井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

東京弁護士会による「真昼の暗黒」

 日本は冤罪超大国だが、これは警察や検察と裁判所だけでなく、弁護士会と日弁連までが積極的に捏造によって冤罪を作っているからだ。冤罪事件に取り組まないどころか自ら冤罪を作っている。
 
 数多い日本の冤罪事件の中でも特に有名な一つが「八海事件」だ。これは「真昼の暗黒」という映画になっている。最高裁からの圧力をはねのけて製作され、公開されると大評判となった。
 この事件は、警察が偽証を強要し、これを唯一の証拠として有罪判決となってしまったものだ。物的証拠がないうえ自白調書の内容が全体的に不自然で、中には物理的に絶対ありえない記述まであった。また、この自白があったさい警官に拷問されたことも当事者から生々しく語られていた。

 これで死刑では「司法による殺人だ」と、この映画などが主張していたところへ、「仮に無実でも、悪いのは偽証だ」と書いて権力の不正を擁護したのが、評論家の山本七平だった。そもそも、偽証を強要した警察と、それが偽証だと指摘されても採用した裁判所が、その責任を問われている。この問題を無視した虚偽の中傷を、山本はしていた。
 この山本は、ことごとくこの調子だったが、その死後に創設された「山本七平賞」を受けて売り出されたのが、あの竹田恒泰だから、実に相応しい受賞者だろう。
 
 さて、こうした東京弁護士会の捏造による冤罪が裁判になったところ、出て来たのが松井英隆という悪徳裁判官だった。この東京地裁の松井の悪辣ぶりは、インターネットで検索すると色々と出て来る。原発関係でも何でも、とにかく証拠を出させずに打ち切り、早口で聴き取れないように判決日を言って退出してしまう。そして証拠を出させないでおいて、当事者が証拠を出さないといって誹謗する荒唐無稽な判決をする。
 まったく、権力の犬であるうえ、その如何様ぶりが無茶苦茶すぎると批判され続けている。
 
 こんな悪徳判事の悪辣手法によって、自らが捏造した冤罪を擁護してもらった受益者の一つが東京弁護士会である。
 この、日本最多会員数の弁護士会がこれでは、日本が冤罪の超大国であることも当然である。東京弁護士会は解散させなければならない。破壊活動防止法を適用するべきかもしれない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by モリ at 2014-07-01 10:07 x
日本ではドラマや映画によって、弁護士や刑事、果ては検事さんまで、いい人達だと思っている人がいっぱいいますからね。しょっちゅうやっている、「---警察24時間!」なんていうインチキドキュメンタリーなんか見てると反吐が出ますね。
Commented by ruhiginoue at 2014-07-01 13:06
 美容外科堕落の中心的な七光りの医師を「形成外科の金正日」と本に書いたところネットで受けて2ちゃんでもネタにされてましたが、受け狙いではなく、ほんとうに七光りなだけでなく嫌なやつでした。

 警察など権力の側にいるとメデイアで美化されるプロバガンダは当然ですが、在野の弁護士も権力や金持ちの味方するほうが得です。
 いちおうドラマでは、庶民の味方する弁護士の事務所は狭くて書類に埋もれたような部屋で、企業などの御用達は広く整然とした事務所と描かれはしますが、弁護士会の中で幅を利かせているのは金持ちのほうです。
 宇都宮氏のような弱者の味方の弁護士が会長になったり、自由法曹団など左派の運動団体がいたり、それがどんなに運動として頑張ったところで、官僚や企業に付いていれば資金があり裁判でも有利だら、力関係は明らかです。
Commented by 次郎くん at 2014-07-03 12:09 x
松井英隆裁判官の場合も、穿った見方をすれば、ワレワレの知らないトコロで追い詰められていて、それでニッポンの権力暴力装置に身辺を護衛してもらうしか仕方のないほどの状態になっているのかも知れません。

松井秀隆先生を追い詰めている側の連中の正体とは、太平洋戦争中の、旧日本軍に国際法違反の虐殺をされたアメリカ軍人さんの遺族の皆様たちで、犯罪を犯して逃げ延びた旧日本軍戦犯の有能な卑属または有能な後継者との、正しい格付けをされてそれで命を狙われている可能性があります。

極東軍事裁判(東京裁判)では、旧日本軍の高級幹部かつ大量殺人鬼に対してかなりのお目こぼしが、被害者がアメリカ軍人さんでも成された様子です。理由は、スターリン+蒋介石+毛沢東+金日成の反米親スターリン崇拝同盟結成に対してできるだけ早く対抗できる組織づくりが最優先になってしまったからです。その免罪処分にしてもらって罪を逃れた連中の卑属または後釜連中が、最近恩を仇で返す事態が勃発しており、その一味の大物の一人が松井先生であるとの正しい分析結果が出たことを熟知したからではないでしょうか?
Commented by ruhiginoue at 2014-07-03 18:28
 穿った見方は間違いです。
 松井英隆という裁判官は「ヒラメ」ではもったいないほど醜い無能さで、だから処世術として仕事でインチキをするのです。
 その見た人から、頭と性格の悪さが滲み出ていて、しかし、しょぼくれた風貌です。この様子を、いつも話題にされています。ネットではイラストでからかっている人もいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2014-06-30 20:31 | 司法 | Comments(4)