地元にも、あやふやにせず農産物の安全性をきちんと調べたうえで出荷しながら、同時に産廃問題も解決するようにすべきと考え、調査用に自作の農産物をサンプルとして提供した農家がいた。
 ところが、他の農家の荒っぽいオッサンが、よけいなことをしたのは誰かと近所で「犯人探し」のようなことをした。そして周囲が萎縮したところでマスコミが悪いと言い出し、ここへ自民党政府や行政はつけこみ、公害問題で政策を批判するマスコミを叩いた。
 こうして、田舎の論理を剥き出す農家と悪政とが共闘という結果になった。だから、「あの界隈は民度が低い」と言われ、「しょせんはダサイタマだ」などと皮肉られたが、埼玉に限らず、こんな農民は全国にいて、それが政治を裾野から支えているのだ。
 この現実を踏まえておく必要がある。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by L at 2014-05-01 23:42 x
 こんばんは。”風評被害”と言う言葉は、”自己責任”と同じで、責任転嫁や責任ある者をごまかしたり摩り替えたりするふざけた言葉ですね。
 私も、御用でない学者たちも言うように一般論としては、このレベルの被曝で鼻血が出ることは殆どなかろうと思います。
とはいえ、これだけ多くの人たちが被曝したのですから、反応のスペクトルは広いでしょう。例えば、紫外線に極端に弱い病気の人たちがいますが、彼らは低線量被曝でも相当危険でしょう。因果はわかりませんが、12年の3月に反原発集会で、郡山に行きましたけど、引率してくださったたんぽぽ舎の方はその晩、何年ぶりかで鼻血が出てギョッとしたそうです。直接比べられませんが、本田勝一もイラク取材の後、急激に体調が悪くなって、被曝を疑っています。
Commented by L at 2014-05-01 23:43 x
 また、こうも言えます。
 住宅を売ったり貸したりするときに、自殺、殺人、孤独死などがあった物件ならば、これを告知しなければなりません。科学的に言って鍵括弧のいらない全くの風評です。外部的にはお化けはいません。今回の件で罵倒する人たちは、こうした告知はしてはいけないし、今の制度の下でも自分はされなくても気持ちは動かず、何の文句はないのですかね?
 アムネリスとか事故直後のアエラを罵倒していた人たちは今回も罵倒しているのかしら?
Commented by ruhiginoue at 2014-05-02 21:38
 たしかに風評被害とは、祟りを信じる人もいるはずだというように、自分ではないと逃げながらの非難ですね。
 あと、交通事故とか医療事故や薬害でも、現実に被害があるのに、直接のものではないと、裁判で逃げるための常套句です。
 本多勝一(田は誤変換だと思いますが)さんもそうですが、体験に基づいていることは、イラクに行った自衛隊員も色々言ってますが、表沙汰になりません。医官によって戦場神経症にされている人もいるはずです
Commented by L at 2014-05-03 00:00 x
 こんばんは。誤変換してしまいました。そうそう、樋口健二さんも、JCO事故取材の後、再生不良貧血になって死にかけ取材を制限せざるを得なくなったと言ってますね。ま、被曝労働ネットワークなのに、細川ー小泉を応援して驚きました。
 イラク派兵といえば、週刊誌の覆面自衛官放談会記事で、勇ましい話をしていた人たちが、”帰ってきても実は下痢が続いていて””なんか流行っているよね”と言いあっていて、「へー、劣化ウランの影響?結構本当なんだ」とびびったことがあります。
 科学の教えるところでは、低線量被曝の影響は、確率的、統計的に現れます。何十年かの間に癌がXXX人増加など、医学統計にその影響が検出できるかもしれません。しかし、被曝で癌がXXX人増えたということは言えても、何百万人の癌患者の誰が被曝によって癌になったかは指定できません。
 それをいいことに、風評だの何だのといって、本来、人が暮らしてはいけない放射能管理区域に政策によって事実上閉じ込めているのは、本当に酷いし、奴隷根性”市民”どもがそれに棹差しているのを見ると暗然とします。
Commented by ruhiginoue at 2014-05-05 12:47
 なんで細川ー小泉を支持してしまうのでしょうか。
 その点、劣化ウラン弾の被害を現地で取材していた志葉玲氏は、イラク戦争を熱烈支持していた小泉元総理がヌケヌケと脱原発を説くのを批判していて、この点では亭主のほうが細君よりしっかりしてると思いました。
Commented by L at 2014-05-06 00:06 x
 何で支持しちゃうのかは全くわからないですね。「原発は、東電・政府だけの問題ではない。財閥の問題、資本主義の問題だ。」と毎回批判する方ですからねえ。斉藤美奈子さんは、老人たちは負け続けることに飽き飽きしたので少しでも勝ち目があると思った方に乗ったのだと説明しますが、ピンと来ません。想田和弘さんの「それなら、一応脱原発といった舛添を応援すればいい」という反論でおしまいです。細川夫人が12月の下旬に瀬戸内寂聴へ選挙応援を要請していたというので、細川ー小泉は、脱原発運動の主だった人たちへの相当根回し・切り崩しをしていたのだろうと思っています。狡猾で偉い人に、直々に頭でも下げられてお土産や美味しいものでも貰うと老人たちも舞い上がるのではないですかね。で、ある程度、数が纏まれば塵や埃が集まって星になるように付和雷同していってあの集団になったのだろうと今のところ、思います。
Commented by L at 2014-05-06 00:06 x
先日、水島朝穂講演会の交流会に行ったら、その話題が出たのですが、質問が悪かったこともあって彼は内容的なことは語らなかったです。当事者は無理でしょうが、この辺りについてわかりそうな方を見つけて聞いてみたいです。
 志葉玲さんは偉いですよね。先日はファルージャ10周年の集会を開いて、イラク戦争は、現地でも日本でも終わっていないと言うことをごく具体的に教えてくれました。7時間以上やったので、体に染みました。奥さんについて、彼は、彼女の映画の中で”ファム・フェタール”と評してましたね。”運命”なのか”致命的”なのかはわかりませんが(笑)
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-04-29 22:24 | 社会 | Comments(7)