コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

国民投票改正案の不可解

 憲法改正手続きを定めた国民投票法が、投票年齢を「20歳以上」から改正法施行4年後に「18歳以上」へ引き下げるように変えられそうだ。
 改正案を共同提出した自民、公明、民主、日本維新の会、みんな、結い、生活の各党は賛成し、共産、社民の両党は反対したとのこと。
 これは、将来のことを決めるのだから若い人に投票させるためなのか、言いくるめやすいから投票させたいだけなのか、それとも、いずれ選挙権や被選挙権も18歳にして、将来は昔から主張があるとおり18歳を成人にという意図なのだろうか。

 アメリカの、マーチン シーンが大統領のドラマで、どうして子供が選挙で投票できないのかと、官邸に見学に来た中学生が問う場面があった。子供を働かせることには問題があるので、立候補できないのはまだわかるけど、投票するだけなら良いのではないか。だから被選挙権はともかく選挙権だけなら子供にもあるべきだ。
 これに大統領の補佐官の一人が、子供は判断力が無いと答えるけど、では大人にも判断力のない人が大勢いるではないかと中学生に指摘され、返答に困ってしまう。

 そうしてみると、国民投票を何歳からにしても、いい歳した人たちに、判断力があるとは思えない人がたくさんいる、という問題がある。
 その筆頭は安倍総理で、憲法改正を国民投票にかけるにしても、そもそも安倍総理は、どんな憲法が良いのか以前に、憲法とは何かを全く理解していない。しょせんはオボッチャマ私立学校の成蹊を付属からずっとで、就職したが駄目でニート生活していたこともある人というわけだが、しかし東大を出て大蔵省に入ったと自慢している片山さつき議員も、実にお粗末であることは、前に「片山さつきセンセイのお笑い天賦人権論」で述べたとおり。
 
 つまり、問題は投票する人の年齢ではない、ということだ。
 
 
   

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by keitan020211 at 2014-05-09 17:34
All human beings are born free and equal in dignity and rights.
 これは"and"の前と後を一組にて解釈するか別となる、"and"を以て前後が切れると解釈するかの問題であり、その構文は前後が切れて別となります。即ち are born free であり are equal であるとのように二つが単に並んでいるだけの用法です。よってその訳は 『全ての人類は 自由に生まれ また 平等である』 となり、 『全ての人類は自由に かつ 平等に生まれた』 ではありません。後者ならば All human beings are born free and (are born) equally となります。
 即ち天賦人権論は貴方も語っておられるように『人類は平等に生まれた』=『人間は生まれながらにして平等である』と言っているのではないのです。
 でもそう言っているのだと教えられ信じ込んでいる人々には「天賦人権論は誤りだ」と言うことに何等かの意義はあるのかも知れないとは思います。私は誤りであるとは言いませんが取り敢えずは天賦人権論を信じているとは言わないことにしています。
Commented by keitan020211 at 2014-05-09 17:34
 とはいえ、高級官僚で外国語使いの舛添要一氏と付き合ってもいた片山氏がその英文を読んだことがないか解釈することができないとは聊か問題であろうと思います。日本の学問は恐ろしいです。
Commented by 白田川 一 at 2014-05-10 06:25 x
  日共・社民と言うのも、昔では十八歳選挙権に肯定的だった癖して、改憲となっしまうのではと変に危機感を抱くと自分らの都合がいい様に反対の姿勢に回ったりして、どこかさもしいものがある。これだから左翼系政党は…。

  一旦は盛り返したとみられる日共も、これでまた若年層から見限られることになるな。


  そもそも、満年齢18歳と言うのも、江戸時代では成人の扱いとなっていたし、現代が西洋化政策に比重を置きすぎて若年層の幼稚化を促進させてしまっているようなものに等しいものがある。
Commented by ケーキイーター at 2014-05-10 07:13 x
 安倍さん達としては、飴を与えたつもりなんじゃないかな。「飴で釣ってやる」じゃないかな。苦そうな飴みたいね。
Commented by ruhiginoue at 2014-05-10 21:50
 まあ、学校で真面目にやつて成績が良い人ほど、間違ったことを教えられて鵜呑みにしますから、東大出はその最たるものでしょう。
 舛添と片山(当時は再婚する前の別の姓)の二人が結婚したとき、披露宴で教授か誰かが祝辞で「知的水準の高い夫婦」と言ったそうなので、笑えました。

 江戸時代には15歳で成人と扱われ、寿命も今の半分くらいで、成長も死去も早かったと言われます。
 
 大人扱いして、税金をもっと出せとかいうつもりではないかと言われてもいまますね。
Commented by ケーキイーター at 2014-05-12 21:49 x
 片山さんちのさつきちゃんは五月生まれだから名前も「さつき」なのは解るけど。もし漢字で書いたら「殺気」なのかなあ。なーんて思い立って、自分で「ぎゃー」と悲鳴を上げそうなケーキイーターであった。妄想力は東大卒以上かな。
Commented by ruhiginoue at 2014-05-12 22:16
 イスラエルの映画で世界的にヒットした「グローイングアップ」というコメディに出る巨漢はサッキ・ノーイと言いますね。男の名前です。
 殺気は、私のツィターは彼女にフォローされていますので、恐い視線を感じます。
 
by ruhiginoue | 2014-05-09 16:55 | 政治 | Comments(7)