コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自民党よりタチが悪い護憲派

 憲法9条をノーベル平和賞に推薦したら受理されたとのことだが、候補になれるのは人なので、平和憲法を守った日本国民のことらしい。では平和憲法を否定する日本人は「反日」と認定しておこうか。

 それはともかく、前に宮崎駿が、平和憲法は一定の貢献を日本と世界にしたと評価しながら、そこに嘘臭さがあるのは政治や経済などよりむしろ身近な問題だと指摘していた。そのわかりやすい例として、平和憲法を守れと言いながら、家では妻子に対して暴力亭主がいる、という話をしていた。
 そう言われてみれば、学校の教師にも、自衛隊は憲法違反と説きながら、そう言う自分は法で禁止されている体罰を平気でやっていたりする者がいる。

 今、あちこちの大学が学生運動を取り締まっていて、学問の府としての自殺行為に近い状態になっている所もある。これは大問題であるが、ただ、こうなってしまった原因の一つとして、かつて学生運動に熱心だった世代の老人たちの下品で非常識なふるまいのために、学生運動の印象が悪くなっていることがある。
 ひどい例になると、学生運動が盛んな当時に大学生だった老人たちは、学生寮を襲って生意気な下級生を角材や鉄パイプなどの棒で執拗に殴打して入院させてやったとか、教室に乱入して教授を脅して授業を妨害してやったとか、そういう自慢話を得意になって語っている。
 こんなとんでもない話を聞かされてきた後の世代は、学生運動なんて駄目だと言い出して当然だろう。そして、ここまで酷くはなくても、ちょうど同世代の人たちの中に、人権とか平和とか言いながら、妻子とか児童生徒らに対して権力者として振る舞い、暴力の恐怖による支配を、指導とか躾けなどと嘯いてきた者がいたのだった。

 このような「護憲派」「人権派」「平和主義者」たちは、自民党の改憲派よりタチが悪い。自民党の連中は、ただ自分の頭で理解できないことを否定しているだけの情けない人たちであるが、それとは違い、自分が最も理解していると錯覚したうえで、最もわかっていない行動をしているのだから、始末が悪い。
 そんな連中は、待っていればもうじきみんな死ぬから大丈夫だという人たちもいるけれど、今の時点で若い人たちが気の毒である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 次郎くん at 2014-05-05 12:26 x
こういう「自称護憲派」連中こそが、日本秘密警察が送り込んだスパイかつ
反米活動家反欧州活動家反国連活動家で、お上意識をもって、ロシア中共北朝鮮(韓国とイギリスとキューバにも)盲従することを最善とする連中ですから、本当にタチが悪いです。
都合が悪くなるとかねてから打ち合わせをしていた手筈通りに悪徳精神病院に逃げ込みます。
東京六大学と京大阪大出身のマジメで地道に活動するインテリ生活保守な人々をバカにしまくる底辺大学(Fランク大学)出身者が多いです。敗戦後は立命館と京都産業大学の出身のダメダメ教師連中が発祥の地で、そいつらの親が金持ちの家が多いのが特徴です。
知性以前の低いレヴェルの分際で、知性を超越してると思い込む脳筋ぶりが救い様がないです。
これでは自民党の、岸信介・佐藤栄作・田中角栄・三木武夫・野中広務・河野洋平・森喜朗・小沢一郎・加藤紘一・谷垣禎一・安倍晋三・などの「個性を重んじる共産主義者たち」のていのよい引き立て役に徹する存在どもであります。
だってあいつらは「個性を重んじない共産主義者ども」ですから、自民党がマトモに見える働きをしています。
まさに自民党お助け隊です。
Commented by ruhiginoue at 2014-05-05 12:43
 大学では、法政や同志社に目立ちますが。
 
Commented by ケーキイーター at 2014-05-05 19:15 x
 私は単に「ネタ切れなのかなあ」て思った。
Commented by 87kappa at 2014-05-05 19:46 x
ruhiginoueさんが,70年頃の過激派学生のことに関心をもってブログ等に取り上げてくれるので,87kappaも当時のことを色々思い出しています。一時期全共闘と名乗っていた過激派学生たちの言葉が今のヘイトスピーチに共通するようなものだったのは事実ですが,そのままイコールと言うわけでもなかったような気がします。
現代のヘイトスピーチの中身が政権与党の一番たちの悪い人々の本音とほぼ同じなのに対して,70年の過激派は当時の支配政権を暴力的に打倒することを呼号していました。
現代の「ヘイトスピーチ」さんたちの運動がまったく日本国内限定版であるのに対して,70年の「過激派」さんはフランスの5月革命の学生や,アメリカのベトナム反戦運動に連帯するんだと称していてそれなりに国際的な広がりを持っていました。また,ヘイトスピーチの語彙が貧困なのに対して,「過激派」たちはなかなか豊かな表現力を持っていました。
「過激派」たちは後の時代にも大きな影響を与えたのは,ほぼruhiginoueさんの指摘のとおりです。(「ヘイトスピーチ」が後にどのようなものを残すかは分かりませんが,この社会とともに行き詰まっていきそうな気がします)・・・つづく
Commented by 87kappa at 2014-05-05 19:55 x
「過激派」が大学を席巻していた頃,日本の主要都市の多くは社会党と共産党の連合によるいわゆる革新自治体が占め,大学学生自治会でも,日本共産党の影響を受けた学生が執行部を握っていました。「過激派」学生は,共産主義を信奉し暴力革命を目指していましたが,彼らから一番激しい攻撃を受けたのは学生自治会の民青系の学生でした。以前(3.1ブログへのコメント)にも書いたとおり,当時マスコミが全共闘に好意的(行動は過激だが心情的には共感・・・・)であったこともあり,学生の中での日本共産党への反感が強まると同時に,その影響力は急速に弱まっていきました。
「過激派」学生は右派の社会党と不思議な親和性があり,全共闘運動が終息すると,当時最大の組織であった総評傘下の全電通(NTTの前身)の書記局等にすんなりと就職していった者もいました。彼らがその後どうしているかは知りません。しかし私は革新自治体が70年代末にはほとんど消滅し,90年代には社会党が消滅し,共産党が後退していったのは,ソ連の崩壊等世界史的な流れとともに,70年の過激派たちの貢献もかなり大きかったと思えてなりません。
・・・長くなりましたので続きはまた何時か。
Commented by ケーキイーター at 2014-05-05 20:39 x
 もし受賞しちゃったら。安倍さんは何て言うかな。
Commented by ruhiginoue at 2014-05-05 22:46
 もし受賞したら、安倍総理は自分の功績とか言い出すのではないかな。彼の親戚の佐藤総理も、非核三原則なんてナンセンスと言っていたのに、それが評価されてノーベル平和賞ということになったら、自分が中心になって推進したと言う図々しさですから。

 社会党と全電通といえば山岸章ですが、彼の労働運動を放置して政界再編か連合と言い出したのは「政治道楽」と佐高信に批判され、テレビで「誰かが私のしていることを政治道楽と言った」と怒っていました。
 それを後から「細川総理の連列政権は小沢一郎に毒饅頭を食わされた」と後悔していたけど、今では佐高信が小沢一郎といっしょになって細川もと総理を応援していますね。
Commented by 次郎くん at 2014-05-07 15:48 x
確かに当時の過激派の活動屋の弟子に相当する日田こまちさんとそのお仲間連中の愚かさは、高知能障害高機能障害の残念な人であるところが、現在の低知能な「自称ネトウヨ」どもとは大差がありますね。お上意識は強くても、反知性主義とは少しだけ違いますから。
当時の過激派をフランス北部やイタリア北部のマフィア構成員にたとられるならば、「自称ネトウヨ」のオツムの足りなさは文革の紅衛兵にたとえられるほどの差があるとでもいいましょうか。

EUブーム、ユーロコム二ズムブームに乗れなかったことが「日本共産党」の衰退の原因ではないでしょうか。日本一上意下達のダメ組織で2000年からは選挙に負けてばかり縦割り組織を自慢する、あきらかに日本秘密警察の別働隊と少し推理能力があると分かる組織を好きで投票する人なんていませんよ。徴兵制度はイヤだから悪徳警官の所業にある程度までは目を瞑るのと同じ構造で「日本共産党」に投票してる人は仕方なく投票しています。

Commented by ruhiginoue at 2014-05-07 23:15
 ネトウヨの単純バカな様子は、たしかに紅衛兵とよく似てますね。
 左翼は内ゲバばかりして自滅しましたが、これを防いだ共産党は、その弊害で上意下達ばかりとなり、味気ない集団になってしまったことは否めないでしょう。
 
Commented by 白田川 一 at 2014-05-09 11:18 x
>左翼は内ゲバばかりして自滅しましたが、これを防いだ共産党は、その弊害で上意下達ばかりとなり、味気ない集団になってしまったことは否めないでしょう。

  それ言えてますね。
六全協の少し手前に(日共にて)お家騒動があり、それを鎮めて結束力を揺ぎ無いものにすべく宮本顕治が立ち上がって党をまとめるべく今のような民主集中制を敷いたけど、これって、組織色を変に強めるだけでしかない上意下達制度だったりするんですよね。

  団塊世代の中で【全共闘左翼】が沢山繁殖してしまいましたが、こいつらは官界・報道界、更には自民と言う政党にまで入り込んで【内部支配】を図っていったんですよね。こいつらの所為で、女子だけを甘やかして男性を棄民扱いにする悪しき風潮が生まれてしまった…。
Commented by 白田川 一 at 2014-05-09 11:23 x
  書き忘れたことがあります。
上意下達というものによって御上意識が蔓延することになるし、この傾向は元々宗教の世界にてよく見られる。今の日共は、基督教信者が党員としてそこそこの割合で入り込んでいるために、奴らによる【内部支配】が跋扈して、教条主義を振りかざしたりしているものと見るべきかもしれません。
Commented by ruhiginoue at 2014-05-09 17:08
 キリスト教が入ったので共産主義が変になった、という最たるのはスターリンでした。
 首相になった時も、彼の家族は、いずれ政治家を辞めて聖職者になると思っていたそうで、そんな彼は異端諮問などキリスト教会のやり方を持ち込みました。
Commented by 白田川 一 at 2014-05-09 20:01 x
オーナー様

  そんな例があるのですか…。
そうなると、官僚機構の暴走の背景にも、基督教による悪影響があるとみるべきかもしれませんね。いや、基督教だけではない、儒教とかいった、変に自主性と情緒をむしばんで味気のない管理主義へと向かわせる要素というものが宗教にあるようであり、宗教というもの自体が「女・公務員を不良化させる【麻薬】」と言えるでしょうね。
Commented by 次郎くん at 2014-05-10 23:02 x
>宗教の定義を「自らの神性を理解する行為」と定義すれば、いかにこの世に宗教を名乗った政治屋連中どもが跋扈しているかが、ミエミエで解るんですけど。

現在ネットやユーチューブで「日本ヴェーダーンタ協会」も「ヨーガスクール」カイラスも無料公開してる部分が多いので。お暇でなくてもどうぞ。食わず嫌いで判断したまま、投稿をし続けるのは良くないですよ。科学と理性と知性の検証を経て合格できるものだけが宗教です。

この次郎は最初インドに関しては三一新書という一方の側からの言い分しか聞かず、ケンウィルバーくんとかトランスパーソナル精神医学会の言い分は全くシカトして活動してきた過去がありますから、それでかなりの大損をした過去があるのですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-05-04 21:54 | 司法 | Comments(14)