井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

飲み物の営業

 今日は、自宅に牛乳配達の営業が来た。前に一年ほど購入していたが、いろいろあって中止していた業者だった。それが担当者の交代でまた勧誘に来たということだった。
 前にやめたのは、健康飲料に発がん性の着色料が入っているなどしたからだった。例えばよくみかけるカラメル色素という表示は、お菓子のような印象だけど、本当にそういう色素を使っていたら高くつくので、だいたいはタールである。
 これを話すと、その新入りさんは知らなかったと言っていたけれど、では他の何かをと一生懸命であった。それを断るのは気の毒だが、他の商品にも難があった。
 
 今のように暑い季節の営業は大変で、かつて猛暑の中を背広で何時間も歩き回る営業をした経験があるから、よくわかる。その販売店の人は配達人と同じ作業着ではあったが、それでも熱中症にならないかと心配してしまう。
 
 特に、飲み物の場合、夏場は書き入れ時だから、セールスも熱心である。酒屋を回る酒造業者の様子をたまたま見たことがあるけど、もちろん夏場は主にビールを売るためだ。
 しかし、ビールもアルコール類だからほんらい寒い時に飲むものである。最近、ロシアでは外国との合弁事業のために法律を改訂し、諸外国の基準に合わせてビールも酒であると規定したそうだが、これは例外だろう。ロシアではアルコールがたった5%前後の飲み物など酒のうちに入らないということだったらしいが、他とは寒さが違い、ウオッカを飲み付けているから。

 そしてビールの本場はドイツだが、ドイツ人は日本人のビールの飲み方に呆れることが多いそうだ。もともと冷やさないと飲めないというものではないし、暑いから飲むというのは変だ。

 それは日本人でも感じている者がいて、自分でもそれを実感する。アルコールで身体が暑くなりやすい体質のためでもあるが、しかし、夏はビールと言う人に話すと、だいたい「でもノドゴシが」と宣伝文句の口移しである。
 このように洗脳されている人が多いのは困ったもので、場合によっては危険でもあるのだが、もうひとつ、日本の大手の商品は不味い。美味しいのは輸入品か地ビール。これはほんとうに酒好きな人はみんな言う。
 
 しかし、飲めれば良くて味わいなどどうでもいい人も少なくなくて、不味いどころか偽ビールを喜んで飲んでいる人もいる。これもカラメル色素で着色している。そんなものを飲んでいる人たちがいるから、なおさら夏場の営業もしなくてはならなくなるのだろう。とても愚かしく感じる。
  
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by L at 2014-06-04 00:18 x
 こんばんは。嗜好品と慣習と言えば,なだいなださんも同じことを仰っていましたね。
 曰く、”嗜好品についてはその土地の監修、しきたりがあり、それが守られていれば依存性に陥ることはない。麻薬の原産地には、麻薬中毒はほとんどいない。日本酒なら、夜にお猪口でさしつさされつでチビリチビリと飲む。これなら、量が飲めない。でも、これでは、売る側はつまらない。そこで、冷でコップで飲ませようとする。輸入酒には、その文化がセットされていない。そうしたものは現地にはない無茶な飲み方が推奨される。こうして、アルコール中毒が増やされてきた。”
 小生は味はわかりませんが、流石にビールは欧州タイプの地ビールを愛飲しています。本多勝一が蘊蓄を語っていましたが、確かにアサヒやキリン、サッポロの普通のビールはつまらない味でアレを、爽やかだのキレだのノドごしだのとは全く思えません。アレを飲んでいれば、発泡酒でも大差なく感じるでしょう。
 とはいえ、銀河高原辺りはそれほどではありませんが、400円~700円とか、概して高いのが、やむを得ないとはいえ、厳しいところです。先日、日比谷公園で、ドイツビールのイベントがありましたが、手が出ませんでした。
Commented by 次郎くん at 2014-06-04 07:27 x
いわれてみれば、アメリカ先住民族のあいだでも、ニコチン中毒患者はいませんね。それと日田こまちさん=豊後各駅停車さんや全国『精神病』者グループの人々の間の暗黙かつ当然の了解事項として、アル中やニコ中にココロが支配されているときは、マトモだと思って相手してはいけない、殴ってでも緊急避難として許されるから治療部屋に早く入れろ、とありましたです。最近の日田こまちさんの劣化ぶりをみるにつけ、周囲の連中がニコチン中毒なる放縦に陥らせて骨までしゅぶろうとしているのに、それを本人が自由な環境を保障されているのを余計なことスンナと何度も逆切れされたことありましたが、家畜の安寧なるカンネンロンに陥っているときにはマトモに相手していけないと反省の弁を述べるしかございません。
Commented by keitan020211 at 2014-06-04 13:41
 ノミ物の営業と言うのもあります。

⇒http://keitan0202.exblog.jp/19866171/
Commented by ruhiginoue at 2014-06-04 23:35
 本多勝一さんは著書にビールのことを書いていますが、大好きなようですね。
 銀河高原は震災のあと見かけなくなったけど、復活したようです。
 日比谷公園では、よく裁判所に行った帰りに寄りました。一杯600円くらいしますが、日本のものとは比較にならないので、あまり高いという感じがしません。
 
 依存症は困りますが、そのときのほうが正常の人もいますね。

 ノミ違いもご愛嬌です。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-06-03 23:38 | 経済 | Comments(4)