コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

鼻血が出ても言えない人がいるはず

 マンガで鼻血が大いに話題になったのは、70年に大ヒットした谷岡ヤスジのギャグマンガの「鼻血ブー」で、後に作者はテレビで、大ヒットのため大忙しだったと回想していたものだが、久しぶりにマンガの鼻血が話題となっている。
 もちろん『美味しんぼ』のことで、こちらは笑い事ではない。物議のお陰でよく売れているらしいが、もともと大人気マンガで、イチロー選手もアメリカに単行本を持って行ったそうだ。そんな作品なので、影響力を気にしている人たちもいるのだろう。

 ここで問題なのは、鼻血だけでなく他の症状でも、また、福島だけでなく汚染があった他の土地でも、はっきりしないが、これまでとは違うので不安だという人がいることだ。気にし過ぎのこともあるだろうが、一方では、気のせいとは思えないことが具体的にあるとの指摘がある。
 これについて、作者は慎重に話を進めている。それなのに、権力と大衆ヒステリーの両方から攻撃されるのでは、メディアだけでなく地元の人も口をつぐむ。なにかあっても言えなくなる。これがマンガへの賛否とは別に問題になっている。
 
 これは、他の公害問題でも既にあったことだ。埼玉県所沢市のダイオキシン問題もそうだし、汚染以外でも、例えば地元で唯一の大病院だから住民たちが依存していると、そこで間違いがあって患者が被害に遭っても、黙らされてしまうことがある。
 あの、所沢市にある防衛医大は、大学病院で最低と評されもするが、それでも地元で唯一の大病院だったから、声を挙げられなくなるような圧力がある。
 しかも、過去には医療裁判の最中に警察が介入し、原告の政治的思想的背景は何かと詰問したり、自衛隊に難癖つけるのが目的だろうと威圧的に言い、テーブルを叩いて「このアカやろう」と怒鳴ったりしたことがある。
 
 こういうことが現実にあるのだから、おそらく福島では、鼻血でも他の症状でも、正直に言えない人たちがいるはずだと考えられる。
 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 阪神 at 2014-05-14 20:25 x
こんにちは。
半年前に母が防衛医大に緊急入院しました。
症状の説明は丁寧で良かったのですが、動けないと訴える母なのに、退院させられました。
とても困りました。
今は要支援認定を受けていますが、介護状態です。
一人暮らしの老人が防衛医大に入院したとしたらどうすればいいのでしょうね。
自分で全てをしなければならない、おひとり様時代なのだから、入院したらどうするかを考えないといけない時代です。
シングル向けの「もしもあなたが入院したら」と題したムック本があれば、そこそこ売れそうです。

日本が戦争をするようになったら、一般の患者なんて強制退院させられるのでしょうね。
あんな病院、無くなって欲しい。
Commented by ruhiginoue at 2014-05-15 22:12
 防衛医大病院は、患者を治すのではなく、患者を利用して自分らのやりたいことをするから、それをやり終えれば、用済みということで、良くなっているかどうかとは無関係に、放り出すようにしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-05-14 18:50 | 社会 | Comments(2)