コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自民党のせいで日の丸をあげなくなった家

 祝日を「旗日」ということがあるけど、自分の家では日の丸をあげていたことが小さい頃にあった。しかし、嫌になってしまったと親たちが言い出して、やめてしまった。
 どうしてかというと、自ら進んでやるのはいいが、他人からよけいな口出しされるとむしろ気が進まなくなるものだか、まさにそれだった。
 もともといわゆるノンポリのB層という両親だったから、はっきりした信念はもっていないし、推奨する人がいて、それが少々押し付けがましくても気にしなければ良いのだが、しかし自民党の議員が言っていたのに接して、その嫌らしさに不愉快になり、どうしても耐えられなくなってしまったのだそうだ。
 たしかに、他のことならともかく、自民党に言われたら当然だろう。これは、国粋主義者とか国家主義者とか民族主義者とか右翼とかいわれる人でも、納得させられる人が多いだろうし、だから自民党は反省して嫌らしい態度を改め、また政治の腐敗も無くすように努力することで、国民が自発的に日本を良く思えるようにするべきなのだが、そんな誠実な態度をとるのでは、もはや自民党ではなくなってしまう。
 つまり、自民党が無くなれば日本は良くなるし、そのためには日本人がもっと誠実さを重視するようになればいいのだ。これが難しいのだけれど。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2014-05-03 23:19 | 社会 | Comments(0)