コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

人の死にまつわる悲しい話に大笑いする左翼

 かつて、とても残念なことがあり、それは、親しくさせていただいてきた方が亡くなってしまったのだが、ご家族から丁寧な連絡があり、葬儀などの日程も教えてくれたのだけど、仕事の関係から自衛官とその家族も来るので、あまり歓迎されないと考えて遠慮させていただいた。
 それとこれとは別だと言ってもらい、ありがたかったのだけど、また、自衛隊の施設が原因と国も認めて賠償金を払ったとはいえ、そうした分別が無い人もいないとは限らない。だから誤解されることもありうる。
 ところが、これについて、国賠訴訟は裁判それ自体以外にも気苦労が多いという流れで話し、とても悲しかったと述べたら、「どうせ性格が嫌われているんだから同じだぜ、ギャハハハハ」と笑った人がいた。それも喉チンコが丸見えになるほどの大口を開けて。
 それは、もちろんこの人のことだが、「参照」もともと嫌われていたなら丁寧な連絡など最初から来ないし、笑い事ですまないことくらいバカでも解るはずだと思ったら大間違いだった。
 この人は学生運動に入れ込んでいて、赤軍派だったし、そのため爆弾事件で疑われ逮捕歴もあるし、その後も政治的には極左を貫いているし、朝鮮民主主義人民共和国に熱烈な政治的共感をもって日本政府と日本社会の風潮を批判してもいるが、しかし、普通の分別がつかないのだから、そんなのを極左とか過激派とかいうのか疑問である。
 このところ、保守とか右派を名乗って非常識な言動をする人たちに対して、保守はもちろん右派といわれる人たちでさえ顔をしかめているが、これはむしろ革新的とか進歩的とか左派と言われる人たちのほうが深刻ではないかと考える今日この頃である。 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 猫背 at 2014-06-27 00:00 x
左翼って言葉を軽々しく使って欲しくない。右翼も同じ。全く違うものを一緒にすることは実に愚かしいと思う
Commented by ruhiginoue at 2014-06-27 21:03
 左翼とか右翼の広いカテゴリーに入ることは確実な人が、それに相応しくない言動をしている部分こそむしろ必要です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-06-16 23:11 | 社会 | Comments(2)